数年後に海外の大学院へ専門を生かした留学(建築・文化遺産修復)を目指しています。

大学で建築を専攻し、現在は専攻を生かした仕事についていています。

留学までの準備にかかる期間・費用、留学中の費用、がわかるサイト。
都内で留学に向けて資料をあつめたり、相談にのってもらえる機関(ブリティッシュカウンシルのようなもの)を教えてください

対象国は北米・英国・仏・独・北欧です。
どこか一つの国だけでかまいません。回答よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/22 23:47:37
  • 終了:2006/04/29 23:50:03

回答(8件)

id:roadagain No.1

roadagain回答回数13ベストアンサー獲得回数02006/04/23 00:02:43

ポイント17pt

アメリカの大学に行ってました。大学院に行かれる場合は1年前には準備を

はじめていたほうが良いです。実際はそこまでも期間かからないですが、

念のためにそのくらいの期間必要です。


留学中の費用ですが、私の場合、中都市の1人でアパートを借りていました。

1ヶ月500ドルくらいでした。そこに食費がだいたい200ドルくらい、

ユーティリティ(ガス代とか電気代とか)が100ドルくらいで800ドルくらいです。

ホストファミリーに入ったりすれば滞在費、食費は抑えられると思います。

最低そのくらいなので遊んだり外食したりするでしょうから1000ドルくらいかかる

おそれがあります。


授業料ですが、2年で卒業を考えた場合、これも私立、州立なので授業料も

かわってきますが、建築の場合ですと有名なのは私立の方なのでお金が

かなりかかります。1セメスター50万以上かかると思うので、70万くらい

かかると思うので70*4セメスターで約300万くらい考えていた方がよいのでは

ないでしょうか。


http://www.ryugaku.co.jp/

留学ジャーナルでも相談に乗って貰えると思います。しかし留学するなら

情報収集は無料の相談機関を使って、手続きは自分でやりましょう!

自分でやるのと代理で留学機関にやってもらうのは全く値段が違います。

留学機関は留学後のサポートとかしてくれるといいますが、そんなものは

留学したら絶対に使いません。今はネットもありますし、必要な情報は

自分でやりましょう。


またUSCは建築が有名でした。LAで滞在費はすごく高いですけど。

http://www.usc.edu/dept/architecture/

id:nomad2004

丁寧な回答ありがとうございました。

ご自身の体験を踏まえた回答ということで、

とても参考になります。

仰るとおり、手続きは自分で行うつもりです。

日本での情報集めに利用していたサイト、機関があれば教えてください。

ちなみにお金をためつつ、スキルを磨く。

で3~4年くらい先を考えています。

2006/04/23 00:21:27
id:roadagain No.2

roadagain回答回数13ベストアンサー獲得回数02006/04/23 00:43:39

ポイント17pt

私が留学した時はウェブなるものがありませんでした。なので情報を

収集したのは成功する留学

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478034443/qid=1145...

という本を読んですべて手続きを行いました。

また先ほどのリンクの留学ジャーナルの相談機関でも相談だけはしました。

相談するだけなら無料でしたので。

あとここのサイトは参考になるかも知れません。

http://www.ryugakunet.com/university/

また先ほどの年間の授業料を書きましたが、間違えでした。

アメリカの建築が有名な私立大学の授業料は、

http://www.usc.edu:8766/uscweb/query.html

Graduate 2006-2007 Estimate of Costs

Based on the 2006-2007 academic year, the following are estimated two-semester costs at USC for a full-time master's student (8-14 units) living in university housing or in non-university housing, not with parents or relatives (other than a spouse):

$22,942 Tuition and fees (8-14 units for two semesters)

$11,220 Room and Board

$948 Books and supplies

$1,724 Personal and Miscellaneous

$1,384 Transportation

$38,218 Total (add $26 for your very first semester at USC orientation fee)

だそうです。1年で400万近いですね。2年で800万とすると滞在費など

すべて混むと1200万くらい余裕を持った方がよいでしょう。ものすごく

高いですけど。

これが州立大学ですと授業料が半額くらいに落ちると思います。ただ

建築学科を持っている大学は少ないと思います。また無名の大学の

建築学科で勉強する意味はあまりないと思いますので、いけるなら

有名大学狙った方がよいと思います。

がんばってください!

id:nomad2004

再度の回答ありがとうございます。

そうですね1年で500万くらいかなとは、

ざっくり見積もっていました。

アメリカは場所によって物価も学費もだいぶ違うようですね。

2006/04/23 01:12:44
id:hamster009 No.3

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/04/23 03:00:22

ポイント16pt

http://tokyo.daad.de/japanese/jp_index.htm

ドイツの場合だと、DAADになります。

青山一丁目のドイツ文化センター一階にあります。

id:nomad2004

ここは知りませんでした。

参考になります。

2006/04/23 12:57:05
id:shimarakkyo No.4

shimarakkyo回答回数387ベストアンサー獲得回数242006/04/23 03:22:02

ポイント16pt

私が大学に進学する時に調べたのは、以下の機関です(あとブリティッシュ・カウンシル)。

日米教育委員会

http://www.fulbright.jp/

ドイツ学術交流会(DAAD)

tokyo.daad.de/japanese/jp_index.htm

日本学生支援機構ウェブサイト(留学生支援)

http://www.jasso.go.jp/ryugaku/index.html

外国政府等奨学金一覧

http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships_foreign.html

id:nomad2004

なるほど、このあたりが基本ということですね。社会人になると、交友範囲も狭くなるので、実際に足を運んで情報を集めるのも大切な気がします。

2006/04/26 23:07:57
id:maxthedog No.5

maxthedog回答回数474ベストアンサー獲得回数522006/04/23 09:05:10

ポイント16pt

ネット上の留学情報はいわゆる留学や短期留学などの仲介業者が多く、効率的に取得出来ないのではと思います。なので、ここはやっぱりオフィシャル系じゃないかと思います。

独立行政法人日本学生支援機構

留学情報センター

http://www.jasso.go.jp/study_j/info.html

http://www.jasso.go.jp/ryugaku/index.html

ここでは世界各国への留学や奨学金の情報提供の他、電話、メール、面談で相談に乗ってくれます。


私自身の留学体験は情報が古いので書きませんが、今でも通じるだろうことをお節介ながらいくつか。

文化遺産修復のような特定の分野(それも細かいところまで)でやりたい方向性が決まっているのならば、その分野で既に働いている人を探し出し、その人のキャリアパスを調べるのがいいと思います。その分野に特化した大学がある場合には、そこに必要とする教育と人脈があります。

語学をナメてはいけません。留学に成功しない人は総合的な語学力で失敗する傾向が高いと思います。総合的というのは大学や現地に馴染むと言った文化適合力の事で、語学力では学校の授業をこなせるけどコミュニケーション能力がそれ以上ではない人は、環境から得られるもの(それが留学の意味でもある)を逃しがちです。北欧諸国では例外的に現地語ではなく英語で留学させてもらえる場合がありますがそれはお勧めしません。語学の準備のしかたは色々あると思いますが(長期的に少しずつとか、短期集中的に大量にとか)留学の時期に照準を合わせてやっておいた方がよいです。

id:tomandtom No.6

tomandtom回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/04/24 08:18:25

ポイント16pt

こんにちは。

現在フィンランドに留学しているものです。

北欧の大学の利点は、学費が無料で、かつ英語での授業がたくさんあることです。英語圏の国(アメリカやイギリス)は基本的に学費がかなり高いです。オランダも英語が使えますが学費はそれなりです。その点フィンランドの場合は、ほとんどの授業が英語で、僕は全くフィンランド語は分かりませんが、生活にも、授業にも困ることはありません。僕の学校の場合ですが、学費無料はもとより、プロジェクトで材料などにかかる費用も学校が支給してくれます。学生用のアパートや各種学生割引がたくさんあるので、生活費もかなり安く押さえられます。1年あたり100万もあればそれなりのいい生活が送れます。北欧の教育機関は他も大体似たようなものだと思います。

これが、フィンランドの建築科のある学校のサイトです。

http://www.tkk.fi/English/

北欧に関しては、ブリティッシュカウンシルのようなものはないと思うので、大使館に直接聞くのが一番速くて簡単だと思います。

id:nomad2004

学びたい分野が合致すれば、魅力的な留学先だと言えそうですね。

フィンランド人の学生も英語の授業を受けているのですか?私が最初にあげた地域の中で北欧は一番情報を持っていません。

教育も含め風土、価値観等、留学を通して感じていることがあれば、再度の回答お願いできないでしょうか?

また、留学前の準備等のお話も聞かせていただければと思います。

2006/04/26 23:12:03
id:kskg No.7

kskg回答回数178ベストアンサー獲得回数32006/04/25 07:54:45

ポイント16pt

http://www.ukeducation.jp/

CoECというイギリス留学専門のところがあります。

無料で相談や推薦状、エッセーなどを見てくれます。

id:tomandtom No.8

tomandtom回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/04/27 07:05:40

ポイント16pt

お呼びですのでまた失礼します。

英語について。

学校によって割合が異なりますが、フィンランド語での授業と英語での授業と両方あり、フィンランド人も英語の授業を受けます。英語が出来ない学生はいません。むしろ、学術的な書籍なども、フィンランド語に翻訳されているのが少ないので、みんな基本的に英語の本で勉強しなければいけません。教授ももちろん英語が出来ます。僕が通うのはデザイン系の大学ですが、院レベルからは9割の授業が英語です。留学生の方が多い科もあります。

一般的にフィンランドの教育システムはどの分野も世界トップレベルだと思います。留学費用が安く押さえられ、英語で授業が受けられるということで、世界中から学生が集まります。よって、お金を払えば誰でも入れるというようなところと違い、学生のレベル、モチベーチョンは高いです。すでに何年も働いてから学校に戻って来る学生も多いので、プロ意識も高いです。

準備について。

確かに日本で北欧についての情報を集めるのは大変です。しかし、やらなければいけない準備は英語だけです。toeflなど。あとは、入学の半年前位に願書などを出すだけです。もし受かれば大学のアシスタントの人がビザなりアパートなりの指示を出してくれますし、相談も乗ってくれます。すべてすんなりいきます。以外と簡単なものです。





http://www.tkk.fi/English/

すいません、これは前のと同じurlです。必須でしたので。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません