故人の預金通帳、債券など間違って捨てた可能性があります。銀行名もわかりません。どうやったら調べられるでしょうか。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/25 15:54:43
  • 終了:2006/05/30 15:47:12

ベストアンサー

id:jump1 No.4

jump1回答回数216ベストアンサー獲得回数82006/05/26 02:37:54

ポイント34pt

片っ端から探す場合、銀行は支店単位で口座を管理しているようですので、支店ごとに問い合わせなければいけないと思っていたほうがいいです。

これはどこの銀行でもそうです。

まれに、地方銀行の支店や都市銀行のセンターによっては、故人の財産を知る必要性が遺族にあるわけですので、支店すべてを調べてくれるところもあります。しかし、そこまでしてくれる銀行は少ないです。

ちなみに銀行側が紛失の事実を伝えても、口座情報を開示しないということはしません。きちんと有無を教えてくれます。

まあ、金額によっては定期預金などの勧誘等はあるでしょうが、それをどのように運用するか貯蓄するかは、相続人の自由です。

そのまま現金として持って帰ることもできます。

問題は、見つかった口座の解約(故人の口座のため解約扱い)です。

亡くなった事実を銀行が知れば、必然的に口座は凍結するようになっています(銀行に債権があればこの時点で相殺します)。

これは、相続人の一部、もしくは部外者が勝手に相続財産を取らないためです。

従って、解約手続きをし、その財産を相続するには、相続人全員の同意書がなければ受け取れません。

もちろん、隠し子等の可能性もあるので、ほとんどの銀行では、戸籍謄本を提出するようにいわれます。特に個人情報の扱いが厳密になってからは、このあたりの必要な書類は厳しいです。

ですので、解約するまでが、ひと作業があると思ってください。

銀行がなにも渡したくないのではなく、財産分与のトラブルを防ぐための措置です。

id:simakoi

支店単位ですか。世界中から検索できる時代に。勉強になりました。ありがとうございます。

2006/05/26 10:24:30

その他の回答(3件)

id:maamaamaa No.1

maamaamaa回答回数266ベストアンサー獲得回数62006/05/25 15:59:37

ポイント20pt

銀行取引相談所にご相談されては?

http://www.zenginkyo.or.jp/torihiki/index.html

id:simakoi

ありがとうございます。

2006/05/25 17:41:52
id:RYUONE No.2

RYUONE回答回数138ベストアンサー獲得回数12006/05/25 17:09:05

ポイント30pt

取引を行っていそうな銀行を片っ端らから当たるしかないですね。

家族関係の証明があれば、取引を行っているかどうかは教えてくれるはずです。

もし貯金がある場合は以下の書類が必要になります。

 ・除籍謄本

 ・印鑑証明書(相続人全員のもの)

 ・相続の証明書類

 ・通帳、証券など(被相続人に関するもの)

 ・実印(相続人代表者のもの)

そして紛失の為、「遺産相続」するためには故人の生まれてからの全ての地の戸籍が必要です。各地の役所に行く必要がありますね。



よく聞く話ですが、故人の貯金を銀行側は遺族が引き出す方法があるにも関わらず、その方法を教えずに、銀行の運用資金として回し続ける方向へ持っていこうとします。

気をつけて下さいね。

id:simakoi

ご丁寧にありがとうございます。

2006/05/25 17:45:18
id:nischiura2006 No.3

nischiura2006回答回数734ベストアンサー獲得回数42006/05/25 19:54:45

ポイント22pt

http://www.ohzora-sogo.com/kojin/onayami.html

こちらで質問することができます。初回は無料だそうです。

上の方も仰ってるように、銀行は自行に有利になるようにしか取り計らいません。うまく見つかるといいですね。

id:simakoi

ありがとうございます。銀行で対応していただけなかったときの手段として覚えておきます。

2006/05/26 00:40:47
id:jump1 No.4

jump1回答回数216ベストアンサー獲得回数82006/05/26 02:37:54ここでベストアンサー

ポイント34pt

片っ端から探す場合、銀行は支店単位で口座を管理しているようですので、支店ごとに問い合わせなければいけないと思っていたほうがいいです。

これはどこの銀行でもそうです。

まれに、地方銀行の支店や都市銀行のセンターによっては、故人の財産を知る必要性が遺族にあるわけですので、支店すべてを調べてくれるところもあります。しかし、そこまでしてくれる銀行は少ないです。

ちなみに銀行側が紛失の事実を伝えても、口座情報を開示しないということはしません。きちんと有無を教えてくれます。

まあ、金額によっては定期預金などの勧誘等はあるでしょうが、それをどのように運用するか貯蓄するかは、相続人の自由です。

そのまま現金として持って帰ることもできます。

問題は、見つかった口座の解約(故人の口座のため解約扱い)です。

亡くなった事実を銀行が知れば、必然的に口座は凍結するようになっています(銀行に債権があればこの時点で相殺します)。

これは、相続人の一部、もしくは部外者が勝手に相続財産を取らないためです。

従って、解約手続きをし、その財産を相続するには、相続人全員の同意書がなければ受け取れません。

もちろん、隠し子等の可能性もあるので、ほとんどの銀行では、戸籍謄本を提出するようにいわれます。特に個人情報の扱いが厳密になってからは、このあたりの必要な書類は厳しいです。

ですので、解約するまでが、ひと作業があると思ってください。

銀行がなにも渡したくないのではなく、財産分与のトラブルを防ぐための措置です。

id:simakoi

支店単位ですか。世界中から検索できる時代に。勉強になりました。ありがとうございます。

2006/05/26 10:24:30

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません