デジカメで撮影する時に画像の比率を4:3(一般)、3:2(一眼)等に設定する事が出来ますが、ここで質問です。

プリントアウトする際に3:2の方が優れている事は調べて分かったのですが、何故複数の画像比率を標準にしているのか(規格として1つの比率にしないのか)を教えて下さい。またビデオ(デジタルビデオカメラ)の比率についても同様にご教授願います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/08 13:59:04
  • 終了:2006/05/15 09:18:03

回答(4件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/05/08 14:14:46

ポイント20pt

http://www.tokyo-photo.net/pr/size.html

これは、フィルムの標準縦横比と、

PCの画面の標準縦横比の二本立て、ということです。

 

たとえばPCの画面は、1024×768ピクセルというように、

これは4:3ですよね。

しかし、フィルムカメラの場合、35ミリフィルムの縦横比は

36×24で、これは3:2です。

そこで、デジタルカメラの場合はこの二本立てになっているわけです。

 

デジタルビデオカメラの場合は、ハイビジョン準拠の16:9と、

一般PC画面用の4:3が混在するようです。

id:wantanmen

的確なご回答有難うございます。

なるほど、PCの画面比とフィルムの縦横比からきていたのですね。しかし、PCの画面は800×600と1024×768は確かに4:3ですが、次の標準(であろう)1280×1024は5:4の比率です。

という事は、そのうち5:4の比率にて撮影する時代が来るのでしょうか。その辺りとても気になっております。。

2006/05/08 15:25:51
id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/05/08 16:12:59

ポイント30pt

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0604/17/news015.html

二度目の回答になります。

 

5:4の比率の件については、上記URLの記事が、

ちょっと注目できるかもしれません。

 面白いのは画素数。最大の解像度が一般的な130万画素機の1280×960ピクセルではなく、1280×1024ピクセルなのだ。縦横比も4対3ではなく5対4となる。PCのディスプレイでは1280×1024ピクセルは普通にあるし、メガピクセルになった当時のデジカメでも1280×1024ピクセルのものをよく見かけたが、最近では珍しい。

とのことで、日本の場合、一時期見られた5:4がなりをひそめ、

最近はまた4:3に逆戻りしているわけですが、

韓国のサムスンが新型携帯に5:4を導入してきたということは、

少なくとも同社は今後デジタルカメラにおいても

5:4が主流になっていくぞという考えを持っているのではないかと。

そんなふうに考えられる気がするんですね。

 

現行の日本製品は、メガピクセルの場合でも1280×960が主流です。

ただ、今後の成り行きについては、海外製品が4:3で落ち着くか、

5:4に移行していくかが、ひとつのカギになっていきそうです。

そして日本においてはディスプレイメーカーでもある

SONYあたりがどちらになびいていくか。

そのへんが見極めどころではないでしょうか。

 

まだメガピクセルはアスペクト比の標準が定まっていない。

だから買い控えているという声が大きくなってくると、

結果が早く出てくるかもしれません。

 

ちょっと蛇足気味ではありますが、以上、補足させていただきます。

id:wantanmen

ご丁寧に返答頂き有難うございました!大変納得のいく内容でした!

標準比率はまだ確立されていないのが現状なんですね。今後のデジカメ界の動きに注目しなければいけませんね。有難うございました。

2006/05/08 17:27:55
id:DocSeri No.3

芹沢文書回答回数127ベストアンサー獲得回数22006/05/08 17:32:39

ポイント30pt

http://www.adobe.com/jp/devnet/flash/articles/video_guide_06.htm...

デジカメ画像の縦横比はむしろビデオのそれに影響を受けていると思われます。

4:3はNTSCの、5:4はPAL方式の縦横比です。それに加えハイビジョン系は16:9、最近ではデジカメにも対応機種が出て来ています。

元々デジカメの撮像素子に使用されるCCDなどの半導体はビデオカメラに利用されて来たもので、初期デジタルカメラの技術的なルーツはビデオカメラです。その流れから規格をそのまま流用したのでしょう。

しかしフィルムカメラの代替として定着するとともにビデオ由来の規格からフィルムカメラ由来の規格に移りはじめ、結果としてこのような混成状態にあるわけです。

今後6×6版などの代替として正方形CCDなども増加するのではないでしょうか。

id:wantanmen

とても興味深い回答でした。有難うございます。なるほど、縦横比はビデオカメラがルーツとなっているのですね。

リンクページを拝見しましたが、NTSC、PALの二つの規格は世界で様々なんですね・・。結局は自分の好きな比率を使うのが一番良さそうです(笑)どうも有難うございました。

2006/05/08 20:39:03
id:auctiondiary No.4

auctiondiary回答回数1085ベストアンサー獲得回数22006/05/09 14:11:33

ポイント20pt

http://www.sony.co.jp/Products/SC-HP/imagingdevice/ccd/tec_super...

今のところいろいろな規格があるのが事実です。むしろ、ディスプレイメーカーの戦略とCCDメーカーの戦略が一致していないので、、、

プリントアウトするなら3:2で撮影したほうがいいですし、ディスプレイで見るなら4:3のほうがいいです。

ただ、デジカメならCCDのサイズが一眼でない限り、4:3であるのでそれで撮影したほうが、応用は利きますね。3:2で撮影するってことはCCDの性能をすべて使っていないだけですから、後からトリミングはいくらでもできます。最近では4:3の紙も発売されていますので。

そういう意味で考えるとビデオもカメラもやってるソニーのCCDの製品を見ていると将来がわかるかもしれません。

id:wantanmen

ご回答有難うございました。ご意見参考にさせて頂きます。

2006/05/09 23:58:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません