「すべての仕事は売春である」とはどのような意味だと思いますか?


ちなみにこの言葉は、岡崎京子が「pink」という漫画のあとがきで、J・L・G(ジャン=リュック・ゴダールか?)の言葉として引用しているものです。
以下のサイトでそのほぼ全文が読めます。
http://tpm.g-7.ne.jp/plunge_into_love_and_capitalism/origin.htm

また、私も一応考えてみたのですが、それは長くなりそうだったので、別のところに書いてこの質問にトラックバックしようと思います。こちらもよかったら読んでみてください。

それでは、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2006/06/22 13:35:22
  • 終了:2006/06/29 13:40:03

回答(51件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
トラックバックが? duck752006/06/22 16:16:02

この質問にトラックバックしたつもりなのですが、失敗したのか、そもそもできないのか、反映されていません。

ですのでここにアドレスを書いておきます。

http://blog.livedoor.jp/ducklive/archives/50035418.html

「金」と「愛」 amber2006/06/24 01:23:43ポイント2pt

トラックバックのブログ読ませていただきました。

ありがとうございます。

http://blog.livedoor.jp/ducklive/archives/50035418.html

で、別の角度からの「お金」と「愛」


普段からいろいろな企業が倒産していくさまを見て

「愛」が足りなかったんじゃあないのかあ、と良く思うのですが

それを思い出しました。


某大手スーパーチェーンの○イエー。

普段から接客態度が悪くて悪くて評判だった。

地元では以前、罪も無い中学生を万引き犯と間違えて捕まえ、間違いが分かった際も

きちんとした謝罪もなく、その後その中学生は引きこもってしまったと

後日商店街で聞きました。


もちろん、商売する上で一番必要なのは売り上げを伸ばし維持すること。

それは企業が存続する為にも、従業員に給料を支払う為にも。

それでないと商売は成り立たない。

けれど、それとは別にお客さまへの感謝とか「愛」も必要ではないか、と思う。

初心を忘れ、客のことも忘れ、クレームも多くただ利益だけ。

そんな企業はいつか駄目になるのかなーと。

お客さんに喜んでもらいたい、みなさんの為になる商品を作りたい

そういう「愛」が根本にあり、いい商品を提供できるのであって

消費者はそんなにバカではないし、最近はクチコミも発達しているので評判が悪ければ

継続してその企業を利用したいとは思わない。

遠回りに見えてもその「愛」が先々

利益を伸ばし会社の存続にもつながるのではないのではないか、と思う。


資本主義も利益追求だけになってしまうと怖いもの。

資本主義以外の社会主義も良い社会主義の成功モデルがあれば

社会主義の方がユートピアか。



携帯の番号ポータビリティに関しての調べで

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060623-00000038-zdn_ep-sci

「現在利用している携帯電話事業者→NTTドコモが50.7%、次いでKDDIが24.7%」

                ↓  

「どこの携帯事業者に契約変更するか→KDDIが過半数の58.0%次いでNTTドコモ22.1%」

・乗り換えを検討しているユーザーの半数以上が変更先としてKDDIを希望

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060623-00000439-reu-bus_all

番号ポータビリティが始まったらかなりのD社離れが予想される。

D社の客に対しての対応の悪さは有名であり客を客と思っていない対応が目に付く。

私もあまりのひどさにD社からA社に変更したがA社で満足している。



売春にしても、そこにはお客さんというものに対しての「愛」が必要?

人のからだを気持ちよくさせるのだから人間に対しての最低限の「愛」が無いと無理そう。

(エステシャンにもつながること?)

それにきっと一見さんだけでは成り立たない職業なのではないか。

からだという生ものでの商売であること、からだを交わす仕事であることから

「またお願いするよ」という継続性を考えると

美人、スタイルがいい、だけではなく「まごころのあるサービス?」=「愛」が

(男性じゃないから実際のところ良く分からない。どうなんでしょう?)

不可欠なのではないか、と想像できる。

(よくお笑いのコントなどで一目見て「チェンジ・・・」とかいうネタもありますが)

※売春といってもいわゆる援交と呼ばれるものは別だと思います。


たとえば、人力検索はてなの場合。

そこにはポイント(お金)が存在しているわけですが「愛」はどこ?


私は回答する時には、なるべく自分なりの「愛」を込めているつもりなのですが

検索系の質問ならば、なるべく質問の内容に沿うようなもの、理想に近いものを

一生懸命探して提供するように心がけます。(失敗する時もありますが)

悩み系の質問であれば、どれだけ親身にもし自分の立場なら、と自分におきかえて

言葉を選びつつ、時には厳しい意見も含め、回答できるか。

その結果、ポイントやいるか(お金)が付随してくる感じです。

みなさんも同じだと思うのですがなかには、あきらかに「愛」がない回答者もいて

そういう方はどれだけ多く回答していてもいるかが1つもついてなかったり

平均受け取りポイントが極端に低かったりするのではないでしょうか?

(これは一概には言えませんし、ポイント目当てだけのみの回答も否定はしません)

でも、高ポイントやいるかなど、それなりのものをもらうには「愛」も必要なのでは、と。


芸能界の大御所の和田某さん出演のリーブのCMでも(あれが真実なら)

お客様と喜びを分かち合いたいな、といっていてこれもまた

「愛」だね、というところをアピールの戦略か。


そう考えると大抵の職業は「お金」と「愛」

その割合は違うだろうし、それを同居させるのは難しいことだとも思うけれど

両方があってこそ、継続して成り立つのかな、と。

根本には「愛」もしくは「愛」のようなもの。


ブログを拝見してまた違う角度から色々考えてみました。

つたない幼稚な文章で大変恐縮なのですが失礼致しました。

「手ごわく恐ろしい残酷な怪物」としての愛 duck752006/06/24 12:16:41

ああいいですね、こういう長文の回答。はじめて「いわし」で質問したのですが、短文の回答が多くて、ちょっと失敗したかな、と思ってたので。こちらこそ、ブログの拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。それでは私もまた、別の角度から。

私の場合、私自身も含めて、周りにあまり「お金」に執着する人が少なくて、逆に、「やっぱ愛だよ、愛」みたいな雰囲気が見受けられます。私はこれも、「お金」に執着する企業の対極に、やはり同じような数だけあって、同じようにやや問題だと思います。

というのも、この「愛」、ほとんど「エゴ」になってしまう一面を持っていると思うからです。というか、「愛」とは本質的に「エゴ」なのかもしれない。何かそれを、御大層なものとして崇め奉ってしまうのは、誤りかもしれない。自分が良かれと思って相手に対し、何々「したい」あるいは「してあげたい」と思っていることは、実は相手は望んでいないかもしれない。ありがた迷惑かもしれない。愛の押し売り、愛の押し付け、かもしれない。

一方、消費者のほうも、何かを「したい」何かが「欲しい」といった様々な「欲望=愛」を抱えています。ここで、送り手(企業)の「欲望=愛」と受け手(消費者)の「欲望=愛」が合致するとき、そこを「お金」というものが媒介しているのではないか、と思います。

私はやっぱりここでも「お金」であるのか、「愛」であるのかの二者択一には与することができません。昨今の企業の風潮がやや「お金」に傾いているとしても、です。

蛇足になりますが、これは昨今話題になった、「会社はだれのものか」についても同じです。

会社はだれのものか

会社はだれのものか

株式会社の場合、アイデアを出して起業した「起業家」がいます。そこに株式を買って資金を出した「株主」がいます。そして更にその会社の商品を買う「消費者」がいるわけです。まぁもっと言えば、そこからの税金で何がしかを行う「国家」も介入しているでしょう。ことほど左様に多くのファクターが介在している「会社」という一結節点を、「だれのものか」などと単一的に聞かれても困ります。

「お金」や「愛」についても同じことではないでしょうか。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 表現にとって引用とは何か? duck75の日記 2006-06-28 20:23:57
    question:1150950921 ま、タイトルはいっぱしなんですがね(笑)。 そこまで深く考えてみたことはなくて、ここに書きながらゆっくり考えていきたいと思います。 まず、表現に関して、オリジ
  • 「すべての○○は××である」という言明 **挑発性と意外性と説得力 少し前はてな界隈で、<<間接的>>であれば、当然誰もが潜在的に「人殺し」だと思うんだけどなーとか、お前らは間
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません