■仕事における手段と方法の違いを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/21 12:08:26
  • 終了:2006/05/28 12:10:02

回答(6件)

id:taka27a No.1

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/05/21 12:15:21

ポイント60pt

辞書的には両者とも区別はなさそうですが、

方法=目的とする結果にたどりつくための、幾つかある筋道

手段=方法を具現化する道具、さらにはその使い方

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CA%FD%CB%A1&kind=jn&m...

id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/05/21 16:45:49

ポイント10pt

手段は具体的な行為・方策をさし、「方法」は一つ一つの手段を総合して効果的に動かすやり方をさすといえる。

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%bc%ea%c3%ca&dtype=0&stype=...

id:aoun No.3

aoun回答回数276ベストアンサー獲得回数92006/05/21 15:00:01

ポイント10pt

以下私の考えなんですが、

①手段

 例えば、次のような場合があるとします。

 悪徳会社が不正な営業によって、数十人の貧しい市民に詐欺的

 商法を用いて、総額数億円を騙し取ったとします。

 金融商品などですね。とある素晴らしい弁護士がその被害者の

 担当をして、裁判で闘っている、とします。

 ところが、悪徳会社は脱税もしていました。国税局は、法律に

 基づいて、悪徳会社から債権の優先権を行使して追徴しようと

 しています。悪徳会社は国税の追徴を払ってほぼ倒産する見通

 しになっています。現在です。

 そこで弁護士はどういう「手段」で闘うのか一計しました。

 国税局に乗り込んで交渉し、裁判での一時的決定が出るまでの

 期間、追徴を待ってくれ、と要請しようとしました。

 国税としては、法に基づいてのことなので、詐欺被害者の救済

 は自らの業務ではありませんから、当然、国税追徴を優先させ

 ようと強行姿勢でしょう。そのことを弁護士は重々承知してい

 ましたが、弁護士は「手段」はそれしかない、と考えていまし

 た…………。


②方法

 上司が部下に言いました。「おまえの言うこたあ、わかったよ」

 「でも、方法はどうするんだ?」「どうやってそのビジネスモ

 デルをルーティン化するんだ?、そこ、おまえ考えたか?」

 部下は言いました。「いえ、それはまだですが、考えはありま

 す」上司「そうか!、よしやってみろ。それを書類にして出せ、

 読んでやる。」と言いました。


結論

 「手段」は、理の外の方法論。

 「方法」は、理の内の方法論。

 両方とも、実行性、実効性、を問うもの。


人力検索はてな - ■仕事における手段と方法の違いを教えてください。

(ダミー)

id:kaoru1107 No.4

kaoru1107回答回数138ベストアンサー獲得回数42006/05/21 13:18:11

ポイント10pt

http://www.page.sannet.ne.jp/ntakaya/new_page_9.htm

http://www.jmrlsi.co.jp/menu/yousei/ss/ss01.html

勘違いだったら申し訳ないのですが、仕事においては、「目的と手段」「目的と方法論」の混同が議論されがちだと思います。

「手段と方法」のニュアンスの違いはあるかもしれませんが、仕事上でそれほど意味がある議論になるでしょうか?

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 たまご 5 3 1 2006-05-21 15:23:51
2 mo_ko_mo_ko 69 64 4 2006-05-21 18:08:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません