度々、転職をする癖が付いてしまいとても困っています。3年勤めた前職を一身上の都合により辞め、来週から次の会社に勤め始めます。自分自身、第一に給料面、第二に人間関係だと思いますが、約10年の間に離婚した事も大きく関係していますが、10回以上転職しています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/10 02:26:07
  • 終了:2006/05/17 02:30:03

回答(10件)

id:taka27a No.1

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/05/10 02:38:40

ポイント15pt

「転職すること」自体には特に問題はないと思います。が・・・

新しい人間関係の構築はさぞ面倒ではないでしょうか。御自分でも気付いておられない「人間関係が第一」ということはないですか??

http://employment.en-japan.com/?banner_id=ada

id:passion0517

初めての回答をいただき感謝してますので、参考になります。ありがとうございました。

2006/05/10 02:46:20
id:kaoru1107 No.2

kaoru1107回答回数138ベストアンサー獲得回数42006/05/10 06:51:05

ポイント15pt

転職回数が多い方の場合、比較的短期間の勤務で退職に至る可能性が高いのではないかと企業側も当然考えます。結果、時間をかけてじっくり取り組んでもらうような職場とか組織とかには配置しづあいものです。

そのために、ご希望されている職場環境が得られにくくなっていきがちだと思います。その悪循環が底流にあって「転職癖」は生じやすくなるのではないでしょうか。

企業の人事部門は10回以上の転職経験者は大抵書類段階で採用しません。但しそれは正社員採用についてですので、単年度契約社員の場合にはそれほどではありません。

過去の転職経験は消すことはできませんから、比較的ドライに組織から距離をおいて活躍できる就労形態のスタイルを目指されてはどうでしょうか。

http://employment.en-japan.com/?banner_id=ova

id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/05/10 03:46:12

ポイント15pt

http://www.tfp.co.jp/lifeplan/index.html

「人生設計」。出来ておられますか?

何を生き甲斐に、何を喜びに、何を目標に生きていくか。

それをしっかりと確立していくことが出来るなら、

「設計の骨組み」に関係ないことは、気楽に構えていいんです。

 

金銭を得るための仕事以外に自分の目標があり、

就業先なんてどこでも適当でいいんだ、というお考えなら、

本当の目標に向かっていくために有利な条件の職場を

転々としていったって全くかまわないわけです。

 

世の中にはいますよね。

作家を目指して、役者を目指して、ミュージシャンを目指して、

とりあえずの仕事で食いつなぎながら夢に向かって頑張っている人。

そういう人の転職は、「天職」への経過点に過ぎないんです。

ですから、転職ガンガン来い、ってなもんです。

 

しかし、人生の目標が自分の立場の社会的安定や

資産形成と直結する目標だった場合、

そういう人にとっての転職は、人生そのものを直撃する

ダメージにもなりかねません。

だから普通はみんな、転職には慎重になるわけです。

 

さて、ご質問者さんの「人生の目標」は、

金銭を得るための仕事の中や、その延長線上にあるのでしょうか。

それとも、自分の夢や目標は会社なんかの外にある、

と言いきれるでしょうか。

 

いずれにしても、人生の目標の照準がしっかり定まっていれば、

転職を繰り返すにしてもそれを「癖」だなんて悩まないはず、

あるいは転職に対して極めて慎重な態度をとるはず、

そのどちらかになるはずです。

 

そのどちらでもなく「転職癖」をお悩みのようでしたら、

とにかく自分の人生の夢や目標を明確にしていくことから始めましょうよ。

そして、自分の立てた目標が立場の安定や資産形成と直結するものなら、

目標を見定め直すほどに、一つの職場で努力していくことの価値が、

自然と意識づけられ、重視されてくるはずだと思います。

id:passion0517

とても参考になる回答にとても感謝します。このサイトは昨日始めたばかりで、回答を見るのに少し勇気が必要でした。...今年で37歳になりますが、目標設定とは自然にできるものと思いながら、ここまでズルズルと生きて来た気がする今日この頃ですが、前職よりも状況は厳しくなりそうな営業職で、今度こそはと人間関係構築に努力していきたいと思っています。よきアドバイス、本当にありがとうございます。

2006/05/10 09:13:31
id:utena10 No.4

utena10回答回数21ベストアンサー獲得回数02006/05/10 03:13:22

ポイント15pt

「転職」回数は少ないですけど、私も何回かしています。

私自身は自分が転職することを特に問題ないって思ってるのですが、そういう状況が気になるのであれば、カウンセリングとか受けてみればどうでしょう?

カウンセラーの人の資質や相性にもよりますが、

根本的に気になってるところが見えてくるような気がします。

http://coach.client.jp/

id:take4xp No.5

take4xp回答回数126ベストアンサー獲得回数42006/05/10 09:21:36

ポイント15pt

転職癖ですか?

簡単ではありませんが、いくつもグループ会社を持っている企業に就職する。

スタッフサービスや、メイテックなどのような企業に正社員で就職し、仕事先の企業を頼み込んで、3年単位ぐらいで変えてもらう。

私の場合、3年しか持ちませんでした。

が、会社側が2~3年周期で、職場を変えてもらえたので、気分も変わり、就職した企業は退職せずに済みました。

だから、企業内転職癖がついてしまい。配属を変えてもらえないとつらいです。

このあたりは、同じ環境といえると思います。

http://next.rikunabi.com/

今回は、転職サイトをのせておきますが、小さい会社でもグループをお持ちの会社はあります。気長に探してはいかがですか?

id:nano327 No.6

nano327回答回数759ベストアンサー獲得回数352006/05/10 09:45:40

ポイント15pt

まず、質問文を拝見して感じたのは、10年で10回以上転職の経験をしているのに次が見つかっていてすごいなあという思いでした。

就職活動をしていれば前職の退職理由や転職理由を聞かれるでしょうし、回数が多ければ求人する側もあまりいい印象を持たないと思えます。

10数年前のバブル期は仕事がすんなり見つかりましたが、この10年の間は求職者にはあまり良い世の中ではなかったと思います。

それでも次々と見つかるのですから、よほど何か素晴らしい資格などを持っているか、人が嫌う仕事を妥協して選んでいるのでしょう。

「給与面」を第一に考えていらっしゃる様子から、もしかしたらご自身は今まで経験してきた仕事を選んだ時、その業種に対して抵抗はあるけれどまずは収入を安定させたいという思いが強く、妥協して選んだのではないでしょうか。

自分のしたい仕事を探せば、多少でも忍耐力が働いて持続するものですが、収入第一で業種に妥協すると何かにつまずいた時、つい、「また収入の良い別の所を探そうか」という気持ちになって転職を繰り返しているように思えます。

新しい仕事も同じような条件で探せば、また同じ繰り返し。

きっと、ご自身で希望されている職種から遠かったのではないですか?

逆にどんな仕事がいいのか明確なビジョンがないまま就職しても同じことが言えます。

生活する以上、収入の安定性は必要ですし、よりよい環境での仕事は人間関係が大切ですが、まずはどんな仕事がしたいかだと思います。

http://www.tensyoku-jiten.com/knowledge/know001/

id:z_yasu No.7

z_yasu回答回数5ベストアンサー獲得回数02006/05/10 10:05:32

ポイント15pt

私見ですが、「転職」には、2通りのものがあるともいます。

1、現状がイヤで、逃げるように転職をする。

2、自分のステップアップとして、今までのキャリアを生かしてより良い職場探しとして転職する。

だと思います。

私も数回転職していますが、”第一に給料面”とありますが、転職を繰り返すだけでは、間違えなく上がっていきません。(一生懸命やっていれば給料は後からついてくる!)自分にどれだけの価値があるのかを見たほうがいいかも...”第二に人間関係”ですが、会社は組織ですので、どこも同じです。どこにでも、良い人も悪い人(気が合う人、合わない人)はいます。それがいやな人は、自分で会社を作るしかないともいます。(自分でやれば、自由にやれますし、苦労も分かると思います。)

結論、いまは、(ポジティブに)自己研鑽が必要だと思います。

年齢的に、下の人をひっぱて行く立場なのかなと思い、このHPを紹介します。

http://www.blwisdom.com/

id:nagaoka45 No.8

nagaoka45回答回数6ベストアンサー獲得回数02006/05/10 21:42:04

ポイント15pt

「第一に給料面、第二に人間関係」ということですが、仕事が楽しければそれらに満足いかなくても長く続けられるのではないでしょうか。

業界研究をしっかりして自分が本当にしたいことを追求してみるのも手だと思います。私は就職した後でその仕事がイメージと違い後悔するのはいやなので、その部分はしっかりとやっています。

本や就職サイトなど、業界研究をできるものはたくさんありますが、私は個人の方が書いたブログを読むようにしています。

例えば広告業界の営業になりたければ、その仕事をしている方のブログを見るという形です。その業界の人がかかえる仕事の悩み、仕事のやりがいなどがリアルに分かります。

http://osusume.deji.jp/

id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/05/10 22:05:23

ポイント15pt

http://www.cafeglobe.com/cafe/forum/archive/D27_6.html

実際、日本の社会がそうなので、その中にいると見えなくなると思いますが、人間は会社人である前に、人間として生きる権利が与えられる必要があるのです。仕事は生活の術に過ぎない。その中で仕事に打ち込みたい人はそれでいいとことであり、それは「仕事人間と生きる」とした「選択」であるべきだと私は思います。

→これをどう考えるかですね。

人生は仕事が全てで、転職を繰り返す人間は優柔不断であり、将来を見据える能力がないと判断するのか、人間は生まれたには、自己実現をすべく行動すべきであり、仕事は自己実現をするための資金調達手段であり、そのためには転職も厭わない、と考えるかです。

私見を言えば、人間は自己実現をするために生まれてきたのだから、自己実現をするためであれば、転職も厭わないと言う考えでいいのではないでしょうか。

但し、転職に当ってはポリシーが必要ですね。ただ単純に嫌だから、とかでは駄目ですよ。人間生きていくうえで、趣味により自己実現をする場合でも、直面する課題は常にあるため、当該課題を如何にして克服するかを事前に講じたか否かですね。課題克服に際し、自己実現を犠牲にしなければできないから、転職する、これならいいです。単純に人間関係が上手く行かない(相応の努力をしても駄目なくらい酷い職場は別)とか、作業効率向上の術がわからないというようだと、単なる自分に対する甘えに過ぎないからです。

id:daidaburu No.10

daidaburu回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/05/11 21:22:24

ポイント15pt

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』という本を読んだことがありますか?小冊子で本屋など店頭で買うことは出来ませんが読んでみてはいかがでしょうか?

http://www.h3.dion.ne.jp/~energy/

五日市剛さんという方の講演録なのですが、読むと元気になります。うちの会社でも何人もが読んで変わってきたような気がします。

感謝します、ついてます、ありがとうございます。という言葉を口癖にしましょうというようなことで、な~んだと思われるかもしれませんが、なかなか馬鹿にできません。

「プラス発想」でなんでもとらえることで、本当に運が向いてくるのです。10回も転職できてツイてます。この人に会えて感謝します。文句を言っていただいてありがとうございます。というように言い続ければ何か変わって来ませんか?

新しい職場で心機一転頑張ってください!

  • id:sennakt
    あなたが、転職することをどうとらえているかが一番知りたいです。
    たくさん転職することは、悪いことではないと思います。
    しかし、もし自分で問題があると思っているなら、安易に転職はしないほうがよいかもしれません。

    シンプルにアドバイスすると、好きな仕事を探し出して、それを続けることがよいと思います。
    そうすれば、あなたのキャリアが積みあがり、給料も上がってゆく場合が多いでしょう。

    どのようにお考えですか?

    ちなみに、私は

    自己啓発本『今すぐ真ん中に飛び込め!』

    http://plaza.rakuten.co.jp/imasugu/

    というブログを書きました。
    これから仕事を始める人、自分のキャリアを磨き上げる人に向けて書いたつもりです。お時間がありましたら、のぞいてみて下さい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません