モノクローナル抗体の生産法についての質問です。

一般的に、よくおこなわれるハイブリドーマを使う方法では、依頼を受けた企業は、できあがったハイブリドーマを渡します。
カイオム・バイオサイエンス(http://www.chiome.jp/)は、抗体を生産するDT40を渡しません。
この違いは、特許が、関係しているのでしょうか?
ハイブリドーマの特許は切れているのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/04/23 08:09:50
  • 終了:2006/04/30 08:10:02

回答(1件)

id:komyaaan No.1

komyaaan回答回数11ベストアンサー獲得回数02006/04/30 00:18:55

ポイント60pt

特許というか、契約でしょうか

カイオム社のADLib法の特許絡みだと思います。

http://jtca.umin.jp/ethics/e_no2.htm

ハイブリドーマの製法自体は上記のサイトによると1975年らしいので

すでに特許切れですし、

最近は”ある抗原に対する抗体を産生するハイブリドーマ”という特許の取り方をします。


ただADLib法自体公知ですので、このことがDT40を譲渡しない理由にはならないはずです。

ですのでカイオム社の方針、かなと・・・

抗体ライブラリーを作製しようとしてるとか

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません