区分所有法で使用される「別段の定め」の意味がわかりません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2006/05/16 11:38:17
  • 終了:2006/05/23 11:40:08

回答(6件)

ただいまのポイント : ポイント7 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
なんでもありってこと。 dummy20042006/05/23 10:25:20ポイント1pt
 
法令外の決め事 hd8832006/05/18 00:40:15ポイント1pt
法令で定められたものが「区分所有法」内の決定事項だとすると、双方合意のもとで決められた事柄が「別段の定め」になります。 たとえばマンションで「自転車置き場が有料2000円」と合意の元で決めると 自転車保管者 ...
本文とは違うもの eiyan2006/05/16 16:13:48ポイント2pt
本文の定めとは違う所の制定きまりだという事です。
管理規約の自由度を高める意味です。 Baku77702006/05/16 11:59:26ポイント1pt
 15条2項を除いて、管理組合が区分所有法と異なる管理規約を定めていいということです。  例えば、14条4項なら共有部分を支払い管理費の金額で持ち分を決めるという規約を作ったらそれが優先するということ ...
別段の定めを言い換えると規定だと思います。 tamo2_xvi2006/05/16 11:46:59ポイント1pt
http://www.houko.com/00/01/S37/069.HTM 区分所有法以外でも使われている『別段の定め』と言う 表現ですが、言い換えれば『規定』となるようです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません