坂本龍馬について。

彼が日本で始めて「新婚旅行に行った人」というのは有名な話だと思うのですが、実際に彼を研究している人(専門家)や彼の本を出版した人など、知っている方いましたら教えて下さい。
出来れば、本人の文献の中でこの事について語っている人を探しています。関東圏内の方が希望です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/01 22:22:20
  • 終了:2006/06/05 14:50:14

回答(3件)

id:Allashe No.1

Allashe回答回数59ベストアンサー獲得回数52006/06/01 22:48:11

ポイント27pt

高田 崇史さんのミステリ小説で、坂本龍馬を扱っています。

結構詳しく書かれてます。新婚旅行についての記述もありました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061823493/503-5115631-675832...

id:keo22

ありがとうございます。

2006/06/02 11:08:15
id:goldwell No.2

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612006/06/01 23:04:44

ポイント27pt

http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~ryoma/faq1.htm

上記サイトの中ほど『坂本龍馬手帖摘要』という文書に詳しく書かれているそうですが、以下の書籍に解説されているようです。

龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草 (講談社学術文庫)

『龍馬の手紙―坂本龍馬全書簡集・関係文書・詠草』※文庫版もあります。

竜馬の手紙139通を取り上げています。その中には当然、新婚旅行の報告も絵入りであるそうです。

ただし、著者の宮地佐一郎氏は坂本竜馬研究の第一人者と言ってよいほどなのですが、残念ながら既に故人ということで、ご期待に添えず申し訳ありません。

id:keo22

なるほど。

2006/06/02 11:09:12
id:nonoriko No.3

nonoriko回答回数28ベストアンサー獲得回数02006/06/01 23:27:58

ポイント26pt

茨城大・磯田道史氏が朝日新聞beにて連載しているコラムの中に坂本龍馬の新婚旅行を取り上げたものがありました。2006年5月21日号「昔も今も 坂本竜馬③世間の目気にせず新婚」というタイトルです。記事によると,1866年12月、龍馬が姉の乙女に新婚旅行をすることを書き送った手紙が残っているようです。磯田氏は近世史がご専門のようですが,竜馬に限って研究しているというわけではなく,おそらく記事のネタとして扱われているだけだと思います。ご参考までに。

http://www.be.asahi.com/b.html

id:keo22

なるほど。

2006/06/02 11:10:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません