軍歌をカラオケで良く歌う軍歌大好き高校生です。

 やはり、軍歌をカラオケで歌うと右翼、軍国主義者、等と捉えられてまずいんでしょうか?
 よって
・軍歌を(カラオケでない所で)歌うことの是非。
・軍歌をカラオケで歌うことの是非。
・あなたが軍歌をカラオケで歌うような人をどう思っているか。どんな対応を取るか。
・あなたが軍歌に抵抗を持っているかどうか。

の四点を論じてください!

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2006/05/10 20:15:58
  • 終了:2006/05/17 20:20:03

回答(46件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
私は平和主義者ですが軍歌も歌いますよ TomCat2006/05/10 21:36:10ポイント6pt

・軍歌を(カラオケでない所で)歌うことの是非。

 歌はどこで歌おうが、他人に迷惑がかからない限り自由です。

 TPOさえわきまえれば、何の問題もないと思いますよ。

 

・軍歌をカラオケで歌うことの是非。

 場の雰囲気さえ壊さなければ問題ないでしょう。

 演歌を歌ってもアニソンを歌ってもいいような場なら、

 軍歌だって構わないはずです。

 

・あなたが軍歌をカラオケで歌うような人をどう思っているか。どんな対応を取るか。

 一緒に歌います。

 

・あなたが軍歌に抵抗を持っているかどうか。

 これは、歌というものをどうとらえるかという問題です。

 戦争という時代があった。

 たくさんの人が死んだ。殺して、殺された。

 それをしっかり記憶にとどめていくために最適な歌が、

 けっこう軍歌と呼ばれる歌には多いんですよね。

 

 「戦友」、「麦と兵隊」、「海ゆかば」・・・・etc.

 これらは今歌えば、軍国礼賛ではなく、

 こんなにも人の命が酷使され

 使い捨てられてきたた時代があったんだということ、

 こんなにも残酷な時代があったんだということを

 記憶から消さないための歌にもできるんです。

 

 軍歌を歌うことは「戦争を語り継ぐ」ことと同じです。

 私たちは戦争の経験がありませんが、

 歴史を知り、歌を知り、その歌が歌われた時代の心を知ることで

 戦争というものを疑似体験できるわけです。

 

 戦争を体験してきたお年寄りたちは皆、

 口を揃えて二度と戦争を起こしてはならないと言います。

 そして、死んでいった友を偲んで、

 軍歌を口ずさんだりするわけじゃないですか。

 軍歌は、けっして戦争礼賛じゃないんです。

 今の時代、これはむしろ「反戦歌」なんですよ。

 

 このへんをきちんと押さえて歌っていけるなら。

 軍歌はどんどん歌っていっていいと思いますよ。

TomCatさんの意見に賛成です goldwell2006/05/10 23:04:35ポイント5pt

> やはり、軍歌をカラオケで歌うと右翼、軍国主義者、等と捉えられてまずいんでしょうか?

戦後教育を受けた世代の中には、戦争に関わるもの全てが悪という考えに縛られた人は未だにいるでしょうから、人によっては右翼・軍国主義者と呼ばれる覚悟はしていた方がいいでしょう。

でもそれは偏見だとはっきり言えます。


戦争経験談や戦後しばらくの世相を描いた書籍を読むかぎり、戦争を経験した世代にとっての軍歌は、郷愁をそそる面が強いと思います。それだけ個人個人にとって良きにしろ悪しきにしろ(敗戦故に悪い面が多いですが)忘れがたい経験なのです。


提示された4つの質問について、概ねTomCatさんと同意見です。

ただ、定義について・・・厳密に言えば、軍によって作られたものが軍歌ですが、一般的には戦時歌謡や兵隊ソングなど軍隊や戦争、国体、国策等を歌ったものもまとめてみな軍歌とされているので、「軍歌とは○○だ」という言い方ってできない気がするんですね。

あいまいな言い方をすれば、"軍"歌ではなくて「かつて昭和初期によく歌われた歌」でしょうか。


たぶん軍歌を歌うこと自体、初めての人にとって非常に驚きを感じられるでしょうから、最初は受け入れられやすい曲をチョイスするってのはどうでしょう。

アニソンにしろ演歌にしろJ-POPにしろ我を通すだけでは嫌われるでしょうから、周りを気遣う心は何を歌ったって同じですよね。


ちなみに私は目覚まし用に携帯アラームで軍艦マーチを鳴らすことがよくあります。一発で起きられます(笑)

"軍"歌ではなくて昭和初期の歌 TomCat2006/05/11 00:15:19ポイント5pt

そうなんですよね。

軍歌と言っても、戦意発揚のために作られた歌もあれば、

軍国の世情を人々の心として歌ったものもあるわけです。

軍歌も含めて、大きく「昭和初期の歌」として捉えていった方が適切ですよね。

 

戦後教育を受けた世代の中には、戦争に関わるもの全てが悪という考えに縛られた人は未だにいるでしょうから、人によっては右翼・軍国主義者と呼ばれる覚悟はしていた方がいいでしょう。

でもそれは偏見だとはっきり言えます。

私も、そこを声を大にして言いたいんですよ。

そして、そういう偏見こそが、軍国主義を助長する、と。

 

たとえば日の丸、君が代。

これは今、平和を国是として生まれ変わった、

平和憲法を掲げる国の旗であり、歌なんです。

これこそ平和の象徴なんだ、という気持ちで旗を掲げ、

歌を歌ってこそ、二度と戦争を起こすまいという決意が

国民感情として高まってくるわけですよね。

 

それを、日の丸、戦争だ、君が代、封建制だと

いつまでも過去を引きずっていたら、

再軍備推進、軍国復古の勢力に、

日の丸君が代を取られちゃうじゃないですか。

国の象徴を、平和を願う国民の手で、しっかり握って行かなきゃ、

それこそ軍国に逆戻りです。

 

靖国だってそうですよ。

私たちは広島、長崎で非核反戦の決意を固めて、

そして靖国で不戦の誓いを固めていく。

あそこを右翼の場所だなんて嫌っていたら、

不戦の誓いの場がそっちに取られちゃいますよ。

 

軍歌だって、もう軍国主義者の手からは離して、

平和が好きな普通の人の手で握っちゃった方がいいんです。

 

昭和を語り継ぐ歌、戦争を語り継ぐ歌として、

あるいはもう昭和初期なんて私たちにとっては異国みたいなものですから、

異文化を感じる歌として歌っていってもいいですよね。

 

とにかく、軍国主義が、戦争が、という人たちこそ、

昔その象徴だったものを、平和を願う人の手に渡していくことを

考えていかなくちゃ嘘だと、私はそう思います。

ひねくれ者の意見です goldwell2006/05/14 00:50:31ポイント2pt

おそらくTomCatさんのご意見は偏りの無い、常識的で冷静な意見だと思いますし、賛同する人も多いのではないでしょうか。

私もそうですが、でもちょっとこういう考えも浮かぶのですよ。


「歌一つにしても、いつまで日本人は贖罪意識を持たなければならないのだろう?」


私なんかは「戦争に関わるものは全て悪だ!」なんて意見をリアルに聞いた世代で、反発もしましたが、最近少しは変わってきたような気がします。

それでも高校生であるKASU44さんが好きな軍歌を歌うにしても。「やはり、軍歌をカラオケで歌うと右翼、軍国主義者、等と捉えられてまずいんでしょうか?」と気にしている・・・。


別に今も昔も本当に戦争が好きな人って(少なくも庶民の中では)、ほとんどいないと思うのですよ。

どっかでアンケートでも見ればわかりますが、今抱えている外国とのトラブルにしたって、多くの日本人はいきなり戦争を!と考えるより、まず話し合いをっていう意見が多数ですよね。

例えば兵器を見たり模型を作る趣味を持ったり、私みたいに戦史に興味を持つ人はたくさんいますが、みなが戦争大好きってわけが無い(むしろ詳しいだけに批判的であったりする)。


前にも触れられていますが、軍歌と一括りされていますが、好戦的な歌ばかりでなく、むしろ戦いの哀しさを歌った歌だってあるんです。

先の戦いがあまりにも悲惨だったので、世代によっては軍歌を聞くと、あの時代が思い起こされるというのも充分にわかりますし、そういう人の前で歌わないのは、これはエチケットに入る部類でしょう。


要は親しい友人同士で入ったカラオケで軍歌を歌っただけでいきなり「もしかして戦争好きのウヨク(軍国主義者)かよ!」ってレッテル貼られる(誤解される)のってすごく嫌だな、と(極端な例で、アニソン歌ったら、ロリコン変態って呼ばれるのと同じくらい)。

まぁ半世紀以上前の歌なわけですから、「何だ、やけに古い歌をうたうな~」と思われる程度ならいいんですが。

右翼の演説の主張に理解は出来ますが。 ライ_タソ2006/05/14 23:48:59

やっぱり池袋などに出没する右翼の街宣車が軍歌の印象を下げているのではないでしょうか?

 あんなにガンガン流されたなら大半の人が軍歌を歌う人≒右翼と思ってしまうでしょう。

高齢者&隣人はどう考えているか? itarumurayama2006/05/11 08:34:13ポイント3pt

TomCat様どうもです。

軍歌について言えば、私も「歌うのは自由」というのが基本スタンスですが、

「戦争体験者の世代がどう感じているのか」

という点も押さえておきたいですね。

★当時は喜んで歌っていたのか?

★戦後スグの頃はどう感じたか?

★戦後60年経った今ではどう感じるか?

★自分の孫が歌うことについてはどう感じるか?

それこそ、以前「いわし」で問題提起した

「高齢者の記憶のアーカイブ化」の作業になります。

http://q.hatena.ne.jp/1144734414

この作業を早期化しないといけませんね。

孫に夏休みの宿題としてまとめさせる、というのは

いい案だと思っているのですが。

あと、戦争被害者であるアジア諸国の人が、

軍歌を聞いてどう思うのか、という視点が欠けていると思います。

当方が「これは反戦の願いを込めて歌っています」と説明しても、

うまく伝わらなければ「好戦歌」と誤解されるでしょう。

それこそ、「反戦の誓いのために靖国参拝している」の説明が

通用しない某首相と同じことになります。

残念ですが・・・ goldwell2006/05/11 09:09:53ポイント2pt

戦争被害者であるアジア諸国の人が、

軍歌を聞いてどう思うのか、という視点が欠けていると思います。

当方が「これは反戦の願いを込めて歌っています」と説明しても、うまく伝わらなければ「好戦歌」と誤解されるでしょう。

先の戦争に対する戦後の日本の姿勢について、アジア(関係があった南洋諸島の国も含め)と言っても、国ごとに受け止め方はかなり違います。

というか、中国・北朝鮮・韓国<>その他の国と言っていいくらい。

過去の例で言っても、前者3国にはいくら日本国民が誠実さともって訴えても、虚心を持って聞いてもらえる保証は少ないと思うのです(ごく一部の人を除いて)。

それぐらいかの国々の反日教育は徹底してますから・・・。


カラオケに話を戻しますと、もしその場に中・韓の人がいたら「軍国者だ!」と指弾されそうな懸念があります。

そこで「そもそも軍歌とは・・・、今の日本人としての考えは・・・」と説得するのは時間がかかり、根気がいりそうですが、そうやって個人の立場から相互理解が可能ならば、してみる価値はありそうです。

KASU44さん、頑張ってください(^^

結局「歌う目的」だと思うんですよね TomCat2006/05/11 14:10:40ポイント1pt

たとえば左翼の歌うインターナショナルだって、

あれは「軍歌」なんですよね。

解放軍は世界中、みんなあれを歌っていたんです。

 

「屍越ゆる我が旗 行く手を守る」

 

なんてね。「海ゆかば」と同じですよ。

 

問題は、歌う目的だと思うんです。

歴史をしっかりと受け止め、二度と戦争を起こさないという

きちんとした前提の元に歌っていく。

 

靖国だって、戦争のことばかり考えている政治家が行けば、

不戦の誓いなんて嘘だ、国内のナショナリズムを盛り上げるために決まってる、

と思われて総反発を喰らうだけの話で、

もし国連事務総長が来日の折に靖国に行ったとしても、

それは各国の無名戦士の墓などに参拝するのと

同じに受け止められるだけでしょう。

 

軍歌だって、自民党の政治家が歌えばアジア諸国猛反発でしょうが、

私たち国民が歌って反発されることはあってはならないし、

そう誤解される国民性であってはならない。

そこが大切だと思うんですね。

 

日本国民は二度と戦争を起こしたくないと思っている、

戦争の悲惨さを語り継ぐために軍歌を時々歌う。

世界中の誰から見ても客観的にそう思える国民性を

確立していくことこそが根本だと思うんです。

 

枝葉事の軍歌の歌唱程度で誤解されるなら、

そういう国の印象を「根本から」変えていくことが大切なのであって、

軍歌を歌うから誤解されるといった枝葉事に配慮しても

根本は何も変わらないということを認識すべきでしょう。

 

私は、そう思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません