高給食材や珍味系で、食用になるまで大体1か月くらいかかる商品や料理の情報を紹介しているページを教えてください(たとえば1か月くらい育てた状態が最高においしい豚など)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/06 16:12:18
  • 終了:2006/06/08 15:13:36

回答(4件)

id:I11 No.1

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552006/06/06 16:28:36

ポイント23pt

エーデルワイスファーム

http://www.someplace-else.com/

http://www.rakuten.co.jp/shungoyomi/112132/112486/

 

ここのロースハムやベーコンは長期熟成されていて、市販されているハムとは味がまったく違います。約4週間の氷温熟成がなされています。

うまみがすごいあります。“西洋のかつおぶし”と書かれていますが、まさにそんな感じ。オススメです。

id:hanamiyabi No.2

hanamiyabi回答回数2359ベストアンサー獲得回数12006/06/06 16:30:01

ポイント23pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B...

フォアグラの製法は、初夏に生まれた雛を野外の囲い地で牧草を餌に十分運動させて育て、基礎体力を付けさせる。

夏を越して秋になると狭い場所に閉じ込めて運動できないようにし、消化がよいように柔らかくなるまで蒸したトウモロコシを、じょうごで強制的に胃に詰め込む強制給餌を1日に3回繰り返す。

これを1ヶ月続けると、脂肪肝になった肝臓は2kgに達するほどに肥大する、とあります。

id:shinchi No.3

shinchi回答回数5ベストアンサー獲得回数02006/06/06 17:02:35

ポイント22pt

�H�ގ��T

中華料理では、あわびは生より干したもののほうが、高価でした。

id:kakasi7 No.4

kakasi7回答回数336ベストアンサー獲得回数82006/06/06 18:02:02

ポイント22pt

北海の珍味から「イカ沖漬け」

函館朝市や、小樽の三角市場、千歳空港等で「イカ沖漬け」と称する、真っ黒な醤油色に染まった生食用の真空パックが販売されている。

http://www.rakuten.co.jp/snowland/377563/475971/

正式製造法は

プラスティックもしくはガラス製の果実酒用容器など、適当な入れ物を用意する。

醤油をドボドボと注ぎ入れ、底から5~10㎝のところで止める。

バケツに海水を張っておく。

イカ釣り開始。

キュッキュッと音を立てながらイカが釣れてくる。

まず海水に漬ける。

ある程度泳がせ、墨を吐かせる。

そのまま醤油の海へどぼん!

醤油地獄でイカは昇天する。

以下繰り返し。

こうして醤油の海に漬けたイカは冷蔵庫にきっちり48時間入れておく。

その後は取り出して、醤油色に染まったイカの姿形を整え、いっぱいずつラップでパックして冷凍庫へ。これで完成。

すぐ食べてもいいけれど、一度冷凍した方が甘味が増すような気がする

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません