責任能力って何ですか?責任能力がないとなぜ無罪になるんですか?

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 登録:2006/04/21 21:18:54
  • 終了:2006/04/28 21:20:36

回答(15件)

id:sami624 No.1

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/04/21 21:23:44

ポイント16pt

http://www1.plala.or.jp/kunibou/houritu/k011.html

二 責任能力

 (1) 定義

  ①心神喪失→精神の障害により事物の理非善悪を弁識する能力がないか、またはこの弁識に従って行動する能力のない状態

  ②心神耗弱→右能力が著しく減退した状態

 (2) 判断基準

生物学的方法(行為者の精神状態の生物学的異常性を根拠とするもの)及び心理学的方法(その異常状態に基づいて、行為者が、行為時に自由な意思決定をすることができなかったことを根拠とするもの)の「混合的方法」により判断する。

→こちらの解説が分かりやすいのではないでしょうか。

id:kamiochiai

すみません。

専門家じゃないので難しすぎます。

2006/04/21 21:32:40
id:ToMmY No.2

ToMmY回答回数656ベストアンサー獲得回数192006/04/21 21:27:45

ポイント16pt

いつもへんな行動をしている人が、へんなことをしてもべつにまたか程度の受け流し方を皆さんすると思います。

簡単に言えばそれと同じなんです。

まともに生活する能力がなければ、罪にとえないということですね。

(はてなにより削除しました)

id:kamiochiai

いつも変な人が人殺しをしてしまった場合、

服役させても意味がない、というのは

なんとなく理解できるんです。

責任能力がない人⇒人間じゃない=動物ってことなんでしょうか

2006/04/21 21:35:52
id:double_ka No.3

double_ka回答回数206ベストアンサー獲得回数12006/04/21 21:32:48

ポイント16pt

責任能力っていうのはですね~

自らの行った行為について責任を負うことのできる能力のことで

刑法においては、事物の是非・善悪を弁別し、かつそれに従って行動する能力の事をいいます。

責任能力のない者に対してはその行為を非難することに意味がなく、刑罰を科す意味に欠けるとされているんです。

id:kamiochiai

刑罰の意味がないのは分かりました。

危険な人は世間から保護するっていうのが最近できたっぽいですが、関連あるんでしょうね。

2006/04/21 21:37:44
id:double_ka No.4

double_ka回答回数206ベストアンサー獲得回数12006/04/21 21:35:25

ポイント16pt

ちなみに民法における責任能力とは、すなわち不法行為に関する責任を負う能力であり、その行為の責任を弁識するに足るべき知能を備えていることが要求される(民法712条)。責任能力を持たないものに対しては不法行為責任が認められず、損害賠償を請求することができない。

ちなみに

12歳以下の人がお金を借りても責任能力がないので返さなくていいって事を聞いたことがあります。本当なのか分かりませんがw

id:kamiochiai

自分の身を(はてなにより削除しました)守らなくてはいけないんですね。

2006/04/21 21:41:11
id:aoun No.5

aoun回答回数276ベストアンサー獲得回数92006/04/21 21:42:41

ポイント16pt

 ちょっと参考的に分かりやすく致しますと、例えば、18歳以下の性的保護というものがありますね?、つまり大人は18歳以下の児童の性的安定を保護しなければならない、ということで、いつだったか、女性の高校教師が、ヒゲ面(ヒゲ面ではないのですが…)の男子高校生(教え子)と恋人関係だった、という理由で逮捕され、マスコミの報道となりました。

 このような保護も、責任能力による保護と似た法理です。

 つまり、小学生やそれ以下は無論、中学生も高校生も、自らの性的行動についてその善悪・或いは、自らの意思を自ら定める能力が存在しない、そのため、法的に保護を行う、という法理です。

 同じような法的位置づけによって、自らが自らの意思を定める能力の無い人間を保護することが、現代民主主義自由国家では重要とされています。

 例えますと、民法の教科書でも最初の方に、知的障害がある人が、悪人に騙され、盗まれたり、利用されたり、あらぬ悪行に使役されたりしないように、保護規定が行われています。

 ご参考まで。

id:kamiochiai

(はてなにより削除しました)

2006/04/21 21:50:33
id:daiyokozuna No.6

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/04/21 21:52:27

ポイント15pt

責任能力は無いけどまたやりそうだから「死刑」、てことにはならないんだよね。責任能力がないことと、罰を与えないこととは、理屈ではつながってないよね。そうする事に決めただけだよね。ややこしいことがいっぱいあるんだろうね~。

id:kamiochiai

私もほぼおんなじこと考えてます。

なるほど・・・・

2006/04/21 22:59:42
id:TomCat No.7

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/04/21 22:18:07

ポイント15pt

刑法上の責任能力とは、簡単に言ってしまえば、

事物の是非であるとか、善悪であるとかといったことを弁別し、

そしてその判断に基づいて行動できる能力、ということです。

責任能力のある者の犯罪を罰すると言うことは、

すなわちその悪意に基づく行為を罰するということです。

 

そこで実際の刑法の規定を見て見ますと、まず第39条において

第39条 心神喪失者の行為は、罰しない。

2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

と定め、そして第41条において

第41条 14歳に満たない者の行為は、罰しない。

として、これらに該当する者の不処罰および減軽を定めています。

これらが、責任無能力、および

限定責任能力の状態にある者に対する規定です。

 

心神喪失、あるいは心神耗弱とは、精神の障害に起因して

事理弁別能力あるいはそれに従って行動する能力が失われているか、

あるいは著しく減退している状態を指しますから、

その程度の問題にもよりますが、この状態において、

行為の悪意を認めることは困難です。

 

したがって、行為の取り締まりは社会の安全を確保するために必須ですが、

その者に科す措置としての刑罰を考えると、

事理弁別能力に問題を抱える者に対する

刑罰の持つ更正の効果やあるいは贖罪としての効果も、

極めて疑問ということになってくるわけです。

 

ましてや日本の刑法は「目には目を」的報復を

主目的としたものではありませんから、

社会の不満に対して溜飲を下げさせるだけの

前近代的報復的効果しか持たない刑罰を科すことは、

大いにためらわれることになってきます。

 

そこで、大変遅きに失したという実態は否めませんが、

2001年に起こった大阪・池田小児童殺傷事件を契機に

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の

医療及び観察に関する法律」が制定され、

刑罰とは別枠の「医療観察」によって対処していく仕組みが

近年整備されはじめたと考えられます。

 

なお、刑法第41条の刑事未成年者に対する不処罰規定は、

未来ある少年にはまず教育を第一にすべきであるという

国の態度によってそう定められているものと理解することが

妥当であると考えられます。

このため、14歳未満の者は刑事的には一律、

責任無能力者とみなされています。

id:kamiochiai

なるほど。

「医療監察」は要するに隔離ですよね。

隔離できれば罰しなくてもOKかも。

14歳未満は教育で更生されるべきとは思うので、妥当です。

2006/04/21 22:56:31
id:castle No.8

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122006/04/21 22:31:00

ポイント15pt

>「精神の障害により事物の理非善悪の判断」

 

あたりがくせものでしょうかね。

例えば、脳の一部がおかしいせいで数字の4だけ認識できなくなったとかそういう話がありますが、脳機能やそれにまつわる障害から一般人なら当たり前におこなえるごく普通の常識的行動がとれないといったケースがあります。

その結果起こった悲劇に対して、犯罪として対処してもいいのか、その場合の「罪」の定義をどのように考えるべきか? という問題なのでしょう。

さらに問題をややこしくしている理由として、これは脳の障害だとかあれは精神の障害だ、と明らかに見極められるものではなく、診断者によって見解が分かれる場合もあるため、事件や被告の状況によっては診断としての難しさも絡んできます。

脳機能や精神異常による認知障害なのか、そうでないのか。

罪は平たくいえば悪意ですから、悪意を持っていたのかいなかったのかが問われるのでしょう。

 

で、その手の専門家でも診断する担当者によって判断が分かれたりすることがあるために、責任能力の是非が裁判の席上で争われるといった事態になるわけですが…あきらかに胡散臭い精神鑑定ってありますしねぇ…。

id:kamiochiai

たとえば無差別に100人殺害して、その人の責任能力が無いから「殺さない」というのは間違っていると思うんです。

(はてなにより削除しました)

2006/04/21 23:02:24
id:x32 No.9

x32回答回数119ベストアンサー獲得回数12006/04/22 00:18:25

ポイント15pt

責任能力がないと罰せられないという法律は反対です。

正直私も意味が分かりません。

私の気持を先に書いてから、答えます。


一言で言ってしまえば、人権問題です。

人間が人間である権利は、誰でも平等にあります。

それは当然の事です。

ですので「例外を作ってはいけない」という事です。

それが殺人犯であろうと、無能力者であろうと変わりません。

ですので、一人の人間を強盗目的で殺した犯人に対して

「一人しか殺していないのに、死刑を求刑するのは妥当ではない」

という判決が出るのです。


責任能力が無いということは…他の回答者も分かりやすく沢山かいてらっしゃいますが、自分で物事が判断できないという事です。

現在の日本では、どんな人も平等に生きる権利があると言っています。


訳も分からず人を殺したのに、

そのことで生きる権利を奪うことはできない。

責任能力のない人間は無力だから(未成年も含め)、守られる立場なのだ。


…という考え方のようです。

(はてなにより削除しました)

今後、変わってほしい法律の一つです。

id:kamiochiai

なるほど。

(はてなにより削除しました)

※ 読んでおられる方で精神疾患のお持ちの皆さんには大変申し訳なく思います。

2006/04/22 01:49:12
id:hamster009 No.10

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/04/22 04:49:47

ポイント10pt

西洋近代では、人間を理性的で自律した存在として考える傾向が

強いです。だから、人間には自分の行為を自覚したり、充分に反省する

能力があると考えられます。あるいは要請されているといってもいい。


だから、なんらかの理由から、ある人間にその最低条件としての思考能力が

疑われるような場合には、人間一般としての責任が問えないことに

なります。犬や猫に人間並みの能力を前提とした裁きを受けさせるのは

裁判所自体の権威の失墜にもつながります。

犬や猫相手に説教をしたり、審議をしたりするのは、より高等な理性的存在

(だから審理が行なえる)と自任する彼ら自身にも苦痛なはずです。

それは裁判官の役割ではなく、動物調教師の役割だからです。

ですから、裁判官は、相手のレベルがあまり低いような場合には、

これは人間ではないと審理不問に付すわけです。


かつては西洋でも、人間の理性への要求がそんなに高くなかったころ、

たとえば多くの人びとが農奴や小作農であり、フルな人間としての領主や

地主に従属していた時代、犬や猫のように飼われていた時代には、

充分な責任能力がないから罰しないという考え方はなかったはずです。

責任能力があろうとなかろうと、社会あるいは領主にとって害になる

から牢屋に放り込むという考えだったはずです。

つまり、この時代には裁判官も代官として動物調教師に近い役割を

喜んで果たしていたわけです。

だから、責任能力の議論とは、理性的な人間一般というきわめて平等な

考えが発達した時代から、人間に対する要求が一層引き上げられた時代

から始まったとも言えます。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 x32 119 104 1 2006-04-22 02:11:06
2 lliekne 74 63 1 2006-04-22 11:58:07
3 Raiden 88 75 1 2006-04-22 13:52:05
4 imagaichiban 134 109 2 2006-04-23 15:52:35
5 castle 1011 939 12 2006-04-25 23:14:46

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません