来月、経営者25人の方々の前でインターネット電話に関するセミナーを引き受けたのですが、初めてのことなので段取りなどわからないことだらけで、どうしようかと思案しております。

諸先輩方のアドバイスいただけませんでしょうか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/05/21 15:18:16
  • 終了:2006/05/21 22:44:17

回答(4件)

id:malonie No.1

malonie回答回数383ベストアンサー獲得回数72006/05/21 15:37:24

ポイント23pt

セミナーを受講するターゲットが経営者ということで

この受講者がどれくらいのスキルを持っているのかが重要ですよね。

ネットに関して全くの素人が1人でもいるのなら

ネットのしくみから説明されたら良いと思います。

プロジェクターが利用できる環境であれば

パワーポイントなどで資料作成をして、

当日、プロジェクターを使って解説すればいいと思います。

ネット電話(IP電話)と一般(NTT等)の違いと

ネット電話にすることによるメリット、費用的な問題等を

グラフ化して長期の見通しを一目でわかりやすくしてみてはいかがでしょうか?

当日、会場でネット電話を実験的に行う(体験してもらう)のも有効だと思います。

id:tochiki

そうですよね、受講者のスキルって全くわからない状況ですので、歴史、政府の動向、技術面、経費面など角度を変えて説明できるようにしてみます。アドバイスありがとうございます。

2006/05/21 15:53:26
id:yoneto164 No.2

ヨネちゃん回答回数813ベストアンサー獲得回数942006/05/21 15:45:13

ポイント23pt

とりあえず離れた拠点と実際に通信(電話)をするデモンストレーションが一番良いかと思います。

ただ、同一IPアドレス下では通信できない機種もあるかと思いますので、離れた拠点間で行う必要があるかも知れません。

通話品質の異なる商品が数種類あるなら、商品ごとにデモを行うと良いでしょう。

目で見て耳で聞いて触れて分かる商品ですので、さほど難しくはないと思いますよ。

本番で失敗しないよう事前にテストを行うことと、あとはカタログがあれば良いのではないでしょうか。

私の会社でも利用(リース)していますが非常に便利な装置ですので欲しい人は必ず契約すると思います。

ぜひ頑張って下さいね。

id:tochiki

今回、4拠点をVPNで結んでデモを予定しています。来週から準備に取りかかろうと思ってます。

本番で失敗しないよう準備したいと思います。

アドバイスありがとうございます。

2006/05/21 15:59:16
id:hinetk No.3

hinetk回答回数516ベストアンサー獲得回数362006/05/21 17:20:35

ポイント22pt

経営者がターゲットなら技術的な仕組みはさほど興味ないでしょう。

切り替えることによるメリット、デメリットをメインにして技術的な話題はさらっと流すべきだと思います。

具体的にコストがどのようになるかが一番関心が高いはずです。

後は障害時の対応対策について述べるのが良いと思います

id:tochiki

障害の対応って大事ですね。デメリットを理解していただける内容を考えてみます。

2006/05/21 22:28:19
id:AkiyoshiXP No.4

AkiyoshiXP回答回数7ベストアンサー獲得回数12006/05/21 21:06:21

ポイント22pt

(コンテンツについては上記の方々が触れてくれているので敢えて触れないものとして)

トップマネジメントを相手にしたセミナーを行う場合、伝え方が大切になってきます。特に今後につなげることを期待しているセミナーの場合には、望ましい手法というのが結構研究されています。

たとえば

1.あなたはそのセミナーを何人くらいのスタッフで開催するつもりですか?

2.参加者をサポートする体制は整っていますか?

3.25人という少人数で開催するメリットを最大限に発揮できますか?

ということがまず気になります。

この系統のセミナーにおいて考えられる失敗で一番多いパターンは「プレゼンテーションは成功したのだが営業にはならなかった」ということです。(そもそもこれが失敗だということに気づかない人もいますが)

仮にプレゼンがうまくいって、終わった後、興味を持った何人かがあなたのところに行ったとしましょう。

そのとき、あなたが既に何人かに囲まれていたら?

忙しいトップマネジメントは、あなたの情報だけもらいつつ、その場を後にしてしまうかもしれません。

導入しようか否か悩んでいた人も、「まあまたいずれ」と思っていなくなってしまうかもしれません。

経験的には、少人数対象の、密接なリレーションシップを目的としたセミナーには、5人に1人のサポートが最低限必要であると言われています。

他にあなたの部下・同僚・友人を4人程度連れてきて、セミナーのはじまる前に名刺交換をさせたり、あるいはプレゼンのほんの一部を担当してもらったりして、フォローにあてるべきでしょう。

id:tochiki

今セミナーは、営業中の印刷会社社長からの依頼で、出席される経営者は他県から見えられる印刷業界の方々です。私の思いは営業中の印刷会社は受注に結びつけたいと思っております。

ほかの企業様の場合、地理的問題で保守ができないため、ネットワーク設計まで対応可能な状況です。

スタッフの数ですが、準備で4,5人

当日、会場2名、デモ拠点2名で予定しております。

参加者をサポートする体制は整えていない状況です。

アドバイスを参考に、今一度体制を考えてみます。

2006/05/21 22:43:13
  • id:AkiyoshiXP
    営業中の会社の社長様が他の会社の方を連れてくるとは、ビッグチャンスですね! するとなおのこと、営業中の会社の方にtochikiさんが専念するためにも、サポート要員が必要かもしれません。
    健闘をお祈りしております。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません