n進数の概念と計算方法について分かりやすく解説してあるところを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/14 16:27:09
  • 終了:2006/05/16 09:38:34

回答(6件)

id:sokyo No.3

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952006/05/14 16:42:32

ポイント18pt

こんにちは。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/N進数

wikipediaから、こちらのページを。

n進数についてまとめられています。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:数の表現

こちらもご参照ください。

 

で、計算方法もそこに書いてあるので、見てみてください。

と書こうとしたのですが、wikipediaの書き方だと「わかりやすく」ないですね。

 

http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/nisinhou3.htm

ということで、こちらのページを見つけてきました。

これはわりと分かりやすいかと思いますのでどうぞ。

Googleで「進数 計算 方法 十進数 簡単」をキーワードに検索しています。

ここは二進数について取り上げられていますが、ほかのn進数でも同じです。

 

今回は調べられませんでしたが、学習参考書なども役に立ちそうですね。

書店などで見てみてはいかがでしょうか?

id:chemicom No.4

chemicom回答回数378ベストアンサー獲得回数192006/05/14 16:45:24

ポイント18pt

こちらはいかがでしょうか?

色付けされた表の部分と、その下辺りを見ると、意味や計算の仕方がわかると思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~AX2S-KMTN/ref/bdh.html

id:NAPORIN No.6

なぽりん回答回数4719ベストアンサー獲得回数8712006/05/14 22:42:36

ポイント18pt

ひとことでいうと、

十進法は9→10、99→100などで桁が1個あがりますよね。

でも人間の両手指の数である10を1セットにして桁をかえるのだなんて算数の神様の決めたルールじゃありません。みんながそうするからそうしてるだけ。

じゃあ、たとえばヒトデの国の「五」進法はどんなものになるでしょうか。



ひとでの国では4のつぎの数を10(ふつうでいう5)とあらわすのです。

11がふつうでいう6、12がふつうでいう7、13がふつうでいう8、じゃあふつうでいう9は?14ですね、そのつぎの数は?15だなんていいません、20(ふつうでいう10)とあらわします。これはヒトデ2匹分の足の数だから20なのです。

ずっと数えていって五進法44(ふつうでいう24)の次は100です。ひとでには5~9なんて数字がなくても、4の次の数でものごとをいったんくぎって考えるほうがやりやすいという癖があるのです。



同じようにカニ・タコ・クモの国で使うのは、7の次が10になる8進法、

イカの国では私たちと同じく9の次が10になる十進法、

などという数え方が便利でしょうね。



考えてみると、普段も、80秒は1分20秒で、1時間12分は72分だあ~、などとと換算していますが、これは無意識に「60進法」をつかっているのとほぼおなじことなのです。

欧米の古い数え方1ダース(12個)、1グロス(144個)などという12進法の考え方も、輸入ものの食料品売り場などでまだたまにみかけますね。

コンピューターでは2進法、16進法(これは1、2、3、4、5、6、7、8、9、a、b、c、d、e、f、10、11と数える方法)などがさかんにつかわれています。


http://d.hatena.ne.jp/NAPORIN/←ダミーです

id:clinejp

大変ためになりました。また別の形で質問します。

2006/05/16 09:33:51

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません