社内で新人向けに「プログラミング言語について」の講義を行うことになりました。


どういったことを意図しているかというと
■プログラム言語の種類にはどんなものがあるか?
■どんな時にどの言語が使われるか?
■メリット・デメリット
■クライアント・サーバ技術について…
などなどを、広く浅く(あまり詳しく話しても新人には理解が難しいと思うので)講義をする予定となっています。

言語それぞれに対する違い(特性)は自分で調べました。
(参考:http://q.hatena.ne.jp/1129942108)

今回質問させて頂きたいのは、『講義内容の構成』です。
どのように話を展開させていけば、より理解が進むでしょうか。
言語についての違いはわかっていても
どのような流れで話を進めればよいか悩んでいます。
時間は1時間程度です。

一意見(講義内容)、参考HP、書籍を教えていただければと思います。
有効回答をくださった方全員にポイント差し上げます。
以上、宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/05/31 01:50:03
  • 終了:2006/06/04 19:54:38

回答(7件)

id:niroron No.2

niroron回答回数67ベストアンサー獲得回数12006/05/31 08:44:00

ポイント10pt

私は現在プログラミング研修真っ最中の新人研修生です.笑.

こないだプログラミング研修がひと段落したので,そのときの感想を述べさせていただきます.

私の受けた講座では,午前中講義,午後実装演習,だったのですが,もっとこまめに講義と演習を交えてほしいと思いました.

午後まるまる実装は正直きつかったですし,逆に午前全部講義では,午後にまで記憶がもたない可能性があるのです.苦笑.

というのは,実装に関しての研修ですが,プログラミング研修には実装以外にもさまざまな研修がありました.

情報倫理や品質管理などの研修です.

このようなものはほとんどが座学onlyだったのですが,このような実装以外のプログラミングに関する知識についての講習に関しては,グループワークにして,発表は代表形式をとってもらえると,もっとわかりやすく理解できたかな,と思いました.

あと,実際のコーディングをプレゼンで前に表示させるのは,やめてほしかったです.

手元資料がない場合,コードをプレゼンでみても字が小さくて見えない場合が多かったからです.

今回の質問者さまの質問内容は,多分この座学に入るのではないかと思います.

だとしたら,できればグループワーク形式を取り入れて,あとはテキストがあったとしたら,二冊以上のテキストは使用せず,(参照場所がいったりきたりすると受講生はパニックです)講義して下さると,安心して講義に望めます.

非常に個人的な見解で,お役にたてなかったらごめんなさい.

ちょうど研修真っ最中だったもので,個人的な感想を述べてしまいました.

id:tamo2_xvi No.3

tamo2_xvi回答回数436ベストアンサー獲得回数102006/05/31 09:34:09

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798002631/250-2487588-...

まずはどんな言語があるのかをサッと説明した後にサンプルHPを作るか、有名どころのHPを題材に

どうやって作られているのかを順を追って簡単に解説し、その中でどこにどの言語が使われ

どんなメリットや・デメリットがあるのかを説明しては如何でしょうか?

まだ時間が余った場合にクライアント・サーバ技術でどんな事ができるかなどを語る程度で良いと思います。

id:Timeserver No.4

Timeserver回答回数8ベストアンサー獲得回数02006/05/31 10:16:21

ポイント15pt

言語の中身ではなく、言語論ということであれば、わかりやすい事例を厳選して出して、多くをしゃべらず、一通り説明。

その後、新人自身に考えさせるためと、理解度をさぐるために、どういったことに使えるかを提案させ、それがプログラムで実現可能か、またどういった言語でやるのが望ましいかを発表させるのがいいかと。

足りないところを補足すればそこそこの理解につながるのではないでしょうか。単に、説明だけであれば、プリント配ればいいだけの話なので、新人に話に参加させることが重要でしょう。

また、プログラムの基礎を教えるなら、if,for,whileを完璧に使えるようにして、関数の基礎を教えればいいかと。Javaの講習1ヶ月うけて何もプリントにあるプログラムの入力以外は何もできないって子が多かったので、いかに考え悩ませるかを重点にするのがよいと思います。

id:ysskondo No.5

ysskondo回答回数56ベストアンサー獲得回数02006/05/31 18:31:08

ポイント30pt

■プログラム言語の種類にはどんなものがあるか?

 学術的には非常に多くの物がある(手続き型、関数型など)けど、実務では、C言語とこれから派生した言語が多く使われている。また、処理系の名前はBASICやPASCALであっても、C/C++の影響を受けて、文法が拡張されている場合がほとんど。

■どんな時にどの言語が使われるか?

 今のコンピューターは組み込み系も含めてOSでラップされているので、OSがターゲットとしている言語を使う場合が基本。

 例:MS-DOSならアセンブラ、Windows3.1/95/NTならC、.NETFrameworkを入れればC#など。

■メリット・デメリット

 OSがターゲットとしている言語はOSの可能性を全て引き出すことが可能だが、開発効率が悪い場合が多い。

 そこで、特定の業務アプリに特化した処理系を用いる事が多い。

■クライアント・サーバ技術について…

 Windowsなら、LANを組んで、IISとIEで遊ばす。

『講義内容の構成』

 学術的に理解さす事より、“体験さす”、“感じさす”方向がいいと思います。

 アプリの開発なら、C+SDKでWindowsで窓を出すだけのアプリを作らして、この後に、VBやC#などを使わすとか?

 C/Sなら、上記の様に、数台のパソコンでLANを組んで、AnHTTPDとActivePerlで掲示板を動かして、動作を体験さすとか?

id:tetsuyasodo No.6

tetsuyasodo回答回数11ベストアンサー獲得回数22006/06/01 12:55:34

ポイント40pt

2年前に新人さん向けに同じ内容・目的の講義を1時間行ったことがありますので、ご参考までに構成をご紹介いたします。

そのとき聴衆は「なぜ機械に仕事をさせるだけなのにこんなたくさんの種類の言語があるの?」という疑問をもっていたということで、その点を重点的に伝えたところ、よく理解して頂けました。

「プログラミング言語とは?」

コンピュータに動作を指示するための人工言語であること。

MPU、メモリ、入出力機器で構成されるフォンノイマン型計算機を概略図で簡単に説明。

「プログラミング言語の歴史」

系譜のようなものを簡単に説明。

「なぜいくつも言語があり、なお新しい言語が生まれるか?」

結局はアーキテクチャがフォンノイマン型である限りは最後は

コンパイルされてマシン語になることをまず説明。

「目的」に応じて言語の選択肢が存在することを説明。

どんなアプリケーションをどうやって作りたいか?

・低いレイヤを直接操作して性能を上げるか、抽象記述ができ生産性をあげるか

・プラットフォームの依存性や言語の可搬性

・大規模システム向けか、daily hackのスクリプトか

・設計をオブジェクト指向ですすめてきたかなどなど

「各言語の簡単な紹介」

特徴と、簡単なプログラムの例を紹介。

「言語の選択について」

やろうとしていることによって各言語の向き不向きがあること。

複数の言語を知っているとより最善な選択ができること。

途中でbreakとして、プログラミング界の巨匠たちの言葉を引用

したりしました。Knuth,Larry Wall,まつもとゆきひろさんの3方です。

プログラムは言語設計者の明確な意図があって創造されていること、

言語には彼らの信念がよく現れていることを少しでも感じて

もらえれば言語への親しみもよくわくのではと思います。

id:r2d2r2d2r2d2 No.7

r2d2r2d2r2d2回答回数25ベストアンサー獲得回数02006/06/03 15:08:03

やはりフロー?基本の動作を教えるのが良いのではないでしょうか。あまり技術的なことを教えても着いていけないとおもいます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません