ゴルフアクシデントの件で相談します。ゴルフ中、隣のホールのプレーヤーの顔にボールを当ててしまいました(当方プレー当時ゴルフ保険未加入、現在加入している全保険はゴルフプレー時の傷害はカバー出来ません)。幸い、前歯の差し歯3本が割れた程度で、差し歯の治療費を当方が負担する事で、その場は収まりました。つい先日治療費の請求が有り総額は約55万円。因みに、その方に海外旅行保険並びにゴルフ保険を使う様お願いするも使う気は無いとの事。そこで相談です。①被害者の責任:プレー中の事故は、加害者が事故の治療費を全額負担するものでしょうか?と言いますのも、キャディーはキチンと”ファー”と叫んでおり注意を促してました。②ゴルフ場の責任:当方はゴルフ全く上手ではなく、当方のレベルは当日のキャディーも認識している筈です。キャディーの仕事(責任)として、プレーヤーのレベルを考え、少しでもプレーヤーが打つであろう方向に人がいれば、当方に打たせないのがキャディーの仕事と思います。そのキャディー(ゴルフ場)に責任の一旦はないのでしょうか?③弁護士の起用:弁護士を起用して費用負担軽減の可能性があるか否か教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/06/13 01:37:46
  • 終了:2006/06/20 01:40:03

回答(16件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
確認してから動かれた方が良いです。 nano3272006/06/13 13:12:07ポイント2pt

1と2に関してはゴルフ場側の責任における見解によると思いますので確認された方が良いです

3は、55万円を軽減させる事が出来たとしても、浮いた分が依頼費を上回るとは思えません。

交渉の仕方などを弁護士に相談したいということでしたら、県の弁護会で定期的に無料相談を受け付けていますので、まずはそちらで聞いてみてはいかがでしょうか。


ですが、不幸中の幸いだったと思います。

他の方の意見と同じですが、実費のみで和解してくれる被害者で良かったと思いますし、今回はぶつかったのが差し歯だったようなので差し替える程度で済むのでしょうが、もしも生活歯だったら、縦に割れると簡単に治療できず抜歯したかもしれません。ひどい場合は簡単なオペをする場合もあります。

また、歯肉・歯根・歯槽骨まで悪い影響があって、義歯(入れ歯やブリッジなど)になる可能性もありました。こちらだと、もっと費用が嵩むし、綺麗で治療のない歯の持ち主ならかなりのダメージです。

また、ぶつかったのが頭だったら「自分は下手だから」ですむでしょうか。


今はこのような状況で混乱されているでしょうから、

>その方に海外旅行保険並びにゴルフ保険を使う様お願いするも使う気は無いとの事。

>当方はゴルフ全く上手ではなく

と発言されているのだと思いますが、もしも立場が逆だったら今回の被害者のように、実費だけで和解できると思いますか?

私ならば、治療へ行き来する交通費、精神的苦痛に対する慰謝料のほか、治療が終わるまで仮歯を入れているとしても、いつ取れるか分からないので人に会わないために引きこもるのでその間の損失も補って欲しいと思います。

(私は主婦なので、買い物などに行く家政婦さんを頼む費用をお願いします。

 会社員だったら欠勤分の給与と、欠勤することでの会社から失う信用も考えなくてはなりません)


人にゴルフボールを当てたショックと、55万円の請求でさらに混乱されているお気持ちは察します。

けれど、被害を受けた方の「実費だけで良い」という判断はかなり有り難いように思えるのですが。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません