function mail_to_pre_member($userdata){

$to = $userdata['username'];
$subject = "会員登録の確認";
$message =<<<EOM
{$userdata['username']}様
会員登録ありがとうございます。
下のリンクにアクセスして会員登録を完了してください。
http://{$_SERVER['SERVER_NAME']}/pre_confirm.php?username={$userdata['username']}&link_pass={$userdata['link_pass']}
このメールに覚えがない場合はメールを削除してください。
EOM;
$add_header = "";
mb_send_mail($to, $subject, $message, $add_header);
}

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/05/19 10:15:09
  • 終了:2006/05/19 13:02:49

回答(1件)

id:yuuboku No.1

yuuboku回答回数19ベストアンサー獲得回数22006/05/19 10:54:20

ポイント60pt

質問文がコードのみで、「このコードをどうしてください」という指定がございませんが、今までの質問を見るに解説をお望みのようですので、そのようにさせていただきます。

これは、仮の会員登録を行ったユーザーに対して、本登録用のリンクの含まれる確認用メールを送信するための関数と思われます。順に見ていきましょう。

function mail_to_pre_member($userdata){

mail_to_pre_memberという関数を宣言します。引数を変数$userdataとして受け取ります。

$to = $userdata['username'];

$subject = "会員登録の確認";

メールの宛先と件名を一時的に変数に格納しています。宛先は$userdataの中の連想配列から'username'というキーに対して入っている値で、これを$toに代入しておきます。「会員登録の確認」という件名を$subjectに代入しています。

$message =<<<EOM

{$userdata['username']}様

会員登録ありがとうございます。

下のリンクにアクセスして会員登録を完了してください。

http://{$_SERVER['SERVER_NAME']}/pre_confirm.php?username={$userdata['username']}&link_pass={$userdata['link_pass']}

このメールに覚えがない場合はメールを削除してください。

EOM;

$messageにメールの本文を代入します。「<<<EOM」はヒアドキュメントという方式で、「この次の行から『EOM』という文字が出てくるまでを変数に代入しなさい」という意味になります。

「http://」で始まる行は本登録用のURLを生成しています。$_SERVER['SERVER_NAME']はPHPスクリプトを設置しているサーバの名前で、この中のpre_comfirm.phpにアクセスするようになります。変数としてユーザの名前とlink_pass(よくわかりません)を渡しています。

$add_header = "";

メールに追加するヘッダがあればここに書きます。特に無いので空白と思われます。

mb_send_mail($to, $subject, $message, $add_header);

}

mb_send_mail関数を用いてメールを送信します。関数は以上です。

#あくまでも私見ですが……ひとつのコードを細切れにして何度も質問されても、プログラム全体の流れや関数同士の関係が読みにくく、回答がかなり困難です。サンプルコードとのことですが、もしネット上にソースが存在するのであれば、そのURL等を示していただければ、回答も受けやすいかと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません