狭義の法律学(法解釈学)において、何を持って通説とよびますか?


また、有力説と通説が入れ替わるのはいつですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2006/05/23 21:58:51
  • 終了:2006/05/30 22:00:03

回答(2件)

ただいまのポイント : ポイント2 pt / 50 pt ツリー表示 | 新着順
多くの学者が支持する学説を通説とよびます takezawa_kazuto2006/05/24 00:46:38ポイント2pt
まず「通説」ですが、一般に多くの学者が支持する学説を指します。より実際的に言えば、権威を持った(東大の先生など)学者の大多数が支持している学説ともいえます。 有力説が通説となる機会は 1.判例が有力説を ...
回答していただきありがとうございます。 orph2006/05/24 05:01:07
従来の通説の解釈では当事者にとって公平な結論を導き出せない事例が多くなる事をきっかけとして、 学会で条文の解釈について改めて話し合われた結果、有力説が通説となる事あれば、そのまま変わらない事もあるとい ...

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません