ペイオフって何ですか。ペイオフされたことによって、個人にどのような影響が出たんですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/02 00:50:49
  • 終了:2006/06/09 00:55:10

回答(14件)

id:masa-s No.1

masa-s回答回数5ベストアンサー獲得回数02006/06/02 00:54:34

ポイント14pt

これではわかりませんか?

http://www.ddart.co.jp/payoff.html

id:nanya1983 No.2

nanya1983回答回数76ベストアンサー獲得回数12006/06/02 00:55:24

ポイント14pt

ペイオフのことならやはり、国でしょう!

http://www.fsa.go.jp/policy/payoff/index.html

id:newradio No.3

newradio回答回数226ベストアンサー獲得回数22006/06/02 01:01:27

ポイント14pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9...

http://www.ddart.co.jp/payoff.html#1-2

ペイオフ解禁されたことにより1000万円までしか預金が保護されなくなります。

そこで預金でもリスクがあることになり、利息も少ないので投資信託や債券、株式投資などにお金が流れています。

一般庶民にはあまり関係ないことなんですよ。

お金持ちがお金をどうするか悩んでいるんですよ。

うらやましい悩みですね。

id:Chiether No.4

Chiether回答回数40ベストアンサー獲得回数12006/06/02 01:09:33

ポイント14pt

一番簡単に答えると「銀行が破綻した場合、預金の一部しか戻りません」というルールです。

ちなみにペイオフされたのは1996年の話で、最近やっと「実施延期(凍結)が解除された」のです。

 

具体的には保護対象の預金に対して「1000万+利息分」までしか保障されません。

よく勘違いされる事がありますが 1000万までしか返ってこないわけではなく

銀行は銀行で保険に入っているので1000万超えてもある程度は戻ってきます。 → 預金保険機構

 

 

なお1000万を超えてかつ全額保護を受けたい場合は

普通預金利息等は受け取れませんが、「決済用預金」が殆どの銀行にあると思います。

id:daiyokozuna No.5

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/06/02 02:21:24

ポイント14pt

金融機関が破綻した場合、預金の1000万円を超える部分は国は補償しない。100%かえってくるかわからない。60%に減って戻ってくるかもしれない、5%しか取り戻せないかも・・・・ということになります。

あくまでも1000万円を超える部分の話です。

id:pikupiku No.6

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732006/06/02 04:30:17

ポイント14pt

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/zatta/pay_off/payoff.html

ペイオフとは何だ?

「ペイオフとは、金融機関が万一破綻したときに預金者を保護するため、金融機関が加入している預金保険機構が、預金者に一定額の保険金を支払う仕組みのことです。」


日本ではペイオフされたことは未だありません。


地銀、第二地銀あたりはあぶないところがあるそうですが。

id:DANDB No.8

DANDB回答回数55ベストアンサー獲得回数02006/06/02 09:58:44

ポイント14pt

ペイオフで個人に関係の部分とは銀行の預金ですね。銀行が倒産した場合保護機構では(個人1人あたり一銀行に数口座あっても)一千万円までしか保障できないと言うことです。

そのため

例えば三千万持ってたらA銀行に一千万円B銀行一千万円C銀行一千万円と分けるなど自衛策が必要になる。

id:sabuchann883688 No.10

sabuchann883688回答回数18ベストアンサー獲得回数02006/06/02 10:23:40

ポイント13pt

これは、銀行などの金融機関が破綻、つまり潰れた時にそこに預金している人の口座にあるお金を保証してもらえる制度です。但し、保護されるのは預金(定期預金も含めて)だけで、投資信託などは対象外です。限度額は1千万円まで。投資信託の場合は銀行はあくまで仲介して販売しているだけなので、銀行が潰れても投資信託の運用会社が潰れない限り大丈夫です。この制度のために高額預金者が1千万円を超えた分を郵便局などに預け変えたり、投資信託や株式に買い換えたりして自分の財産を守る傾向が出てきました。また、年金型保険の加入で、財産を守ると同時に相続税対策を講じている人もいます。

id:shiketaro No.12

shiketaro回答回数8ベストアンサー獲得回数22006/06/02 17:38:46

ポイント13pt

簡単に言えば、利息の付く預金等が、

1,000万円までしか国の保証が付かなくなったということです。

つまり、銀行の、普通預金または定期預金に1億円預けていて、その銀行が破綻した場合、1,000万円を越える部分についてはなくなってしまう恐れがあります。

簡単に言えばこんなところでしょうか・・・。

http://www.ddart.co.jp/payoff.html

id:sami624 No.13

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/06/02 22:08:21

ポイント13pt

http://www.ddart.co.jp/payoff.html#1-1

預貯金を1,000万円以上保有している個人は、預金を分散して金融機関に預けるようになった。

id:robekaru06 No.14

robekaru06回答回数103ベストアンサー獲得回数22006/06/04 10:22:54

ポイント13pt

はっきり言って、1000万円までしか保証しないことです!

普通預金、定期預金、関係のなく!

1000万円預けたら、それに利息分が支払われます!

1000以上あったら、色々な銀行に預けましょう!

先進国では、ほとんどの国が、ペイオフです!

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません