竹内久美子さんの本を読んで、動物行動学に興味を持ちました。

動物行動学を勉強するには、どういう本を読めばいいですか?お勧めを教えてください。
ある程度学術的なものがいいのですが、私は文系なので、化学などの知識は余りありません。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/02 00:55:41
  • 終了:2006/06/09 01:00:04

回答(8件)

id:takejin No.1

たけじん回答回数1490ベストアンサー獲得回数1932006/06/02 01:16:39

ポイント17pt

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4152030844/503-0954753-239913...

ソロモンの指輪 が読みやすいので良いかも。

「刷り込み」の発見者である、コンラート・ローレンツの名著

この翻訳者で、竹内久美子氏が師事した日高敏隆氏の著書

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061581694/503-0954753-239913...

動物にとって社会とは何か

もお勧めです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4000066331/503-0954753-239913...

もう一冊「チョウはなぜ飛ぶか」

こんなところで、とりあえずはいかが?

id:Kumappus No.2

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/06/02 01:44:36

ポイント17pt

利己的な遺伝子 <増補新装版>

利己的な遺伝子 <増補新装版>

  • 作者: リチャード・ドーキンス
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: 単行本

竹内久美子さんはちょっと「トンデモ」ではないかと思うのですが…、遺伝子ブームのきっかけになったこの本は読んでみる価値があります。

この本を踏まえた上で竹内さんの本を読むべきだと思います。

id:maxthedog No.3

maxthedog回答回数474ベストアンサー獲得回数522006/06/02 10:26:04

ポイント16pt

まずは古典的な有名書籍を読んでみたらどうでしょうか。takejiさんがローレンツを紹介なさっているので、私はモリスをご紹介します。

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫)

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫)

  • 作者: デズモンド モリス Desmond Morris 日高 敏隆
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

この本は著者が動物行動学的に人間をサルとして観察したことを一般の人に向けて(時には脱線しながら)書いたもので、読み物としても面白いです。


ちょっと興味を持った一般人から見た時に、この分野ではローレンツがダントツに有名ですが、その世代では鳥類の行動学のニコ(ニコラス)ティンバーゲン、ミツバチの行動学のカールvフリッシュが有名なように思われます。その下の世代がモリスや精力的な翻訳作業でこの分野を認知を高めた日高敏隆、そしてさらにその下の世代が竹内久美子といった感じです。このあたりの名前をキーワードにして書籍を探ってゆくと良いと思われますが、両所の多くは日高先生が実に多くの翻訳をなさっていた70〜90年代に出版された物が多く、中古本を探す必要があると思います。


また、学術的な物をお読みになりたいようでしたら、最近の論文のアブストラクトが以下の所で見ることが出来ます。

http://www.blackwellpublishing.com/journal.asp?ref=0179-1613&sit...

書籍で読みたい場合はspringerlinkを使うと便利だと思います。(動物行動学でサーチしてあります。)

http://www.springerlink.com/(eh5vkbqnxvg51w45z4vvi045)/app/home/search-articles-results.asp?referrer=main

id:osamu_honma No.5

osamu_honma回答回数47ベストアンサー獲得回数12006/06/02 11:38:31

ポイント16pt

http://www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/kyouyou/shizen/1891219.html

放送大学の「動物の行動と生態('04)」 はいかがでしょうか。

id:batti55 No.6

batti55回答回数904ベストアンサー獲得回数272006/06/03 00:39:14

ポイント16pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910100/

ピンカーの本は全般的にポップで読みやすくおもしろいです。

竹内さんの著書は冗談めかした部分もあるので注意してください。

id:miharaseihyou No.7

miharaseihyou回答回数4541ベストアンサー獲得回数5692006/06/05 00:15:31

ポイント16pt

http://www.bk1.co.jp/product/1207749

分かり易いところということで「犬たちの隠された生活」です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4795302081/249-9880516-...

もう一つ「ソロモンの指輪」を書かれたローレンツ博士の名著で「人イヌにあう」です。彼の著作で学術書では「鏡の背面」などありますが、相当な覚悟で読むほどの本です。ちなみに彼は動物行動学の世界的権威です。

id:gakuyo No.8

gakuyo回答回数60ベストアンサー獲得回数32006/06/05 12:43:33

ポイント16pt

すでに、良書が紹介されていますが、2冊ほど付け足しましょう。

集英社新書 長谷川眞理子著

生き物をめぐる4つの「なぜ」

 この本は、学生には必ず薦めています。竹内さんは面白いのですが、科学的な正確さよりも、一般への伝わりやすさを重視した書き方をするのですが、長谷川さんは、科学的にきちんとしたものを書いています。

東京大学出版会 松沢哲郎

チンパンジーから見た世界

 この本も、学生によく薦めます。

 主役はTVなどでもよく登場する「アイ」とその仲間たちです。この本は、認知科学選書の1冊で、動物行動学と少し違う感じがあるかもしれませんが、動物のこころに興味があるなら楽しめると思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません