Delphi6 personal を使用しています。

マウスジェスチャー機能を搭載したい場合、どのように記述すれば良いでしょうか?
もしくはコンポーネントがあるでしょうか?


http://hp.vector.co.jp/authors/VA024591/archives/components/mousegesture.zip
↑に掲載されているコンポーネントはすでに見ましたので
別に有りましたら宜しくお願いします)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/24 15:31:21
  • 終了:2006/05/31 13:46:13

ベストアンサー

id:aki73ix No.2

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272006/05/29 17:59:13

ポイント100pt

Delphi6Proで作ってみました

最終的にWMRUを拾ってMZ配列を読んで処理すればよいでしょう

		type
		  TForm1 = class(TForm)
		    Memo1: TMemo;
		    procedure FormCreate(Sender: TObject);
		    procedure AppMessage(var Msg:TMsg;var Handled:boolean);
		    procedure WMRD;
		    procedure WMRU;
		    procedure WMM;
		  end;
		
		var
		  Form1: TForm1;
		  EX,EY,EZ,LST,MM:Integer; //マウスジェスチャー用変数
		  MZ: Array [0..8] of Integer; //ジェスチャー保存用
		const
		  MARG=8; //マウス感度
		
		implementation
		
		{$R *.dfm}
		
		function wsprintf2(Output:PChar;Format:PChar):Integer;
		  cdecl;varargs;external user32 name 'wsprintfA';
		
		//マウス移動
		procedure TForm1.WMM;
		var
		  t1,t2,X,Y:Integer;
		  MousePos :TPoint;
		  str: string;
		begin
		//マウスの座標取得
		  GetCursorPos(MousePos );
		  X:=MousePos.x;
		  Y:=MousePos.y;
		//マウスの移動絶対値
		  t1:=abs(X-EX);
		  t2:=abs(Y-EY);
		  SetLength(str,1024);
		  wsprintf2(PChar(str),'Mouse test %d %d[%d %d]',X,Y,EX,EY);
		  Caption:=str;
		//マウスの移動量が一定量か確認
		  if (EZ>0) and ( (t1>MARG) or (t2>MARG) ) and (abs(t1-t2)>MARG) then
		  begin
		    if t1>t2 then
		    begin
		      if (X<EX) and (LST<>1) then
		      begin
		        LST:=1;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end
		      else if (X>EX) and (LST<>2) then
		      begin
		        LST:=2;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end;
		    end
		    else
		    begin
		      if (Y<EY) and (LST<>3) then
		      begin
		        LST:=3;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end
		      else if (Y>EY) and (LST<>4) then
		      begin
		        LST:=4;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end;
		    end;
		    EX:=X;
		    EY:=Y;
		  end;
		end;
		
		//右クリック押下
		procedure TForm1.WMRD;
		var
		 MousePos:TPoint;
		begin
		    GetCursorPos(MousePos);
		    EX:=MousePos.x;
		    EY:=MousePos.y;
		    EZ:=1;
		    MM:=0;
		    LST:=0;
		end;
		
		//右クリック離
		procedure TForm1.WMRU;
		var
		 i: Integer;
		begin
		  Memo1.Clear();
		   if EZ>0 then
		   begin
		     EZ:=0;
		//ジェスチャーの検出
		     if MM>0 then
		     begin
		       Memo1.Lines.Add('マウスジェスチャー検出');
		       for i:=0 to MM-1 do
		       begin
		         if MZ[i]=1 then
		           Memo1.Lines.Add('LEFT[←]');
		         if MZ[i]=2 then
		           Memo1.Lines.Add('RIGHT[→]');
		         if MZ[i]=3 then
		           Memo1.Lines.Add('UP[↑]');
		         if MZ[i]=4 then
		           Memo1.Lines.Add('DOWN[↓]');
		       end;
		     end;
		   end;
		end;
		
		procedure TForm1.AppMessage(var Msg:TMsg;var Handled:boolean);
		begin
		//フォームとMemo1上のみ検出
		  if (Msg.hwnd=Form1.Handle) or (Msg.hwnd=Memo1.Handle) then
		  begin
		    if Msg.message=WM_MOUSEMOVE then
		    WMM()
		    else if Msg.message=WM_RBUTTONUP then
		    WMRU()
		    else if Msg.message=WM_RBUTTONDOWN then
		    WMRD()
		  end;
		end;
		
		
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject); begin //ハンドラの設定 Application.OnMessage:=AppMessage; end; end.

OnMessageでマウスの移動と右クリックを拾い、

Windowハンドルから、どのコンポーネントからのメッセージか判断した上で、処理することで実現できました

http://nifberry.727.net/test/hatena194.lzh

こちらのソースはホイールによるジェスチャ-にも対応させてみましたので参考にどうぞ

id:tian_x2001

ありがとうございます!

わざわざ私への回答のためにここまでしていただいたことに、感激しております!

さっそくこれから試してみます。

2006/05/31 13:45:05

その他の回答(1件)

id:f_0316 No.1

f_0316回答回数7ベストアンサー獲得回数02006/05/25 18:04:56

ポイント50pt

TTKMouseGestures というコンポーネントがあります。

id:aki73ix No.2

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272006/05/29 17:59:13ここでベストアンサー

ポイント100pt

Delphi6Proで作ってみました

最終的にWMRUを拾ってMZ配列を読んで処理すればよいでしょう

		type
		  TForm1 = class(TForm)
		    Memo1: TMemo;
		    procedure FormCreate(Sender: TObject);
		    procedure AppMessage(var Msg:TMsg;var Handled:boolean);
		    procedure WMRD;
		    procedure WMRU;
		    procedure WMM;
		  end;
		
		var
		  Form1: TForm1;
		  EX,EY,EZ,LST,MM:Integer; //マウスジェスチャー用変数
		  MZ: Array [0..8] of Integer; //ジェスチャー保存用
		const
		  MARG=8; //マウス感度
		
		implementation
		
		{$R *.dfm}
		
		function wsprintf2(Output:PChar;Format:PChar):Integer;
		  cdecl;varargs;external user32 name 'wsprintfA';
		
		//マウス移動
		procedure TForm1.WMM;
		var
		  t1,t2,X,Y:Integer;
		  MousePos :TPoint;
		  str: string;
		begin
		//マウスの座標取得
		  GetCursorPos(MousePos );
		  X:=MousePos.x;
		  Y:=MousePos.y;
		//マウスの移動絶対値
		  t1:=abs(X-EX);
		  t2:=abs(Y-EY);
		  SetLength(str,1024);
		  wsprintf2(PChar(str),'Mouse test %d %d[%d %d]',X,Y,EX,EY);
		  Caption:=str;
		//マウスの移動量が一定量か確認
		  if (EZ>0) and ( (t1>MARG) or (t2>MARG) ) and (abs(t1-t2)>MARG) then
		  begin
		    if t1>t2 then
		    begin
		      if (X<EX) and (LST<>1) then
		      begin
		        LST:=1;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end
		      else if (X>EX) and (LST<>2) then
		      begin
		        LST:=2;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end;
		    end
		    else
		    begin
		      if (Y<EY) and (LST<>3) then
		      begin
		        LST:=3;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end
		      else if (Y>EY) and (LST<>4) then
		      begin
		        LST:=4;
		        if MM<8 then
		        MZ[MM]:=LST;
		        Inc(MM);
		      end;
		    end;
		    EX:=X;
		    EY:=Y;
		  end;
		end;
		
		//右クリック押下
		procedure TForm1.WMRD;
		var
		 MousePos:TPoint;
		begin
		    GetCursorPos(MousePos);
		    EX:=MousePos.x;
		    EY:=MousePos.y;
		    EZ:=1;
		    MM:=0;
		    LST:=0;
		end;
		
		//右クリック離
		procedure TForm1.WMRU;
		var
		 i: Integer;
		begin
		  Memo1.Clear();
		   if EZ>0 then
		   begin
		     EZ:=0;
		//ジェスチャーの検出
		     if MM>0 then
		     begin
		       Memo1.Lines.Add('マウスジェスチャー検出');
		       for i:=0 to MM-1 do
		       begin
		         if MZ[i]=1 then
		           Memo1.Lines.Add('LEFT[←]');
		         if MZ[i]=2 then
		           Memo1.Lines.Add('RIGHT[→]');
		         if MZ[i]=3 then
		           Memo1.Lines.Add('UP[↑]');
		         if MZ[i]=4 then
		           Memo1.Lines.Add('DOWN[↓]');
		       end;
		     end;
		   end;
		end;
		
		procedure TForm1.AppMessage(var Msg:TMsg;var Handled:boolean);
		begin
		//フォームとMemo1上のみ検出
		  if (Msg.hwnd=Form1.Handle) or (Msg.hwnd=Memo1.Handle) then
		  begin
		    if Msg.message=WM_MOUSEMOVE then
		    WMM()
		    else if Msg.message=WM_RBUTTONUP then
		    WMRU()
		    else if Msg.message=WM_RBUTTONDOWN then
		    WMRD()
		  end;
		end;
		
		
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject); begin //ハンドラの設定 Application.OnMessage:=AppMessage; end; end.

OnMessageでマウスの移動と右クリックを拾い、

Windowハンドルから、どのコンポーネントからのメッセージか判断した上で、処理することで実現できました

http://nifberry.727.net/test/hatena194.lzh

こちらのソースはホイールによるジェスチャ-にも対応させてみましたので参考にどうぞ

id:tian_x2001

ありがとうございます!

わざわざ私への回答のためにここまでしていただいたことに、感激しております!

さっそくこれから試してみます。

2006/05/31 13:45:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません