被服学について勉強しています。


ある男性がダブルスーツを着用している際、
布の枚数が胸部のほうに多く、その結果として
空気層が多くなり、胸部のほうが、背部よりも
暑く感じるはずなのです。

ですが英文の文献を読んでいて、とくにそのような
変化はあらわれず、理由は体の局部より体幹部のほうが、気温の変化に順応しやすいからだ、と書かれています。

体温調節が効くのは局部だった気がしてどうも
納得できません。

なぜ局部より体幹部のほうが、気温の変化に順応しやすいのでしょうか?

教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/22 03:14:52
  • 終了:2006/06/29 03:15:03

回答(1件)

id:I11 No.1

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552006/06/22 11:51:40

ポイント60pt

人間は寒いと感じると交感神経が働き、体温を調節するホルモンを分泌して体温を上昇させる脂肪組織に働きかけ体温を上昇させます。暑さを感じると汗を分泌させて体温を下げます。人間の場合、体温を上昇させる脂肪組織は局部よりも体幹部に多く存在します。

という意味で考えると、体の局部より体幹部のほうが気温の変化に順応しやすいという説明は間違いではありません。

ただし、体温を下げる汗腺の表面積は体幹部より局部の方が広いという意味では、局部の方が体幹部よりも気温の変化に順応しやすいという説明も間違いではありません。

気温の順応は、暑さと寒さの二種類があり、その調節の方法や場所はそれぞれ異なります。

http://physiology.jp/exec/page/stopics24/

http://www.kenkou-atoz.com/colum_01.html

id:wadax2000

早々に回答ありがとうございます!

授業のプレゼンが近く困っていました。

脂肪組織の働きについてしらべてみます。

2006/06/22 21:33:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません