当方素人です。システムの方限定。

サーバーサイド技術、ネットワークエンジニアリング、とは高難易度の業務なのですか?
64ビット化(CPU)の流れとは例えば何がどう凄くなるのですか?
IPv6とは何で、なぜ今後の需要が計り知れないのですか?
下文がわかりません。URLでなく、要点をごくごく安直に解説・お気軽に所見表明などお願いします。

(64ビット化の流れに乗れ)
サーバーサイド技術は高度情報化社会のインフラを担うコンピュータシステムの要。アプリケーションの性能と品質は小手先のプログラミング技術よりもサーバーサイド技術によって決まり、システム・セキュリティの信頼性は社会基盤そのものの信頼性です。弊社では、こうした現代社会の基盤を支えるサーバーサイド技術に、ネットワークとデータベースの2つの切り口からアプローチします。
膨大なアドレス空間を持つIPv6は「すべてのモノをつなぐ技術」といわれ、今後の需要が計り知れません。またサーバーOSの64ビット化は飛躍的に進み、サーバー構築業務は忙しさを増しています。弊社のネットワークエンジニアは、管理する膨大なサーバー群を、64ビット化の波に乗れるようにします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/06/20 11:11:22
  • 終了:2006/06/20 13:11:27

回答(5件)

id:takashiinjapan No.1

takashiinjapan回答回数8ベストアンサー獲得回数02006/06/20 11:28:34

ポイント25pt

まず簡単なIPv6の説明から。

たとえば、日本の人口が5年後に100億人に急増するとします。

そうすると、現在の電話番号の桁数が足りなくなりますので、

現在の10桁(携帯は11桁)から、まあ20桁とか30桁に

増やす必要があります。

20桁になると、(03356)4872952-99372924 みたいな電話番号になるわけですね。

これで、100億人日本にいても、全員に電話を使ってもらえます。


インターネットも IP アドレスという電話番号のような番号があり

しかも、これが世界規模で恐ろしく不足しています。

ですから、現在のIPv4からIPv6という桁数を増やすやり方で

番号不足を一気に解決しようとしているわけです。




さて、64bit化のお話です。

現在のCPUは32bit処理です。

32bitですと、メモリが4GBまでしか搭載できません。

64bitですと、メモリが約172億GBまで搭載できるようになります。

一般人のコンピュータでは4GBもメモリはいりませんが、

数年後には4GBまでしかメモリを搭載できないことが一般人ですら苦しいことになりますし、

ましてや大量のアクセスと処理をするサーバーでは、

4GBしかメモリが積めないのではお話にならなくなっています。

そこで、64bit化の流れは、特にクライアントPCよりもサーバーで求められており、

64bit化の流れは必然であり急務です。


細かく説明するとキリがないので、これだけ知っていればいいかと思います。

id:aoun

こんなキリも無い質問にtakashiinjapanさん有難う御座いました。おかげさまで、IPv6、64bit化、分かりました。大変参考になりました。

 そして、質問としては、これらのキャパアップが、現在日本中に具体的に転がっているサーバー群に対して、どのように変化をもたらすのでしょうか。または、そもそもweb技術者の方やデータベース技術者の方がいらっしゃいますが、ネットワーク技術者の方のされる業務とは比較すれば難易度が高いものなのでしょうか?。というようなものでした。すみませんでした。

ポイント如きでコンサルティングや先生をやれというような話では勿論ないわけなので、飽くまでお気軽に所見ご意見などお寄せ頂ければ幸いです。システムの方の話を伺うことは当方にとってメリットが無いことでは毛頭ありません。

お気軽な所見でご回答おねがいします。

2006/06/20 11:41:53
id:hinetk No.2

hinetk回答回数516ベストアンサー獲得回数362006/06/20 11:43:07

ポイント25pt

IPv6について

事実上無限のIPアドレスを使えることによってあらゆる端末にIPを持たせることが可能となります。

ですのでこれまで搭載が考えられてなかったモノ、

例えば今、事故が起きてるエレベータ(プログラムのバグらしいですが)などに搭載して

遠隔から修正を簡単に可能とする、車に搭載して無線で情報取得…などが考えられます。

白物家電に搭載しても使い道がなさそうですがそのうち画期的なサービスが出てくる可能性のことを言及しているのかもしれません。

(現状DVDレコーダくらいでしょうか。こちらはNATまたはVPNの組み合わせで十分ですが)

http://ascii24.com/news/i/mrkt/article/2003/12/17/647435-000.htm...

簡単に纏めますとあらゆる機器がネットワークにつながるようになるので

そこから今までに無い魅力的なサービスが立ち上がる可能性があり需要が計り知れません、という事ではないでしょうか。


…現状IPv6は全然普及してませんが

id:aoun

やはりIPv6はまだですね。少し質問の文は話が大きいのかもしれませんね。このようなキリもない話にhinetkさん有難う御座いました。

そこで、ネットワークエンジニアリングとは?、今日本中にあるサーバー群は×64化でどうなるのか?、買い換えるのか?、などお気軽に御所見宜しくおねがい致します。

2006/06/20 11:49:21
id:taknt No.3

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982006/06/20 11:54:01

ポイント25pt

64ビット化とIPv6は、違うものです。

IPv6は、電話番号にたとえると 4桁から 5桁にした

というぐらいのことです。

つまり、桁数が増えたために、その電話番号を 割り当てる機械が増えたということですね。

冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、テレビ、ビデオなどにも それぞれ割当が 可能となりやすくなるため、今よりよりいっそう生活が変わるとされているのです。

64ビットを理解するのに ビットとは何か?というのをクリアにしないと 64ビットとは何か?というのが理解できないでしょう。

ビットとは 1と0のコンピューターの最小単位をあらわします。

これは、実際には、電線の中に通っている電気の電圧が 高いか低いかで判断します。

その線が1本だと 1と0しか判断できませんが、それが2本だと

00

01

10

11

の4種類を判断できます。

これが 64本あるのが64ビットです。

つまり、64種類の線の情報を 一度に判断できるのです。

また、いつ判断するのかは 周波数で決まります。

CPUの周波数が 100KHzならば 100KHzのタイミングの時の電圧で 入力情報が何かを判定できます。

今までは 32ビットだったものが 64ビットに変わったため、一瞬で受け取れる情報が 倍になったのです。

今まで 2回にわけて 取り込ませてたものが 1回で済むようになりました。

それだけ 処理が速くできるようになったということですね。

id:aoun

takntさんいつも楽しく拝見させて頂いております。こんな質問に留意点までくださって、有難う御座いました。処理速度は、64種類、CPU周波数の違いなのですね。

引き続きと致しまして、ネットワークエンジニアリングとは?、今日本中にあるサーバー群は×64化でどうなるのか?、買い換えるのか?、などお気軽に御所見宜しくおねがい致します。

2006/06/20 12:01:14
id:skky No.4

skky回答回数98ベストアンサー獲得回数42006/06/20 11:57:43

ポイント25pt

色々前提を補足しないと話ができないので仮定した上での話ですが

まずサーバーサイド技術、ネットワークエンジニアリング、と言っても要件によって異なるので一概に高難易度とは言えません。

通常ほとんどの人が使っているサーバーについて言えばそもそも性能限界まで使っている訳ではないので64bit化したから性能が変わるというものではありません。

ただし性能限界まで使うような、あるいは「社会基盤を支える」と言うような大規模なシステムであれば64bit化の恩恵があるかもしれません。

CPU及びサーバーOSが64bit化されると32bitにおけるメモリ4GBの制約が一気に16TB(テラバイト)になります。要するにメモリの最大値が一気に増えます。4GBくらいだと使おうとすれば使えなくもない容量ですが16TBというと直近では使い切れない=無限と言えるからです。

またIPv6について言えば同じくIPv4で約 4.3 × 109 個しかなかったIPアドレスが約 3.4 × 1038 個まで使えるようになります。IPv4だとIPの枯渇が問題になっていますが、同じく(実用上は)ほぼ無限個に増える訳です。そうすると今までIPを割り当てられなかった色々な機器(自販機だとか家の中の家電だとか)にIPを割り当てられるようになります。今までネットワークに繋がっていなかった機器がなんでもネットワークで管理できるようになるという訳で簡単に言えば「すべてのモノをつなぐ技術」と言えるでしょう。

ただしCPU、ネットワークとも64bit化は「飛躍的に進」んでいるわけではありません。両方とも切り替えのコストがかかるため、移行には5年単位で時間がかかると個人的には思います。

id:aoun

skkyさんコメントに対するご対応どうも有難う御座います。なるほど納得致しました。有難う御座いました。やはりサーバー関連についてはそのようなものなのでしょうね。

ところで、一応5枠ほどご準備させて頂いておりますので、なにか補足事項などありましたら、あとお一方で申し訳ありませんが、お気軽にご所見等おねがいいたします。それで終了とさせて頂きます。

2006/06/20 12:09:17
id:Kumappus No.5

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/06/20 12:57:17

ポイント25pt

各用語については皆さん解説されているので…。

(64ビット化の流れに乗れ)

サーバーサイド技術は高度情報化社会のインフラを担うコンピュータシステムの要。アプリケーションの性能と品質は小手先のプログラミング技術よりもサーバーサイド技術によって決まり、システム・セキュリティの信頼性は社会基盤そのものの信頼性です。弊社では、こうした現代社会の基盤を支えるサーバーサイド技術に、ネットワークとデータベースの2つの切り口からアプローチします。

膨大なアドレス空間を持つIPv6は「すべてのモノをつなぐ技術」といわれ、今後の需要が計り知れません。またサーバーOSの64ビット化は飛躍的に進み、サーバー構築業務は忙しさを増しています。弊社のネットワークエンジニアは、管理する膨大なサーバー群を、64ビット化の波に乗れるようにします。

典型的なセールストークなのでいろいろ割り引いて読んでください。ここに書いてあることをまとめると以下の通り。

  • クライアント(つまり一般ユーザの手元で動く)アプリよりもそれが繋がるサーバ側の技術が重要。

 たとえばはてなのサーバがなければいくらInternet Explorerがバージョンアップしても人力検索はありえないわけでこれはある意味当然。もっともではワープロまでサーバを使ってやると果して楽なのかという疑問はあります。

  • システムセキュリティは重要。

 これも当り前。ただしセキュリティ技術というものは暗号からシステムの管理運用方法まで非常に多岐に渡っている点には留意する必要がある。

  • この会社はサーバのネットワークの開発?設定?運用?とデータベースの構築?運用?が行えるようだ。

 どの程度できるかはわかりません。

  • IPv6でたくさんの装置がネットワーク化されるであろう

 確かにテレビからビデオから果てはそこらへんに転がっているリモコンの類までTCP/IPベースでネットワーク化される可能性はなくはないです。しかし実際にはIPv6はまだまだ普及途中でおそらく2010年より前にはそこまでは事態は進まないと思います。

http://www.nri.co.jp/news/2005/050519.html

これはかなり楽観的な見方です。特に今あるIPv4環境からどうやって移行していくかという問題についてはかなりグレーですので…。ここにあるように家の中とか車の中などの閉じた環境からまず入っていくのだろうとはおもいますが。

  • サーバーの64bit化が進む。

 CPUが32bitから64bitにすでに移行しつつあるのであたりまえ。しかしだからといってサーバの上で動くアプリケーションが全く変わるわけではないので「忙しさが云々」というのは関係ない話です(確かに64bit環境がまだ成熟していないため、移行したらあのアプリが動かなかった!とか設定を変えないといけなかった!という話はいっぱいあり、そういう意味では忙しいのでしょうが)。

  • 64bit化の波に乗れるようにします。

 頑張ってください(笑)。使う側が64bitで動かすと非常に高速になるという処理を求めているのなら64bit対応しないと問題でしょうが、32->64になったからといって処理速度が単純に倍になるわけではなく、32bitの機械を2台にして処理をわけた方がはるかに快適だったりします。ほっといても64bit化は進むし、そうなればそんなビット数なんて誰も気にしなくなるので慌てる必要はないと思いますね。

id:aoun

Kumappusさんこのような果てもない質問に翻訳までしていだき、その上解釈を例示まで頂いてしまいました。有難う御座いました。

takashiinjapanさん、hinetkさん、takntさん、skkyさん、kumappusさん、のおかげさまで、疑問が氷解してしまいました。みなさん長文のご回答いただき、どなたをいるか賞とも言いがたくなしにいたします。みなさま有難う御座いました。

2006/06/20 13:10:04

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません