windowsXPのパフォーマンスモニタで15秒単位で取得したCPU,メモリのcsvログが1ヶ月分あります。そのログを1ヶ月単位、日単位、時間単位、分単位に集計してグラフを作成します。現状では、csvログは11:51:00.953と秒数以下もあり、そのままグラフにすると、単位がよくわからず、一度Accessに取り込んでから、left(jikan,8)で分単位に集計して、CPUの使用率の平均をSQLで出力し、再度Excelに張りなおして、グラフを作成しています。

この集計作業を自動化したいので、VBSで組んでもらえないでしょうか。概要は、別エクセルを作成し、日単位、時間単位、分単位のシートを作成し、それぞれのシートに結果を書いてください。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/03 14:36:53
  • 終了:2006/05/10 14:40:04

回答(1件)

id:cx20 No.1

cx20回答回数607ベストアンサー獲得回数1082006/05/09 05:41:17

ポイント10pt

Log Parser」を利用するというのはいかがでしょう?

Log Parser」は、Microsoft が提供している強力な多目的ツールです。

これを利用すると、様々な形式のログファイルを SQL 構文を利用して集計、抽出などの加工を行うことが可能です。

EXE 版(単体実行可能なバージョン)と、DLL 版(COM コンポーネントとして利用可能なバージョン)があります。

「パフォーマンスモニタ」のログファイルにも対応しています。

(詳しい使用方法はインストール先のフォルダの LogParser.chm をご覧ください。)


■ スクリプト センター : Log Parser

http://www.microsoft.com/japan/technet/scriptcenter/tools/logpar...

■ ダウンロードの詳細 : Log Parser 2.2 日本語版

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=890cd06...


以下、サンプルコードです(動作確認:Windows 2000 SP4 + Log Parser 2.2)

  • 最初に「Log Parser」のインストールをお願いします。
  • VBScript 内のパス名、ファイル名は必要に応じて変更してください。
  • 実行は、コマンドプロンプトからお願いします(カレントディレクトリをログファイルの場所に移動してから実行してください)
' File Name : MakeSummaryReport.csv
' Usage : CScript MakeSummaryReport.csv //Nologo
Option Explicit
 
Const g_strDir = "C:\PerfLogs" ' 作業フォルダ(ログファイルのある場所)
Const g_strPerfLog = "CPU_000001.csv" ' ログファイル名(パフォーマンスモニタ)
Const g_strExcelFile = "CPU_Report.xls" ' 集計ファイル
 
Call Main()
 
Sub Main()
    Call MakeSummaryCsv() ' 日、時間、分ごとに集計結果を CSV 出力
    Call ConvertCsvToXls() ' CSV ファイルを Excel ファイルに統合
End Sub
 
' Log Parser の集計機能を利用して集計結果を CSV ファイルに出力する
Sub MakeSummaryCsv()
    Dim oCSVInputFormat
    Set oCSVInputFormat = CreateObject("MSUtil.LogQuery.CSVInputFormat")
    oCSVInputFormat.iTsFormat = "MM/dd/yyyy hh:mm:ss.ll" ' パフォーマンスモニタの時間書式
    oCSVInputFormat.nSkipLines = 1 ' ヘッダ行は読み飛ばす(ユーザー環境に依存するため。マシン名など)
    oCSVInputFormat.headerRow = False
    
    Dim oCSVOutputFormat
    Set oCSVOutputFormat = CreateObject("MSUtil.LogQuery.CSVOutputFormat")
    oCSVOutputFormat.oTsFormat = "yyyy/MM/dd hh:mm:ss"
    
    Dim oLogQuery
    Set oLogQuery = CreateObject("MSUtil.LogQuery")
    oLogQuery.ExecuteBatch GetSummaryQuery( "Day", 86400, "Day.csv" ), oCSVInputFormat, oCSVOutputFormat
    oLogQuery.ExecuteBatch GetSummaryQuery( "Hour", 3600, "Hour.csv" ), oCSVInputFormat, oCSVOutputFormat
    oLogQuery.ExecuteBatch GetSummaryQuery( "Minute", 60, "Minute.csv" ), oCSVInputFormat, oCSVOutputFormat
    
    Set oLogQuery = Nothing
    Set oCSVOutputFormat = Nothing
    Set oCSVInputFormat = Nothing
End Sub
 
Function GetSummaryQuery( ByVal strFieldName, ByVal nSec, ByVal strTableName ) 
    Dim strResult
    strResult = "SELECT" & _
        " QUANTIZE(Field1, " & CLng(nSec) & " ) AS " & strFieldName & "," & _
        " AVG(Field2) AS CPU(Average) " & _
        " INTO " & strTableName & _
        " FROM " & g_strPerfLog & _
        " GROUP BY " & strFieldName
    WScript.Echo strResult
    GetSummaryQuery = strResult
End Function
 
' ADO を使用して CSV ファイルを Excel ファイルのシートに書き込む
Sub ConvertCsvToXls()
    Dim cn
    Set cn = CreateObject("ADODB.Connection")
    Dim strCon
    strCon = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=" & g_strExcelFile & ";Extended Properties=Excel 8.0"
    cn.Open strCon
    cn.Execute GetConvertQuery( "[Day]", "Day.csv" )
    cn.Execute GetConvertQuery( "[Hour]", "Hour.csv" )
    cn.Execute GetConvertQuery( "[Minute]", "Minute.csv" )
    cn.Close
    Set cn = Nothing
End Sub
 
Function GetConvertQuery( ByVal strNewTableName, ByVal strOldTableName )
    Dim strResult
    strResult = "SELECT * INTO " & strNewTableName & _
        " FROM [Text;DATABASE=" & g_strDir & ";HDR=YES;]." & strOldTableName
    WScript.Echo strResult
    GetConvertQuery = strResult
End Function

以下は「Log Parser」関連情報です。


<関連情報>

■ Tales from the Script: 2005 年 1 月 - ログこそすべて (Log Parser について)

http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/scripts...

■ Professor Windows ‐ 2005 年 5 月 ‐ Log Parser 2.2 の動作方法

http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/profwin...

■ Log Parser 2.2 日本語版の半分はコミュニティへの熱意でできています。

http://www.exconn.net/Blogs/team00/archive/2005/05/13/428.aspx

  • id:kuruma_neko
    一応自分でも勉強のため、VBSで組んで見ました。シートに追加するのは実装してませんが、集計だけは出来ました。しかし、Log Parser
    を使ったほうが色々応用できそうなので使わせてもらいます。ありがとうございました。

    Dim fld
    Dim rec
    Dim i
    Dim cnt
    Dim col0_pre
    Dim col0_cur
    Dim col1
    Dim col2
    Dim col3
    Dim flg
    Dim flg_sum
    Dim fso
    Dim objInText
    Dim objOutText_t
    Dim objOutText_m
    Dim strval
    Dim args1, args2
    Dim str1, str2

    str1 = InputBox("入力するファイル名をパスを含めて入力 例c:\log\aaa.csv")
    str2 = InputBox("出力するパスを入力。分単位と時単位の2つ作成 例c:\log")
    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    'Set objInText = fso.OpenTextFile(str1)
    Set objOutText_t = fso.CreateTextFile(str2 & "\" & fso.getbasename(str1) & "_t.csv")
    Set objOutText_m = fso.CreateTextFile(str2 & "\" & fso.getbasename(str1) & "_m.csv")

    flg = False
    Const JI_SYUUKEI = 1
    Const FUN_SYUUKEI = 2

    For i = 1 To 2
    Set objInText = fso.OpenTextFile(str1)
    flg_sum = i
    cnt = 0
    col1 = 0
    col2 = 0
    col3 = 0

    Do While objInText.AtEndOfLine <> True
    strval = cutQuotation(objInText.ReadLine)
    fld = Split(strval, ",")

    '最初はタイトルなので飛ばす
    If flg Then
    col0_pre = col0_cur

    If flg_sum = JI_SYUUKEI Then
    col0_cur = Left(fld(0), 13) '時単位
    ElseIf flg_sum = FUN_SYUUKEI Then
    col0_cur = Left(fld(0), 16) '分単位
    End If

    If col0_pre = col0_cur Or cnt = 0 Then
    col1 = col1 + CDbl(fld(1))
    col2 = col2 + CDbl(fld(2))
    col3 = col3 + CDbl(fld(3))
    cnt = cnt + 1

    Else
    'レコード作成
    rec = Chr(&H22) & col0_pre & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col1 / cnt & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col2 / cnt & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col3 / cnt & Chr(&H22)

    'カレントで初期化
    col1 = CDbl(fld(1))
    col2 = CDbl(fld(2))
    col3 = CDbl(fld(3))
    cnt = 1

    '書き込み
    'Print #2, rec
    If flg_sum = JI_SYUUKEI Then
    objOutText_t.WriteLine (rec)
    ElseIf flg_sum = FUN_SYUUKEI Then
    objOutText_m.WriteLine (rec)
    End If

    End If
    Else
    'タイトル
    rec = Chr(&H22) & fld(0) & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & fld(1) & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & fld(2) & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & fld(3) & Chr(&H22)
    '書き込み
    'Print #2, rec

    If flg_sum = JI_SYUUKEI Then
    objOutText_t.WriteLine (rec)
    ElseIf flg_sum = FUN_SYUUKEI Then
    objOutText_m.WriteLine (rec)
    End If

    End If

    flg = True
    If (objInText.AtEndOfLine And col0_pre = col0_cur) Or (objInText.AtEndOfLine And cnt = 1) Then
    'レコード作成
    If cnt = 1 Then
    rec = Chr(&H22) & col0_cur & Chr(&H22)
    Else
    rec = Chr(&H22) & col0_pre & Chr(&H22)
    End If
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col1 / cnt & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col2 / cnt & Chr(&H22)
    rec = rec & "," & Chr(&H22) & col3 / cnt & Chr(&H22)

    If flg_sum = JI_SYUUKEI Then
    objOutText_t.WriteLine (rec)
    ElseIf flg_sum = FUN_SYUUKEI Then
    objOutText_m.WriteLine (rec)
    End If

    End If
    Loop
    flg = False
    cnt = 0
    objInText.Close
    Next

    objOutText_t.Close
    objOutText_m.Close
    MsgBox "completed", vbInformation

    Function cutQuotation(val)
    'On Error GoTo ERR_HANDLER

    Dim tmp
    Dim ret
    Dim i
    For i = 0 To Len(val)
    tmp = Mid(val, i + 1, 1)
    'Debug.Print tmp
    If tmp <> """" Then
    ret = ret & tmp
    End If
    Next

    cutQuotation = ret

    Exit Function
    'ERR_HANDLER:
    ' MsgBox Err.Description
    End Function

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません