ゲルニカなどピカソの絵の見方や理論を素人向けに優しく解説したサイトを探しています。何かこつはあるのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/05 20:03:02
  • 終了:2006/05/12 20:05:03

回答(9件)

id:taka27a No.1

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/05/05 20:17:41

ポイント16pt

http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/text/yomi/1200003_2.htm

http://www.anzaiazami.com/work/picaso.html

www.pola.co.jp/company/home/back/2006/18r021.pdf

ざっくりと平易に書かれたものを選んだつもりですが、ご質問の趣旨と外れていた場合は申し訳ございません。

id:einsu

有り難うございます。もう少し、絵画の解説があると嬉しいのですが。

2006/05/05 20:33:36
id:otkoyg No.2

otkoyg回答回数41ベストアンサー獲得回数02006/05/05 21:47:14

ポイント16pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%BD

最近Wikipediaのピカソの項目を加筆した者です。

『ゲルニカ』は発表された当時の時代背景により、過大評価されている作品だと思います。映画の『カサブランカ』に似たポジションです(こちらは名作だと思いますが)。画面右のふたりの女性の顔など、風船のようで弛緩していると指摘した批評家もいます。

http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Paul_C%C3%A9zanne

キュービズムは、一旦セザンヌの絵に戻ってからチャレンジし直すことをおすすめします。両者の絵にはそんなに違いがないように見えてくるかもしれません。

id:einsu

セザンヌの絵がキュービズムの先駆けであることは承知していますが、未だ薄学にしてそんなに違わないとまではまだ思えません。残念です。有り難うございました。

2006/05/05 22:02:18
id:yellowshell No.3

yellowshell回答回数94ベストアンサー獲得回数12006/05/05 21:54:55

ポイント16pt

青の時代前後の記述を見た後で

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8...

この↓検索結果からいくつか見てみると良いでしょう。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%BD%E3%...

解説だけみたいなら、下の奴の最初の2ページから4、5個みれば十分でしょう。

id:einsu

うーん。うーん。

2006/05/05 22:05:09
id:otkoyg No.4

otkoyg回答回数41ベストアンサー獲得回数02006/05/05 22:29:28

ポイント16pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400602021X/qid=11468352...

2回目です。お読みでなかったらこれをぜひ。

「ピカソは、本質的に詩人であった」

「神が死に、中心の喪われた世界には、むき出しの物質が荒々しい貌をむき出しにして、その存在を主張し始めていた」

詩人で彫刻家の飯田善國による魅力的なピカソ論です。私はこの本から大きな影響を受けました。

id:einsu

有り難うございます。読んでみようと思います。

2006/05/05 23:09:53
id:aiaina No.5

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/05/05 22:42:49

ポイント16pt

こちらはどうでしょうか

http://www.crossroadlink.com/picasso/picasso.htm

id:einsu

有り難うございます。私も20世紀が生んだ世紀の天才の業績を理解したいのです。

2006/05/05 23:16:51
id:ayame2001 No.6

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332006/05/05 23:53:12

ポイント15pt

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kekkyoji/gerunika.htm

ちょっと変わった観点から、中学校3年生の教育指導案からです。einsu様には優しすぎるかもしれませんが、私にとってはこういう見方を学校で教えるのかと驚きでした。 牛や馬のシンボリズムの捕らえ方が面白かったです。

また岡本太郎が彼の視点からゲルニカを解説した本もあります。 彼の作品とクロスするイメージが私にはあったので大変面白く読みました。

個人的には実際に見た時の大きさが忘れられません。 あと映画でも見た覚えがあるのですが検索できませんでした。大昔のテレビドラマ『キーハンター』でバスクの独立とゲルニカの返還運動をテーマにしたものがあり、それも強烈な記憶に残っています。

青春ピカソ (新潮文庫)

青春ピカソ (新潮文庫)

  • 作者: 岡本 太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

id:einsu

教育指導案はとても面白かったです。でもスペイン内乱やナチス空爆、牛や馬のモチーフなど高い基礎的な教養を前提とするこのような高いレベルの授業を本当に中学3年生が理解できるのでしょうか。正直、すごい学校だと思いました。

2006/05/06 00:05:02
id:nischiura2006 No.7

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/05/06 22:20:04

ポイント15pt

http://www.st.rim.or.jp/~success/picasso.html

中学生以前かも知れませんがこんなのどうでしょう?

id:j_m_w_t No.8

j_m_w_t回答回数11ベストアンサー獲得回数02006/05/07 18:40:41

ポイント15pt

 解りやすさで言えばプロの作るテレビ番組なんかはどうでしょう。

 「美の巨人たち」

 現在「一枚の絵」とされるバックナンバーの古い部分が改装中の

ため、グーグルキャッシュで失礼しますが、読みやすいと思います。

 ピカソ「青の時代の自画像」

 ピカソ「ゲルニカ」


 同番組の書籍バージョンはこちら。宣伝もかねてオマケとして。

小林薫と訪ねる美の巨人たち
テレビ東京 東京12チャンネル=
日本経済新聞社 (2004/12)
売り上げランキング: 95,701


 アマゾンが書いている目次にあるラインナップは以下の通り。


ピカソ「ゲルニカ」

ゴッホ「星月夜」

フェルメール「牛乳を注ぐ女」

モネ「日傘をさす女」

ミレー「晩鐘」

伊藤若冲「菜虫譜」

ドガ「エトワール、または舞台の踊り子」

レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」

カラヴァッジオ「洗礼者聖ヨハネの斬首」

ホッパー「ナイトホークス」

スーラ「グランド・ジャット島の日曜日の午後」

小倉遊亀「欲女 その一」

熊谷守一「猫 三態」

天使の降り立つ街でジャン・コクトーに出会う

アルチンボルド「夏」

id:arukusainou No.9

arukusainou回答回数61ベストアンサー獲得回数12006/05/10 13:49:29

ポイント15pt

それならば、本だけど「ピカソを変えた女たち」を見ればだいぶ見えてくると思う。彼の言葉「芸術は破壊の集積である」、俺はこの言葉と、彼の女性観がピカソのすべてを語っていると断言する。特に彼の後期の絵画には女性器が沢山の散りばめてあるのに気づいたことはないかい?女性器のもつ魔性。魅力。この凄さは男なら皆承知づみ。彼は実に直接的に素直にその部分を描いている。あの異様な人を惹きつける魅力は、観る側の無意識の中にひそむ性欲性愛と絵画とが共鳴阿吽の呼吸をしているんだろうと俺は勝手に思う(笑)http://q.hatena.ne.jp/answer

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません