制作会社の下請けをしている個人でデザイナーが制作した印刷物で、後日誤植などが発覚し、印刷物の刷り直しになった場合、それは個人デザイナーの責任になりますか? 刷り直し金額を負担するべきなのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2006/05/19 12:15:33
  • 終了:2006/05/26 12:20:03

回答(10件)

ただいまのポイント : ポイント12 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順
全額製作会社の負担 kurukuru-neko2006/05/19 13:44:05ポイント2pt
デザインは、情報青果物作成委託に該当する。 デザインを受領したか印刷物にしている事になる 従って不当なやり直し等の禁止(第4条第2項第4号) 費用に関してはデザイナはデザインを委託されたのであり 印刷 ...
下請法 ryoko_7jp2006/05/22 13:44:02
URL拝見しました。参考になります。じっくり読んでみようと思います。ありがとうございました。
一部訂正 kurukuru-neko2006/05/19 13:47:07ポイント1pt
訂正: デザインを受領した後に、印刷物にしている事になる
個人か法人かでななく ししゃ2006/05/19 12:34:04ポイント2pt
発注した側の構成ミスと言う過失もある以上、 納品された品にOKを出した時点で金銭的保証責任は無いのではと思います。 改めて校正のお知らせなどを無償でさくせいさせるなどの責任のとらせ方になるのではないで ...
そうですね・・・ ryoko_7jp2006/05/22 13:42:52
ただ発注側が校正の責任があるとあまり認識していないので、ちょっと困っています。もう少し話してみます。ありがとうございました。
 最後の“校了 or 責了”責任者は誰か? adlib2006/05/19 14:44:44ポイント3pt
 ふつう、印刷物の発注者は、最終稿を見る権利と義務があります。  ここで朱が入って“校了”となり、おまかせなら“責了”です  つまり「このまま印刷してもよろしい」という暗黙の慣例です。    制作会社の ...
今後の業務を考えると tamo2_xvi2006/05/19 16:39:38ポイント1pt
法律上の責務はやはり発注者が校了を出した瞬間に 移ると思います。 しかし今後お付き合いをなくしたくない場合には、折半って事で 示談した方が禍根を残さなくて良いと思います。
ですね。その人一人でかかわったわけでもないでしょうし・・・ taka27a2006/05/19 14:54:28ポイント1pt
ただ親会社(最終的な注文者)からすれば、その直接の契約者に責任追及するのが筋になりますね。
下請法違反だね l-lol-l2006/05/19 13:49:34ポイント1pt
T/O
校正紙を la_metafisica2006/05/19 12:30:56ポイント1pt
誰が見て、誰が責了したのか。元請けの制作会社が責了したのであれば、大部分はその制作会社が負担すべきモノだと思います。またキチンとコピーライターと組んでの仕事でしたら、そのライターの責任でしょう。ただ、 ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 個人的意見 takntの作り話 2006-05-19 12:28:25
    下請けが 刷り直し金額を負担することなんてありえない話だ。 100万部刷ったら、100万部刷りなおしか? 市場に出回ってしまったら、回収するのか? 普通そんなことはしない。 出
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません