企業がホームページを作成するメリットには、どんなものがありますか?


かなり具体的な例を出して、いくつでも教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 登録:2006/06/21 05:12:08
  • 終了:2006/06/28 05:15:02

回答(12件)

id:adlib No.1

adlib回答回数1984ベストアンサー獲得回数1232006/06/21 06:21:42

ポイント15pt

 

「ホームページを公開しない企業は、存在しないも同然だ」

 このことばは、約28年前の発言を、いま風に書きかえたものです。

「広告しないものは存在しない」

 

── 雑誌《室内》の編集長てあり、明快な文章で知られる評論家・

山本夏彦氏のことばてす(毎日新聞連載コラム「たった一人のキャンペ

ーン」より)。

 聖書ヨハネ伝の“はじめに言ありき”から、カントの“人が見るとき

それが存在する”という一連の存在哲学をパロディ化した皮肉な表現て

す。 ── 《PRAD 19790401 月報No.1》19780629 第一回例会から

 

http://ch.kitaguni.tv/u/7808/

── 《タモケンサンバ 20050201 pen》

 

 当時の友人の消息を知ろうとしても、手もとに電話帳もなく、ネット

検索でも、彼らの氏名はもとより、経営していた会社名も見あたらない

のです。ごくまれに、プライベートなブログを発見してホッとします。

 

id:altezza2006 No.2

altezza2006回答回数133ベストアンサー獲得回数72006/06/21 06:23:56

ポイント15pt

http://www.u-topia.co.jp/

上記は私の勤めている会社のHPです。

いろんな製品の試作品を作っています。メリットは他社に負けないようにこんなすごい機械があるので何でも作れます。みたいなことをアピールしたり、実際に見に来ていただけなくてもパソコンでみれるところでしょうか?

全体的に企業がHPを作るということはライバル企業に負けないような長所をアピールできるという事ではないでしょうか。

id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/06/21 06:52:49

ポイント15pt

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/seisaku/h17_hyoka/jigyo...

1.知名度の向上

従来は上場企業以外は、居住者の近隣に所在地がある企業以外、知名度はなかったが、ネットの発達・HPの公開により、企業情報の公開が顕著と成り、知名度が向上した。

2.最新情報の提供

従来、企業が情報公開をする場合は、年に1度のディスクロージャー紙が一般的であったが、HPにより随時情報開示が可能となり、最新情報の公開が可能となった。

id:kakicg No.4

kakicg回答回数44ベストアンサー獲得回数32006/06/21 08:46:45

ポイント15pt
メリット1
「インターネットで探したんだけどオタクのホームページがありませんね」と言われなくなる。(今ホームページを検討している会社はこのパターンが多いような気がします)
メリット2
「急なイベントが発生してもタイミングを逃さず低コストで告知ができる」と某自動車ディーラーは言います。
メリット3
「相場情報などタイムリーな情報をお客様にお伝えするのに便利」と某証券会社は言います。
メリット4
「ホームページから24時間予約が受けられるので患者さんが2割増えた」と某歯科医院は言います。

http://www.google.co.jp/(←これは関係ありません)

id:nano327 No.5

nano327回答回数759ベストアンサー獲得回数352006/06/21 09:33:40

ポイント15pt

メーカーであれば商品の宣伝効果もあるし、自社のアピールではないでしょうか。

業務内容や社風を開示すれば、外交的で積極性のある会社のイメージをもたれますし、会社の信用度も多少はあげられるように感じます。

私自身がそうなのですが、取引する企業のHPをつい熱心に見てしまいます。

センスの良いHPであれば細かなところにも気配りをしてくれそうな印象があるし、言葉で聞くと固くて分かりにくいことが、HPで画像や噛み砕いた文章で書かれていると理解しやすく、企業努力している気がして将来性を感じます。

http://www.akibare.net/16/ml/16_ml_065.asp

id:aiaina No.6

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/06/21 10:22:47

ポイント15pt

結局のところ短いプレゼンでインパクトを与えるには、今の世の中を認識してもらう事と同時に、その”世の中”に御社が入っている事を理解してもらうメリットがあると思いますhttp://q.hatena.ne.jp/1150834328

id:robekaru06 No.7

robekaru06回答回数103ベストアンサー獲得回数22006/06/21 11:10:37

ポイント14pt

商品などがあれば、ホームページから商品を買えるようにすれば売り上げになる!

一派の人が会社の株を買う時の参考になる!

新製品を載せれば、新製品の宣伝にもなる!

子会社を持っていれば、リンクを作って子会社のホームページに行くようにすれば、他の会社の事も知っていただける!

最新の情報を、すぐに載せることができる!

ホームページを作って、、メールマガジンを作れば、情報を消費者に送れて、会社の宣伝や商品の宣伝になる!

http://q.hatena.ne.jpダミー

id:imagaichiban No.8

imagaichiban回答回数134ベストアンサー獲得回数22006/06/21 12:18:23

ポイント14pt

目的もなしに、広報としての役目をします。

所在地、連絡方法、担当者。

業務の概説を発表することができます。

広告活動を無料で展開できます。


http://q.hatena.ne.jp/1150834328

id:marinelake No.9

marinelake回答回数109ベストアンサー獲得回数02006/06/21 15:21:17

ポイント14pt

以下の情報を伝える事ができます。

会社の電話番号

会社の存在する場所の地図

IR情報の発表

商材の説明(パンフレット資料の配付を減らせる)

未開拓顧客が飛び込んでくる可能性

会社の企業イメージの向上(ウェブデザインによる)

総じていうと会社の窓口ということになりますね。

リンク先は中小企業のホームページの優れた作例です。

参考になるのでぜひ見てみてくださいね。

http://sos.sanwa-p.co.jp/

id:Baku7770 No.10

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812006/06/22 19:44:28

ポイント14pt

 一番大きいのは外部からの問い合わせに対応する時間を減らせると言うことですね。

「会社の地図を送って下さい」

「社員の募集していませんか」

「電話番号は」

 地図をFaxで送る場合の対応を考えてみましょう。

①電話の問い合わせを受ける(3分)

②総務に連絡して地図を借りるお願いをする(1分)

③総務担当者は地図を印刷する(2分)

④総務まで地図を取りに行く(往復5分)

⑤送り状を書いて、Faxする(10分)

 合計で約20分です。1日1枚こんな対応していたら年間実働日を240日として

 240日×20分/日÷60分/時=80時間

と、年間で10日間分の人件費がかかることになります。

 さらに、最近は不祥事に対して発表しないと対応が悪いとクレームが入ります。そこでもHP上に謝罪をしておけば無料です。(以前は三大紙+日経が常識でした)

 個人情報を含むパソコン等の盗難についてのお詫びとお知らせ - 高木工業株式会社

id:manekinekoo No.11

ねこー回答回数65ベストアンサー獲得回数32006/06/23 09:41:52

ポイント14pt

家の改装する業者を選ぶとき、営業の方からも話を聞きましたが、金額が大きく不安なのでホームページの内容も参考にしました。

実際に頼んだところは土屋ホームです。

http://www.tsuchiya.co.jp/

断わったところは、地元の建築業者です。

ホームページはありましたが、あまりいい印象はありませんでした。

その会社の規模や運営内容はホームページを見て初めて分かる事が多かったです。

お客様の立場としては、WEBで公開されている情報はとても大きいのではないでしょうか。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 malibulove 32 29 0 2006-06-23 17:30:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません