個人的に、単なる興味で聞いているだけの質問です。

もし、個人で、「カロリーメイト」(類似品)を売り出す会社を作ろうとしたらどのくらいの費用がかかるでしょうか?
手元には、何のノウハウも、工場も、販売店も、何も無い状態から出発すると仮定して下さい。
いろいろな観点で、面白い意見とか、普通の意見とか、いろいろお願いします。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/04/27 01:24:03
  • 終了:2006/05/02 01:59:03

ベストアンサー

id:over40 No.6

over40回答回数74ベストアンサー獲得回数12006/04/28 09:43:20

ポイント9pt

最後なので”ちなみに”ですが。

特定保健用食品(トクホ)は医薬品並みの臨床試験が必要です。そのため、この分野に進出するのは医薬品企業か、大学などとのジョイントが多いです。試験だけで経費は一億円以上かかります。しかも認可がおりる保証はありません。

トクホはハードルが高すぎますが、単なる健康食品、栄養補助食品であっても、成分などの表示を行いたい場合があるでしょう。というか、成分表示がない健康食品って信頼性ゼロです。では成分検査にいくらかかるかというと、たとえば綜合臨床薬理研究所(http://www.sogo-rinsho.jp/)では最低500万円からというサポートサービスがあるようです(http://www.sogo-rinsho.jp/service/ser_evidence.html)。

「政府お墨付きクラスの機能を持った製品」の開発、製造は置いておいても、認可を取るためには多額の費用が必要ということですね。

最後の最後に、ちなみにですが、前述の綜合臨床薬理研究所では健康食品の無料相談があります。相談だけなら無料です。

https://www.sogo-rinsho.jp/service/ser_entry.html

id:match7

ありがとうございます。

2006/05/02 01:57:56

その他の回答(5件)

id:SNOOPY No.1

SNOOPY回答回数45ベストアンサー獲得回数32006/04/27 03:31:11

ポイント27pt

類似品ですね・・・

http://231937564.makjapan.com/kk/01/caloriemate.html

こんなのを輸入して売ると、仕入れの費用、パソコンと販売用ホームページ開設費用、信用の為に引いておく有線電話や会社の登記費用などなどを含めても、大体100万円くらいから、でできるんじゃないかなぁって思います。

面白い意見かどうかは分からないですけど、普通の意見じゃない意見でした・・・

id:match7

ああ、書くのを忘れてました。

輸入代行じゃなくて、

自社製造販売の会社です。

どのくらいの元手があれば、とりあえず1製品を売り出すまでこぎつけられるものなのかなあ、と思って。

(コンセプトだけはあると仮定します。

コンセプトだけはあって、それを研究開発して、実現化し、量産し、販売するまで、

カロリーメイトくらいのものだったらどのくらい費用がかかるものなのかな?と。)

2006/04/27 09:35:45
id:daiyokozuna No.2

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/04/27 10:25:05

ポイント27pt

小規模な量産でも製造設備、土地、建屋だけで億を下回るのはきびしいでしょうね。

コンサルタントに泣きついてぼったくられる可能性も。

大塚のような大大大規模な生産量がないとネットですら売れる価格にできないでしょう。


中国の2流メーカーに製造委託→輸入販売

                ↓

違法添加物を勝手に使用され販売禁止に。


食品製造機械は自動車、半導体、電機などに比べればゼロが一つ、二つ少なくてすみますが、それでも土地、建屋だけで億はするでしょう。

id:match7

最近、ベンチャーが大流行ですが、

クローズアップされる企業に、製造業系ベンチャーが無いので、

製造業ということで考えてみて(なるべく流行のITから遠い分野で)

した質問です。

億かかるかからない、じゃなくて、

もうちょっと具体的に、こういうのにこのくらい費用がかかりそうというのが知りたいなあ。

2006/04/27 23:23:33
id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/04/27 18:41:11

ポイント27pt

http://homepage1.nifty.com/silabel/food/calorie_mate_d.html

材料原価自体は販売価格の15~20%程度でないと、とても採算に乗らないので、1袋あたりの原価は40円程度と仮定する。

http://www.arasei.com/takikai.htm

http://www.conlavie.com/program_health.html

ごくごく初歩的なラインを考えた場合、サプリメントの調合と梱包ラインがあればいいので、梱包は機器で調合は人手と考えると、機器1台1百万円、人件費1人5百万円と仮定する。1ラインで製造し、製造元直販→隣地で販売を考えれば、物件賃借料は10万円/月程度で何とか。

1日100個製造して在庫が5日と考えれば、材料費は持ち出し2万円。

まぁ、細々とやっていく場合は、7~8百万円あれば十分ですかね。

売れる売れないは別として。

id:match7

生産するだけだとそれで済みますが、

材料を購入する契約とか、いろいろ設立までにかかる諸経費、ってのはどんなもんでしょう。

この計算でいいとすると、

最低限のショボ会社(社員1名)だったら、

2000万あれば作れそうですね。

2006/04/27 23:37:28
id:over40 No.4

over40回答回数74ベストアンサー獲得回数12006/04/27 23:55:36

ポイント10pt

ゼロの状態からのベンチャーということなら、元手もほぼゼロからでOKです。

なぜかと言うと、カロリーメイトはようするに「ビスケット」だからです。ビスケットが作れる設備=台所とオーブンがあれば「工場」は完成です。原材料も数多く作るのでなければスーパーマーケットで手に入ります。

カロリーメイト(類似品)がおいしく、栄養があると評判になり、売れ行き好調なら設備投資して規模を大きくすればいいのです。

というようなことではないのでしょうか。

それとも、最初からカロリーメイトと同等の規模での出荷をお考えとか?

本家は年間売上げ300億円超(http://www.brainsellers.com/cuttysark/2005/11/post_192.html)のお化け商品です。キーファー・サザーランドの契約金だって馬鹿になりません。

ということなので、おすすめとしてはまず家庭の台所でビスケットを作り、ビジネス街や駅前で忙しいビジネスマン向けに売ることから始めた方がいいと思います。

屋台のお弁当屋さんと同じですね。

id:match7

なるほど。

カロリーメイトはいまいちな例だったなあ。

じゃあ、特定保健用食品、のように、

ある程度の技術の結果とされるようなものを製造・販売する企業立ち上げには、

どのくらいのお金がいるでしょうか?

(食べ物屋というのではなく、

機能性食品をパッケージングした形で売る企業、という感じで)

2006/04/28 00:41:55
id:over40 No.5

over40回答回数74ベストアンサー獲得回数12006/04/28 08:46:36

ポイント10pt

そうですか、カロリーメイト(類似品)は単なる例でしたか。追加で条件をいただきましたが、まだ足りないと思います。そもそも最初から大規模に展開しようとしているのか。そうだとすれば、どのくらいの規模で?というところがわかりません。立ち上げだけ、法人格にこだわらなければほとんどゼロでいけるのです。

では、もひとつ。つい最近テレビで見た例です。

乾燥梅干し・スッパイマンでおなじみの上間菓子店(http://www.amaume.co.jp/)は年商13億円にもなる成功した食品会社です。

創業は1981年。

創業当時は社長がたった一人で、手作りでスッパイマンを作っていました。研究も開発も製造も販売も社長だけ、一人です。工場も自宅の物置でした(まさにガレージベンチャー!)。

それが27年で13億円です。大成功した食品ベンチャーといえるでしょう。

ということで、やはり元手はお金という意味ではほとんど不要と思います。会社も最初から設立する必要はありません。今は作るだけなら1円で済みますが、最初は「個人」でも十分です。

id:match7

ある程度の機能を持った

(よく知らないけど、例えば、特定保健用食品なら、データとかを添えて提出しなきゃいかんだろうけど)

政府お墨付きクラスの機能を持った製品の開発・製造くらいなら、

(最初から大規模展開しなければ)

そんなにお金がかからないのかなあ。

2006/04/28 09:05:16
id:over40 No.6

over40回答回数74ベストアンサー獲得回数12006/04/28 09:43:20ここでベストアンサー

ポイント9pt

最後なので”ちなみに”ですが。

特定保健用食品(トクホ)は医薬品並みの臨床試験が必要です。そのため、この分野に進出するのは医薬品企業か、大学などとのジョイントが多いです。試験だけで経費は一億円以上かかります。しかも認可がおりる保証はありません。

トクホはハードルが高すぎますが、単なる健康食品、栄養補助食品であっても、成分などの表示を行いたい場合があるでしょう。というか、成分表示がない健康食品って信頼性ゼロです。では成分検査にいくらかかるかというと、たとえば綜合臨床薬理研究所(http://www.sogo-rinsho.jp/)では最低500万円からというサポートサービスがあるようです(http://www.sogo-rinsho.jp/service/ser_evidence.html)。

「政府お墨付きクラスの機能を持った製品」の開発、製造は置いておいても、認可を取るためには多額の費用が必要ということですね。

最後の最後に、ちなみにですが、前述の綜合臨床薬理研究所では健康食品の無料相談があります。相談だけなら無料です。

https://www.sogo-rinsho.jp/service/ser_entry.html

id:match7

ありがとうございます。

2006/05/02 01:57:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません