【川柳超入門書】

先にこのはてなで俳句の超入門を質問( http://q.hatena.ne.jp/1146832975 )
をさせていただいた者です。

俳句には季語が必要ですが、俳句を始めたばかりの87歳の(家内の)母は、それが
わずらわしいとのことで、甥がサラリーマン川柳の本を与えたところ結構気に入っているそうです。

そこで再度の質問ですが、川柳の超入門書(例えば、小・中学生対象の本など)で、現在購入可能な書籍を紹介してください。 ..

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/15 02:51:36
  • 終了:2006/05/22 02:55:02

回答(3件)

id:y202y No.1

ゆじ回答回数69ベストアンサー獲得回数62006/05/15 08:20:37

ポイント27pt

こんにちわ。

ご存じかもしれませんがこんなものもあります(ページ一番上)

http://www.goma-shobo.co.jp/jyanrubetuP/jitsuyosyo001.html

こちらは購入サイトです

http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0103588498


こういう考え方をすれば世界が広がり

日常の事からすらすらと川柳をかけるかもしれませんね

おもしろおかしくなってしまうかもしれませんけども

id:mkonomi

y202yさん回答ありがとうございます。

ネットから誕生した新形式の川柳ということですが、中学生から80代までの傑作、怪作を収録っていうのは良いですね。

元々のネット自体現存するのでしょうか?

2006/05/15 08:33:57
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/05/15 09:43:09

ポイント27pt

こちらはどうでしょうか

http://item.rakuten.co.jp/book/1164774/

一呼吸の詩といわれる川柳は、入り口はきわめて広く、親しみやすい文芸です。でも、続けるうちにその深さに気づきます。本書は、いま川柳を作っている人たちへ、「もういちど川柳を作りはじめたころを思い起こしてみよう」という提案です。テクニックを解説するだけでなく、古今の秀句を鑑賞しながら、何をどのように詠むかという目的をまずはっきりさせます。川柳という詩形を使ってオリジナルな自分史をつづる、そんな川柳の楽しみ方を、発見してみませんか。

id:mkonomi

aiainaさん回答ありがとうございます。

「川柳入門・はじめのはじめ改訂新版」の「はじめのはじめ」が良いですね。

参考にさせていただきます。

2006/05/15 10:47:39
id:taka27a No.3

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/05/15 15:00:59

ポイント26pt

http://www.cna.ne.jp/~h-kitano/tyosyo.htm

超入門ですが・・・

id:mkonomi

taka27aさん回答ありがとうございます。

「日本で唯一の子ども向け川柳入門書」だとか、本当の超入門書ですね。

87歳の(家内の)母もこのような書物を希望しているような気がします。さっそく、甥っこへ教えます。

2006/05/15 20:52:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません