家庭で溶接って出来るんですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/20 16:45:15
  • 終了:2006/05/27 16:50:04

回答(10件)

id:pxb12663 No.1

pxb12663回答回数395ベストアンサー獲得回数142006/05/20 16:47:20

ポイント15pt

http://www.nakatomi-sangyo.com/pro_takujyo/naw-40.html

家庭用溶接機があります。

電気代がかなりかかりそうですけど・・・。

id:hiroshi35 No.2

hiroshi35回答回数37ベストアンサー獲得回数12006/05/20 16:50:05

ポイント15pt

アーク溶接なら手軽にできますよ。

http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm

id:ootatmt No.4

ootatmt回答回数1307ベストアンサー獲得回数652006/05/20 16:56:34

ポイント15pt

http://store.yahoo.co.jp/iimono/77329-0000001.html

100Vの溶接機を買えば出来ますよ。

ただし、あまり長い時間連続して溶接したりは出来ません。

また実際の使用時にはブレーカーの容量をよく確認して使用してください。

id:daiyokozuna No.5

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/05/20 17:01:53

ポイント15pt

http://www.geocities.jp/taka_laboratory/20050916-weld/weld-tool....


ただ、いかんせん家庭用ですからげんどがあります。

id:aiaina No.7

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/05/20 17:55:50

ポイント15pt

http://www.jkdp.com/hint/100Vwelder02.htm

細かい溶接面の調整が面倒だったり、又は不可能であり使い道が限られてしまうわけです。

熱処理してある個所や材料に関しては、溶接の際の高熱で熱処理が無効になってしまう場合もあるので、注意が必要です。 下手に自分で作業して深刻な事態にならないとも限りません。 特に主要な部品は、命に関わるモノなので慎重に判断して下さい

id:pikupiku No.8

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732006/05/20 18:02:59

ポイント15pt

http://www.jkdp.com/hint/100Vwelder.htm

2mm~5mmくらいの鉄、ステンレスなら問題ないそうです。腕がよければ結構使えそうですよ。

id:miharaseihyou No.9

miharaseihyou回答回数4545ベストアンサー獲得回数5702006/05/20 23:10:30

ポイント15pt

http://www.monotaro.com/

出来ますが三つ注意点があります。

ひとつはootatmtさんが指摘した、電源の容量の問題。最低でも1kwは確保すべきでしょう。ブレーカーが跳んでくれればまだ良いのですが、配線が加熱しすぎると発火する可能性があります。出来れば専用で2kw以上確保してください。

もうひとつは、熱に対する養生です。溶接部分は数百度以上になりますので、暫くは可燃物が触れれば発火します。垂れ落ちた溶鉄は移動しながら熱を分散させようとします。最も注意すべきが、スパークの火花です。何も無い場所だと10m以上飛ぶことがあります。自動車の窓ガラスなど表面処理に点々と痕が付きます。かなり離れていても燃え易いものだと火が点きます。目に入ると失明の危険すらあります。床はコンクリートか鉄板で、周りはコンパネで囲うのがセオリーでしょう。

三つ目は光に対する養生です。本人が溶接面を着けるのは当然ですが、周囲の人が溶接の光を見ないように注意すべきです。長時間だと視覚に異常が発生して、なかなか直りません。

確かに不可能ではありませんが、事故の危険性を充分に認識して行うべきだと思います。

id:chage0_0 No.10

chage0_0回答回数51ベストアンサー獲得回数02006/05/20 23:35:04

ポイント15pt

http://www.yahoo.co.jp

うちには2kwの電源装置まで設置してやってます。

結構便利ですよ

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません