IBM RationalのClearCase、ClearCuestという製品について研修コース以外で勉強(独学)する方法を教えてください。(業務でこの製品を使用することになったのですが、研修コースのスケジュールが合わず困っています。)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/23 01:24:16
  • 終了:2006/04/26 19:23:15

ベストアンサー

id:john-frank No.2

j_frankenheimer回答回数3ベストアンサー獲得回数12006/04/23 17:25:02

ポイント50pt

ClearCaseのみ管理者を半年やりました。

本やインターネットから得られる情報はほとんどなく、マニュアルとの格闘でした。マニュアルは

http://www.ibm.com/jp/

からサポート&ダウンロード > マニュアル > マニュアル検索と進み、ClearCaseで検索すれば出てきます。管理者のマニュアルとしては下記が良いと思います。

IBM Rational ClearCase, ClearCase LT Administrator's Guide, 2003.06.10 (Japanese) (G126-5400-00)

独学は大変厳しいです。また、マニュアルを見ながら使い倒す過程でもIBMのサポートなしでは乗り越えられなかった課題も多かったように思います。ユーザーサイドなのかサーバーサイドの管理者なのかにもよると思いますが、まずマニュアルと使い倒せる環境ありきだと思います。もしそれが無理ということでしたら是が非でも研修を受けられることをお勧め致します。

id:cannabis420

独学は厳しい世界なんですね。それが分かっただけでもありがたいです。使える環境もあり、IBMのサポートも受けられますので、これらをフル活用したいと思います。ありがとうございます。

2006/04/23 22:26:19

その他の回答(1件)

id:ggzyggzy No.1

ggzyggzy回答回数16ベストアンサー獲得回数02006/04/23 10:40:17

ポイント35pt

clearcase/cleartool を使うには、UCMを理解しているととっつきやすいでしょう。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/0201604787.html

参考資料は以下に多数あり。

http://www-06.ibm.com/jp/domino01/mkt/rational.nsf/doc/002F7...

ただし、通常Clearcase/Clearquestの運用ポリシーは、組織のソフトウェア運用プロセスにあわせて細かくカスタマイズされているので、自分の職場でソフトウェア開発がどのように行われているかを先に知っていたほうがよいでしょう。

id:cannabis420

UCMを理解することがポイントなんですね。まずは資料参考を読んでみます。ありがとうございます。

2006/04/23 22:22:17
id:john-frank No.2

j_frankenheimer回答回数3ベストアンサー獲得回数12006/04/23 17:25:02ここでベストアンサー

ポイント50pt

ClearCaseのみ管理者を半年やりました。

本やインターネットから得られる情報はほとんどなく、マニュアルとの格闘でした。マニュアルは

http://www.ibm.com/jp/

からサポート&ダウンロード > マニュアル > マニュアル検索と進み、ClearCaseで検索すれば出てきます。管理者のマニュアルとしては下記が良いと思います。

IBM Rational ClearCase, ClearCase LT Administrator's Guide, 2003.06.10 (Japanese) (G126-5400-00)

独学は大変厳しいです。また、マニュアルを見ながら使い倒す過程でもIBMのサポートなしでは乗り越えられなかった課題も多かったように思います。ユーザーサイドなのかサーバーサイドの管理者なのかにもよると思いますが、まずマニュアルと使い倒せる環境ありきだと思います。もしそれが無理ということでしたら是が非でも研修を受けられることをお勧め致します。

id:cannabis420

独学は厳しい世界なんですね。それが分かっただけでもありがたいです。使える環境もあり、IBMのサポートも受けられますので、これらをフル活用したいと思います。ありがとうございます。

2006/04/23 22:26:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません