小説が好きな方、嫌いな方。

私は基本的に小説というものを読みません。
理由は、①表現が回りくどい、②ある程度読んでつまらないと思った作品だと、それまでの時間が無駄に感じる③立ち読みして面白そうなのか全く判断がつかず、買う(借りる)機会がないからです。
 例外として、歴史小説・自叙伝・ノンフィクションといった事実に基づくもの(知的好奇心を充たしてくれる)、シドニーシェルダン(表現が簡単、すぐ読める、単純に面白い)は大好きです。
 小説が好きな方、嫌いな方はこんな私をどう思いますか?(好きな方は上記①~③の理由についてどう思われますか?)
 又、小説を読むことでパーソナリティーに与えるものって何だとおもわれますか?(例えば感情表現が豊になる等)
 最後に、「この一冊はお薦め」というのがあれば、是非、ご紹介願います。愚問ですいませんが。
 

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:2006/06/10 09:16:13
  • 終了:2006/06/17 09:20:03

回答(90件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
別にどうも思いませんが Allashe2006/06/10 09:55:48ポイント3pt

 小説という「ジャンル」の好き嫌いを論じる意味はあまり無いと思いますよ。私もお気に入りの作家の作品は欠かさず読みますが、それ以外は読みません。

 気にしないで好きに過ごせばよいのだと思います。

 小説を読んで人間性が変化するか、ということについては、「小説」を読むか、ではなく「どんな」小説を読むか、だと思います。

 小説の話をすると、最近話題の「ダヴィンチ・コード」なんかは歴史テーマのシドニイ・シェルダン風小説なので、お気に召すのではないでしょうか。

 あと、あちこちに書いてますがエリアフ・ゴールドラット博士の「ザ・ゴール」シリーズはどれも面白いです。工場の生産管理がテーマですが、知的好奇心を満たしてくれてとても面白いです。

見出しに同意見です タイシン2006/06/11 21:11:05ポイント1pt

小説を読むことは好きです。

私もお気に入りの作家の作品を中心に読みますが、それだけだと飽和してしまいます。地方に住んでいるため、もっぱらAmazonで買って、「おすすめの本」で新しい作家を探しております。

①~③おっしゃる通りだと思います。ですが、試してこそ当たりを引くことができるのも、一つの側面だと思っています。(お気に入りの作家の作品で、ハズレを引くとつらいです)

パーソナリティーに与えるものですが、私にとってはたとえ一瞬ではあっても、とある事象に対して「知的好奇心」を芽生えさせてくれる。もしくは、それを満たしてくれることです。

一番のおすすめは歴史小説になりそうなので、敢えて違う方向で。

島田荘司氏による「占星術殺人事件」を。

「ザ・ゴール」シリーズ sannose2006/06/10 11:21:46

工場の生産管理・・・かなり興味あります。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません