民法719条1項後段で、加害者不明の共同不法行為において損害を被ったことは明らかだが、複数の損害について、それぞれ共同不法行為者のうちの誰による加害結果なのかわからない時に、全員に共同責任を認めると規定しているのに、

同条1項前段の、狭義の共同不法行為が成立するためには、共同不法行為者の各人の行為と損害はすべて因果関係で結びついていなければならないとする説が判例・通説であるのはなぜですか?

誰による加害結果なのかわからなくても、客観的関連共同があれば共同不法行為責任を追及できるとする719条1項後段についての判例の見解と矛盾するように思えるのです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2006/05/19 06:04:02
  • 終了:2006/05/26 06:05:03

回答(10件)

ただいまのポイント : ポイント18 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
思うに hukuoka012006/05/19 18:20:21ポイント9pt
因果関係の証明を被害者に求めた場合、被害者保護に欠けるからと 考えます。 注釈民法(19)326Pにおいても (2)加害者不明の共同不法行為につき、「この種の被害にあっては、加害者の証明が出来ないために被害者の ...
すみません。質問の仕方が下手なので伝わらなかったのかもしれません。 orph2006/05/20 23:30:44
719条1項後段の「加害者不明の共同不法行為」の場合は、損害が共同不法行為者の中の誰による加害結果なのかわからないので、その挙証責任を共同不法行為者全員に転換した、ということはわかるのですが、 因果関係の ...
719条1項前段と後段 sptmjp2006/05/24 00:19:53ポイント3pt
①について それ以外にも因果関係の緩和すなわち >> 各人の行為と直接の加害行為の間に因果関係があり、そこに共同性が認められれば、共同の行為という中間項を通すことによって損害の発 ...
回答していただきありがとうございます。 orph2006/05/24 08:15:19
①について 私は、因果関係の緩和という意義は、 1項後段の加害者不明の共同不法行為や、2項の教唆・幇助の場合のための意義だと思います。 >> 各人の行為と直接の加害行為の間に因果関係があり、そこに共同性が ...
719条一項後段 sptmjp2006/05/25 06:27:17ポイント2pt
②について >> 因果関係が明らかならば原則どおりその立証責任を被害者に負担させてもよいだろう、それが不明ならば因果関係は存在するものと推定した上でその不存在を加害者に負担させるのが妥当であろうということ ...
私の考えの根拠はこうです。 orph2006/05/25 16:35:45
無資力者がいた場合、その無資力の負担をほかの加害者に負担させるために加害者に連帯責任を課して被害者の保護を図るという719条の趣旨から考えると、 各行為と各損害の因果関係が証明できたとしても、そのことで逆 ...
719条前段と709条 sptmjp2006/05/25 06:05:45ポイント1pt
>> ①について 私は、因果関係の緩和という意義は、 1項後段の加害者不明の共同不法行為や、2項の教唆・幇助の場合のための意義だと思います。 << いえいえ、1項後段や2項の教唆・幇助とは関係なく1項前段の場 ...
ご参考までに kumonoyouni2006/05/23 18:21:16ポイント2pt
http://www2.kobe-u.ac.jp/~yamada/02dc3/02dc324.pdf についての見解が参考になるかと思いますが、いかがでしょうか?
回答していただき、ありがとうございます。 orph2006/05/23 21:46:54
大阪地判平成7年7月5日の結論が、参考になりました。通説よりも妥当な考え方だと私は思いました。
実際の判例を参考にされてはどうでしょう? kumonoyouni2006/05/19 18:28:42ポイント1pt
受験勉強ですか?解釈や学説にはいろいろあるとは思いますが、過去の判例をいろいろ調べると参考になると思います。 例えば http://www.thefuture.co.jp/hanrei/2003/19.html の最高裁での判決。基本的に最高裁までいった判決は、 ...
  • id:sptmjp
    頂いたレスポンスを読み込んでいるうちにタイムアップになってしまいました。


    これ以上の学説的な議論はここよりもここの方がお勧めです。
    http://www.sun9.info/~get/wforum.cgi
    ご参考までにどうぞ。
  • id:orph
    議論をしているうちに、自分の考えも整理されていきました。ありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません