こんど会社で裁量労働制を導入するとのことです。裁量労働制がなんたるかはイロイロ調べてわかったのですが、導入して「企業の生産性があがった!」とか「健康増進につながった!」とか事例がなかなかヒットしません。


ついてはうまくいった事例について教えていただけますでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/17 20:38:58
  • 終了:2006/05/24 20:40:02

回答(5件)

id:ssys No.1

ssys回答回数108ベストアンサー獲得回数22006/05/17 20:53:53

ポイント27pt

裁量労働制の成功事例としては、あまり表に出てこないですね!

http://www.jil.go.jp/mm/hrm/20021115.html


時間管理から仕事の質や成果を積極的で評価するため、裁量労働制導入前に目標管理制度などで評価基準ができていたり、評価し易い職種での成功事例が多いです。

id:dadaabc

ありがとうございます。なかなか出てこないですか。なぜなのですかね。

それでも成功事例が知りたいです。

どなたかしりませんか?

2006/05/17 21:42:40
id:kaoru1107 No.2

kaoru1107回答回数138ベストアンサー獲得回数42006/05/17 22:22:27

ポイント27pt

http://www.jri.co.jp/consul/column/data/453-takahashi.html

裁量労働制の普及が進む前に、ホワイトカラーエグゼンプションの方が市民権を得そうな勢いです。両者の違いは、あまりないようなものですが。

裁量労働制における成功事例、というものの定義が難しいと思います。

何をもって成功の成果とするかです。

WLBの効果を測る客観的な指標が一般化すればよいのでしょうが、そのようなものがあるとは思いません。

裁量労働制の発想原点は、時間単位で時間外手当を払おうとするとんでもないことになる業務について、使用者側の負担を一定の枠組みで軽減しながら、労働者保護とも整合するようにしようというところにありますから、実労働時間に対して時間外手当が抑制されていることくらいしか効果測定が難しいと思います。

それを成果として成功事例のアピールをするのは、どの企業でもウェルカムではないでしょうし、事例を報道するマスコミ業種の現場でこそ、この制度はよく用いられていることを考えますと、あまり事例が出回らないことも納得できるような気がします。

id:dadaabc

ホワイトカラーエグゼンプションですか。

なんだか裁量労働制との違いが良く判りません。

成果がわかりにくいですが・・・

なるほど。

2006/05/18 00:03:42
id:daiyokozuna No.3

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/05/17 22:53:33

ポイント26pt

見つからないくらい成功しないということですね。残念ですが不況期に思いつきで導入してしまった企業の代表「富士通」は、みんなのワライモノになってしまいました。↓

http://www.dentu-rouso.com/kumiaiin/f2.htm

こういう危険性もありますね↓

http://homepage3.nifty.com/licc/html/seikatsu/flex.htm

id:dadaabc

きた!不治痛

2006/05/18 00:01:50

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 Baku7770 2832 2531 181 2006-05-18 13:24:41
2 Baku7770 2832 2531 181 2006-05-18 14:01:30
  • id:ssys
    本来、人事制度は、企業の人事部が作成する物で、一部コンサルタントが手伝いをしています。
    人事は、会社が大きくなればなるほど重要になりますし、その会社の強み弱い露骨に分かるので、なかなか話には出てきません。

    一方、コンサルタントは、成功事例として出しますが、肝心な部分は飯の種なので出せない+顧客との守秘義務があるので出しにくいです。

    普通、企業の人事部長が 人事について話してもお金になりませんから・・・・

    出るとしたら、大手の人事畑の人が退職して本を書くときか、中小企業診断士の営業の時だと思います。

    そもそも、完璧な人事制度なんてありませんから、どこかに負の部分が出てきます。いい面ばかり強調すると負の部分が目立ってしまいます。
    結果、企業としては、目立たないのが、一番です。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません