35歳男性です。約10年前に奥から2本目をブリッジ治療しましたが、最近やむをえず奥の歯を抜かざるを得なくなり、今は2本無い状態です。

歯医者さんの説明によると、今後の治療として以下のように考えられるそうです。
1.何もしない
2.奥から2番目を延長ブリッジ(奥から3,4番目で支える)
3.部分入れ歯(といっても実際に見せられたサンプルはほぼ全体で支える)
4.インプラント
他の歯への影響度を考えると、1<2<3<4という順で理想的と思いますが、金額的にも比例して上がります。
それぞれ治療法にも一長一短や、向き不向きがあるのはわかります。ただ1は問題外だと思っています。
今のところ、入れ歯には抵抗あり、インプラントに傾いているんですが、迷っています。
そこで似たような経験をした人の話をききたいです。特にインプラントや部分入れ歯の治療中、後の経過についての経験談など。
よろしくお願いします。
※インプラントで検索して過去質問は一通り読みました。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/25 19:28:00
  • 終了:2006/05/30 00:03:15

ベストアンサー

id:kumonoyouni No.7

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/05/26 12:04:19

ポイント30pt

>むしろ、治療によってどういったことを体験されたかを知りたいです。

>kumonoyouniさんは、2番目を選んだということで、もし書いてあること以外に何かありましたら、面倒でも再度の回答をお願いしたいですが。


同じ悩みを持ったものとして、喜んでお答えします(^^


先生の方針や歯の状況にもよると思いますが、まず、治療の大まかな流れについては

1.歯石を綺麗にとる(重要)

2.歯の型をとる

3.部分入れ歯を入れるために隣の歯を少し削るかもしれない

4.部分入れ歯を入れてみて、その人の歯にあわせてひっかける金具の部分を調整する

5.しばらく使って問題ないかチェックする

でした。


(投稿者さんも猛省されたと書かれてましたが)

この間、先生に注意されたのは歯の磨き方についてです(苦笑)

おそらく投稿者さんの年代で小学校で習ったのは上下ゴシゴシ歯磨き法だと思われますが、この磨き方だけでは歯茎の部分に効果的でないので、歯茎の部分に刺激をあたえるように横磨きでゴシゴシしなさいといわれました。そしたら歯茎に栄養が与えられて強くなるからと言われました。


確かにその磨き方を教わって気をつけて磨くようになってから、自分で見ても次第に歯茎が全体的に綺麗にピンク色になって歯茎もくっきりしてきました。

私も歯磨きは改めて大切だと実感しました・・・(反省)


部分入れ歯の感想としてはだいたい先に書いた感想ですが、もう少し補足するなら、実感として一番感じるのは、寝る時ははずして水につけておくのですが、これまでそういう習慣がなかったので、朝起きてから入れる事を忘れて出かけてしまう点です(^^;

それと食事について食べ物によったら物が詰まったような感触があるので、歯ブラシ持ってない場合は食後はずして水洗いとうがいは必要かと思います。


ちょっとおじいちゃんみたいで抵抗感あるかもしれませんし(実際 私も思っていました笑)、そういう手間が面倒だと思う人はお勧めしないという話はよく聞くかと思いますが、私自身の使用感としては取り外し自体は非常に簡単だし、奥の方の歯なら見た目も健康の歯と分からないし、慣れてくれば想像していたほどではないなという感想です。


ただ私の場合は1本だったので土台が少なくて済みましたが、投稿者さんの場合奥2本並んでとなるんですよね?

その場合、ひっかける歯と土台がどれくらいになるのかよく分からないので何とも言えないところですが、場合によったら私以上の違和感を感じるかもしれません。


最後に投稿者さんの場合、長年の付き合いで全ての治療法など丁寧に説明してくれて信用おける先生のようですが、おまけとして他の方のためにご参考までに書きますと、歯医者さんによったら、部分入れ歯について説明すらしてくれない事もあります。そういう先生は必ずブリッジが一般的だとおっしゃいますが、個人的には明らかに手抜きで、建前上はいろいろ言えるんだろうけど、保険内で簡単に治療費とれるし、保険内の治療だとインプラントは高いので選ばないし、説明面倒だからという気持ちが強く働いているのだと思います。


実際、私が最初に言ってたところは部分入れ歯については説明してくれず、自分で調べて気がつきました。元々手先も器用そうでないなと思ってましたが、この件でこの歯医者はダメだとその思いを強くして転院しました。

(これがまた結構大きな歯医者で先生何人もいるようなとこだったんだよね)


以上、ご参考まで

id:nozora

再回答でご経験を詳細に教えていただき、非常にありがたいです。

部分入れ歯にしては、説明時にサンプルを見せてもらい、「えっ、こんなの入れるの?」って驚いたものです。

「慣れてくれば想像していたほどではないなという感想です。」

なるほど、意外と使い勝手が良いと。

やはり実際に使っている方の意見は参考になります。

前にも書きましたが、歯軋り対策の為に就寝時にマウスピースを使用していて、毎晩水につけたりする習慣はもうついていますんで、そのへんは大丈夫だと思います。

>歯磨き

約10年前の治療時までは、我ながら酷いもんでした。

その時の治療の合間に磨き方の指導その他いろいろと注意すべきことを教えられて、おかげで今はだいぶ心がけるようになりましたが、気づくのがもっと早ければこんなことにならずに済んだのに、と後悔しきり。

何度も思うけど、本当に歯って失うと取り返しがつかないものですねぇ。

2006/05/26 14:44:42

その他の回答(7件)

id:kumonoyouni No.1

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/05/25 20:28:56

ポイント15pt

私も同じように悩んだ経験あります。

私の場合、1本ですが治療済みの歯を治療中に歯が欠けてしまい抜歯せざるを得ない状況になりました。

行った歯医者が悪かったと思ったので、治す際には違う歯医者に行きました。

そこで同じような説明を受け、私自身も悩みいろいろ調べましたが

1)ブリッジ

 メリット

  しっかりと固定され、メンテいらず。

 デメリット

  奥歯の場合、保険内の範囲では銀歯になり、奥歯といえども見た目が悪い。

  健康な歯を削る事によるマイナス部分。

  ブリッジと支台歯の境目はむし歯になりやすく、今回のように同じ轍を踏む可能性がある

2)部分入れ歯

 メリット

  鉤歯を少し削るだけですむ。

  保険内で他の歯と見た目分からない歯が可能。

  もしこれで虫歯になった場合、今の保険制度なら無料で治療しなければならない(と先生がつぶやいてました 笑)

 デメリット

  慣れるまでに違和感あるかも。

  入れたり、はずしたりが面倒で、する事を忘れる事もあり。

  食べた際に間に詰まる事があるので、食後はずす必要あり。

3)インプラント

 メリット

  部分入れ歯のような違和感なし。

  見た目も綺麗。

 デメリット

  保険外で歯医者によって値段はピンキリ。

  細菌に感染しやすく自覚症状のないまま、骨まで感染が進行する場合あり。

長い目で見るとインプラントという選択肢も考えましたが、何せ高いので私の場合はちょっと面倒でも2)を選択しました。

とりあえず2)選んで、お金余裕できれば3)という選択肢もありかなと思ったので。

以上、ご参考まで

id:nozora

早速の回答ありがとうございます。

各治療のメリット・デメリットは私も自分で調べたり、歯医者さんから直に説明を受けたのであまり必要ではないです。

むしろ、治療によってどういったことを体験されたかを知りたいです。

kumonoyouniさんは、2番目を選んだということで、もし書いてあること以外に何かありましたら、面倒でも再度の回答をお願いしたいですが。

2006/05/25 20:54:56
id:greensward No.2

greensward回答回数12ベストアンサー獲得回数42006/05/25 20:49:12

ポイント30pt

治療費が出せるようだったら、インプラントを おすすめします。

ただ、お医者様選びは慎重になさったほうが良いと思います。

 ネット検索するとインプラントの失敗事例にもヒットします。

 私はほかの歯を削るのが嫌で(結局その歯の寿命を縮めることになりそうで)インプラントを選択しました。噛んだときに多少衝撃が直に伝わるような感覚がありますが、快適だと思います。(骨に直接くっついているわけですから当然ですが)特に奥歯の場合は、力がかかるわけですから、前の歯からのブリッジだと無理が来易いのではないでしょうか。

 部分入れ歯の場合はこの比ではなく違和感があるものと思います。

 インプラントにする場合は、治療計画やそういう不安点など、相談にのってくださるお医者様で、きちんと納得してからの治療をオススメします。

 良いお医者様も、今ひとつのお医者様もあるようですから。

お金とそれなりの治療期間と、治療後のメンテナンスが必須になりますが、インプラントにしてよかったと思います。

http://www.implant-expert.net/

インプラントをされている方のブログです

http://kirei2005.exblog.jp/

id:nozora

今のかかりつけの歯医者さんは、10代の頃から長年通っていて、信頼という面では大丈夫だと思います。

ところでその歯医者さんが言うには、ネット上ではインプラントの良い面ばかり強調されている、そうです。

「噛んだときに多少衝撃が直に伝わるような感覚がありますが、快適だと思います。」

なるほど、経験者ならではの感想です。ありがとうございます。

紹介されたURLは、後でじっくり見させていただきます。

2006/05/25 21:00:15
id:J_is_James No.3

J_is_James回答回数185ベストアンサー獲得回数12006/05/25 21:02:09

ポイント15pt

私は幸いにもインプラントせずにブリッジ?で済みました、、、

やはり、金額が一番のネックで、先生に無理?を頼んでインプラントはやめてもらいました。

もし、金額的になんとかなるのであれば、インプラントがお勧めです。

すごく調子がいいそうですよ。

http://www.yahoo.co.jp/(ダミー)

id:nozora

真ん中の一本だけならば、ブリッジにしたいですけど。金額的にも。

インプラントは確かに高い!あと期間もかかる!

でも手術さえうまくいけば、術後はいいとはよく聞きますね。

2006/05/26 00:08:08
id:simajiromaikeru No.4

simajiromaikeru回答回数81ベストアンサー獲得回数02006/05/25 21:12:23

ポイント15pt

初めまして。

そうですか奥歯とその手前の歯が無いわけですね。

歯学の専門です。

1.何もしない

これは、奥から3、4番目の歯が傾いて来て、後々将来のことを考えると、よくないです。また、反対の咬合歯が出てくるためやめたほうがいいです。


2.奥から2番目を延長ブリッジ(奥から3,4番目で支える)

 奥から3,4番目で支えるというのは、無理だと考えます。

 というのは、奥歯と奥歯から2番目の歯は、咬合圧(かむ力)が一 番かかる歯だからです。もし、支えようとすれば3,4番目の歯に 負担がかかります。のちのち3、4番目の歯を抜かなければなら い事態にもなりかねません。


 

3.部分入れ歯(といっても実際に見せられたサンプルはほぼ全体で 支える)

 抵抗はあるでしょうが、これが一番おすすめなんです。

 しかし、見かけの問題もありますし、若いので審美的な問題にな るとお勧めできません。

 もし、一番奥の歯が残っていれば大掛かりの入れ歯出なくて済ん だと思われます。

4.インプラント

 インプラントに心が傾いていらっしゃるとのことですが、

 インプラントもできる人とできない人がいます。

 それは、顎の骨の量によって決まります。

 さらに、期間は6ヶ月から1年くらいかかります。

 インプラントには保険が利きませんので高額になります。

もう一つだけ。奥歯、奥から2番目と歯を失われているようですが、

虫歯ですか?

いくら治療を頑張っても、虫歯になってしまってはまた同じことの繰り返しになってしまいます。

おせっかいかもしれませんが、プラークコンとロールを(予防歯科)をきっちりされている歯科にかかれば

奥歯を抜くこともなかったと考えます。

id:nozora

専門家の方ですか、ありがとうございます。

ただ、お書きになられている意見は、私が歯医者で説明を受けた内容とほぼ同様です。

ですので、以降は遠慮したいです。

3.部分入れ歯の見た目以外にネックになる点としては、反対側の歯でも支える為に削らなければならない。あと異物感に耐えられるか。歯茎に当たる部分がプラスティックより金属製の方が良いが、そうすると高額になる(35万だそうです)。あと言語不明瞭になり勝ち。

4.インプラント

質問の文字数制限で書けなかったのですが、約10年前の治療時に猛省して、以後まめに手入れし、定期健診にも真面目に行っているおかげか大きな虫歯はありません。

ただし激しい歯軋りをする癖があって、どうも奥歯の歯根にダメージを与えてしまっていたようで、痛みが止まらなくなり、抜歯する羽目となったのです。途中で歯医者さんからマウスピースを作ってもらいましたが、先延ばしできた程度でした。

だからインプラントにしたからこれで安心せず、より一層のケアを心がける必要はある、とは思います。

ちゃんと歯のケアをしない人は、次から次へと歯を失ってインプラントする羽目になり、何百万もつぎこまざるを得なくなるから、そういう人には私はインプラントは薦めないと歯医者さんは言われました。

2006/05/26 00:25:07
id:wasabiyama No.5

wasabiyama回答回数15ベストアンサー獲得回数22006/05/25 21:19:45

ポイント15pt

私の場合、奥歯を抜きました。

で、代わりに「親知らず」が生えてきてくれました。

空席になった箇所に、ぽこっと、うまい具合に。

23歳ぐらいのときだったと思います。

ただし、歯医者さんが事前にレントゲンを見て判断していたから、

よっぽどタイミングとか運がよかっただけかもしれませんが。

id:nozora

あ、それはまた変わったご経験をされましたね。

よほどカルシウムを豊富に摂っていたとか?

私も奥歯だけ、もしくは間の1本だけだったら、こんなに悩まないんですけど・・・

2006/05/26 00:27:28
id:simajiromaikeru No.6

simajiromaikeru回答回数81ベストアンサー獲得回数02006/05/26 02:52:50

ポイント30pt

2回目の回答です。

部分入れ歯にすると、健全な歯を削らなければなりません。

私も、本当にもったいないと思うのですが、

私が、あなたなら入れ歯を作ると思います。

ただ、金属床の場合(歯茎の部分が金属)保険が利きません。

35万円は高いですよね。

私が、学生の頃は大学病院にこられた患者さんは、保険が利く入れ歯を先生が、保険の利かない入れ歯を学生が厳しい先生の指導のもと製作しました。上下だったので、100万するそうです。ちなみに、先生が作った保険の利く入れ歯は2万8千円だったような。

勉強のために患者さんにお願いして作らせてもらいました。

もちろん、値段のことは言っていません。そして、入れ歯は製作して患者さんにプレゼントしました。

国立歯学部大学病院では、そんなラッキーなこともあります。

また、保険の範囲内の入れ歯でも手間ひま惜しまず、

丁寧なものをつくってくれます。

もし、お近くに歯科大学附属病院(国立)補綴科・入れ歯科がありましたら、行ってみるのも手かもしれません。

ブリッジにしろ、奥から3番目の歯、4番目の歯を削らなければならないのは確かだと思います。

これ以上歯を失いたくないと私だったら思うので、入れ歯にすると

思います。

インプラントの失敗をたくさん見てきたので、私は怖くてできません。親もしたがるのですが、勧めません。

入れ歯も、35万もするのではなくて保険のきくものを試してみたらどうでしょうか?

id:nozora

えっと、4番目の歯学の専門の方ですね。

実際に入れ歯を作ってらっしゃる経験からということで、そういうのも滅多に聞くことのない貴重なご意見、ありがとうございます。

>延長ブリッジ

simajiromaikeruさんの前の回答にて指摘された通りの説明を受け、既に被せる歯があるので金額はかからなそうとはいえ、リスクが大きいので、できれば選択したくない手段です。

出費は痛いですが、先は長いのでお金がかかる治療法もやむを得ないと思っています。

>インプラントの失敗

それは確かに怖いです。

失敗というと、手術自体の失敗と、手術は成功したけれど術後の本人のケアの怠り(もしくは合わなかった?)による悪化と両方考えられます。

そういう意味で経験談を聞ければと思って質問をしたわけですが。

>歯科大学附属病院(国立)補綴科・入れ歯科

家は埼玉県北部なんですが、国立大は群馬にしろ東京にしろ遠いです・・・

今の歯医者さんに不満や不安があれば、遠くても行ってみる気にはなるのですが、長年世話になっていて信頼はしているので、今からだと難しいところです。

今週初めに一度説明を受けましたが、次回の予約日に入れ歯/インプラント、二つの可能性として自分にとって、どちらが本当に合うのかもう一度よく話し合いたいと思います。

2006/05/26 11:59:41
id:kumonoyouni No.7

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/05/26 12:04:19ここでベストアンサー

ポイント30pt

>むしろ、治療によってどういったことを体験されたかを知りたいです。

>kumonoyouniさんは、2番目を選んだということで、もし書いてあること以外に何かありましたら、面倒でも再度の回答をお願いしたいですが。


同じ悩みを持ったものとして、喜んでお答えします(^^


先生の方針や歯の状況にもよると思いますが、まず、治療の大まかな流れについては

1.歯石を綺麗にとる(重要)

2.歯の型をとる

3.部分入れ歯を入れるために隣の歯を少し削るかもしれない

4.部分入れ歯を入れてみて、その人の歯にあわせてひっかける金具の部分を調整する

5.しばらく使って問題ないかチェックする

でした。


(投稿者さんも猛省されたと書かれてましたが)

この間、先生に注意されたのは歯の磨き方についてです(苦笑)

おそらく投稿者さんの年代で小学校で習ったのは上下ゴシゴシ歯磨き法だと思われますが、この磨き方だけでは歯茎の部分に効果的でないので、歯茎の部分に刺激をあたえるように横磨きでゴシゴシしなさいといわれました。そしたら歯茎に栄養が与えられて強くなるからと言われました。


確かにその磨き方を教わって気をつけて磨くようになってから、自分で見ても次第に歯茎が全体的に綺麗にピンク色になって歯茎もくっきりしてきました。

私も歯磨きは改めて大切だと実感しました・・・(反省)


部分入れ歯の感想としてはだいたい先に書いた感想ですが、もう少し補足するなら、実感として一番感じるのは、寝る時ははずして水につけておくのですが、これまでそういう習慣がなかったので、朝起きてから入れる事を忘れて出かけてしまう点です(^^;

それと食事について食べ物によったら物が詰まったような感触があるので、歯ブラシ持ってない場合は食後はずして水洗いとうがいは必要かと思います。


ちょっとおじいちゃんみたいで抵抗感あるかもしれませんし(実際 私も思っていました笑)、そういう手間が面倒だと思う人はお勧めしないという話はよく聞くかと思いますが、私自身の使用感としては取り外し自体は非常に簡単だし、奥の方の歯なら見た目も健康の歯と分からないし、慣れてくれば想像していたほどではないなという感想です。


ただ私の場合は1本だったので土台が少なくて済みましたが、投稿者さんの場合奥2本並んでとなるんですよね?

その場合、ひっかける歯と土台がどれくらいになるのかよく分からないので何とも言えないところですが、場合によったら私以上の違和感を感じるかもしれません。


最後に投稿者さんの場合、長年の付き合いで全ての治療法など丁寧に説明してくれて信用おける先生のようですが、おまけとして他の方のためにご参考までに書きますと、歯医者さんによったら、部分入れ歯について説明すらしてくれない事もあります。そういう先生は必ずブリッジが一般的だとおっしゃいますが、個人的には明らかに手抜きで、建前上はいろいろ言えるんだろうけど、保険内で簡単に治療費とれるし、保険内の治療だとインプラントは高いので選ばないし、説明面倒だからという気持ちが強く働いているのだと思います。


実際、私が最初に言ってたところは部分入れ歯については説明してくれず、自分で調べて気がつきました。元々手先も器用そうでないなと思ってましたが、この件でこの歯医者はダメだとその思いを強くして転院しました。

(これがまた結構大きな歯医者で先生何人もいるようなとこだったんだよね)


以上、ご参考まで

id:nozora

再回答でご経験を詳細に教えていただき、非常にありがたいです。

部分入れ歯にしては、説明時にサンプルを見せてもらい、「えっ、こんなの入れるの?」って驚いたものです。

「慣れてくれば想像していたほどではないなという感想です。」

なるほど、意外と使い勝手が良いと。

やはり実際に使っている方の意見は参考になります。

前にも書きましたが、歯軋り対策の為に就寝時にマウスピースを使用していて、毎晩水につけたりする習慣はもうついていますんで、そのへんは大丈夫だと思います。

>歯磨き

約10年前の治療時までは、我ながら酷いもんでした。

その時の治療の合間に磨き方の指導その他いろいろと注意すべきことを教えられて、おかげで今はだいぶ心がけるようになりましたが、気づくのがもっと早ければこんなことにならずに済んだのに、と後悔しきり。

何度も思うけど、本当に歯って失うと取り返しがつかないものですねぇ。

2006/05/26 14:44:42
id:kumazan No.8

kumazan回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/05/26 13:37:07

ポイント30pt

これは、私の体験ではなく最近身近な人に起こった事です。現在65歳の、ネットとは無縁な生活をおくっている義理の母の事なので私が代理で書かせてもらいます。

義母は右下の奥から2番目の歯を若い頃に抜歯して長年ブリッジを装着しておりましたが、3年くらい前から、一番奥の歯肉が腫れたり膿を出すようになったため歯科医院で調べてもらったところ、歯の根に亀裂が入って、周囲が炎症を起こしている事が判り、ブリッジを外して抜歯となりました。

その後、医師から今後の治療の選択肢として「インプラント」と「部分義歯」についての説明を受け、悩んだ末に「インプラント」を選びました。抜歯部分の回復を待って(待つ間は仮の部分義歯使用)、1年後にインプラント手術を受けました。

手術前後、私は義母と顔を会わせる機会がなく、後で聞いた話ですが「ほとんど痛みはなかった」との事で、何でも食べられると喜んでいました。

その後、半年は特に何事もなく過ぎ、半年を過ぎた頃から「インプラントした部分の歯肉がおかしい」と言うようになりました。歯肉が赤く炎症があるようだと歯科で訴えると「とにかく歯磨きを丁寧にして」と言われたようです。

このまま話していくと、長くなりそうなので・・結論ですが、その後、このインプラントは除去する事になりました。外からは見えない、歯肉に隠れた部分でインプラントが折れてしまっており、手術を受けた医院では除去する事が出来ず、国立病院の口腔外科を紹介されました。このインプラントはチタン製でした。

「これまでインプラント(手術)してきて、折れたのはあなたが初めて」と義母は言われたそうです。

そして、残った選択肢の部分義歯を作る事になりました。薄いので違和感がより少なく、食べ物の温度もよく伝わると保険外の義歯を勧められ、美味しく食べられるようになるならと勧められるままに、保険外義歯を選びました。

しかし、いざ出来上がり、装着してみると義歯の内側があたって痛みがあり歯科医院で調整を頼んでも、内側が金属だからこれ以上削れない、と何度かよっても思うように改善されず、イライラが募っていきました。

現在、義母は別の歯科医院に通い、保険義歯をはめています。

見た目の悪さも気になり、やや不便を感じるものの、悲惨だった時期のことを考えると、今の状態にほっとしているようです。

id:nozora

これは・・・かなり大変な経験をされたのですね。

インプラントが折れるなんて滅多にないのかもしれませんが、やはり異物を入れるということで、リスクはあるということなのでしょうね。

せっかく高いお金を出して保険外で部分入れ歯を作ってもらっても、使ってみて合わない場合もあると(歯医者さんにもよるし)。

必ずしも高ければ良いというばかりでないという例ですね。

ありがとうございます。

2006/05/26 15:09:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません