現在、航空宇宙機に情報工学がどのように役立っていて、さらに今後どのように役立っていきそうかを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/16 22:54:08
  • 終了:2006/06/23 22:55:03

回答(3件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1760ベストアンサー獲得回数2372006/06/16 23:54:53

ポイント27pt

今の航空機関連は、情報処理技術がなければ成り立ちませんが、ほんの少し。。。

まずは、設計段階におけるシミュレーションですね。宇宙航空機の設計ツールとしての流体シミュレーションについて:http://www.iat.jaxa.jp/res/arg/e00.html

 とくにそこにはビジュアリゼーションという技術があります。目に見えないもの(空気の流れなど)をいかに見えるかにするかということです:http://www.nikkei-bookdirect.com/science/cvc/CVC1/teigen.html

 このシミュレーションというのは、航空機操縦の訓練にも使われます。「フルフライトシミュレータ」というものです:http://www.jaea.or.jp/data/592/592-8.pdf

 また、飛行の安全をささえる、レーダなどの技術を用いた航空管制にももちろん情報処理技術が使われています:http://www.mlit.go.jp/koku/04_hoan/gyoumu/shori/00.html

id:Urakata

ありがとうございました。

2006/06/18 17:29:24
id:apple-eater No.2

apple-eater回答回数420ベストアンサー獲得回数82006/06/17 11:08:46

ポイント27pt

フライ・バイ・ワイヤ(フライ・バイ・ライト)技術は不可欠でしょう。

ジョイスティック感覚で操縦できるのは情報工学の成果。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B...

http://en.wikipedia.org/wiki/Fly-by-wire

id:Baku7770 No.3

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812006/06/19 16:52:03

ポイント26pt

 #a1と少しかぶりますが、数値流体工学では20~30年程前からBFC座標系が使われるようになってからかなりの精度が得られるようになってきました。

高まる計算格子に対する期待

 

 月尾先生に言わせるとバーチャル風洞と言うんだそうですが、15年程前に本人に「じゃぁ、数値シミュレーションとどう違うんだ?」って聞いてみたら答えが返ってきませんでした。

 

 エンジン回りであれば形状が複雑化しているため、それをどう数式モデルで表現するかと言うことが難しく、カッツァニス(スペル忘れました)の頃はスプライン関数を使っていましたが現在は難しいです。私の頃で、最小自乗法を使うようになりましたが。

 

 純粋な情報処理工学でしたら各種センサの処理能力ということになると考えます。一番優れている例とすれば、巡航ミサイルやB-1爆撃機などの低空飛行で、B-1爆撃機なら地上60メートルを亜音速で飛ぶことが可能と言われています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません