西田哲学を論じた本で、形式論理学の記号をたくさん使っていた本があったと思いますが思い出せません。


茶色いハードカバー、箱入りの本で、著者は確か御茶ノ水女子大の教授だった人だと思うのですが。
4巻本です。

よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/23 10:52:46
  • 終了:2006/06/26 12:46:06

回答(1件)

id:kuriochiko No.1

kuriochiko回答回数133ベストアンサー獲得回数92006/06/23 13:53:11

ポイント60pt

西田幾多郎 1―その哲学体系

西田幾多郎 1―その哲学体系

  • 作者: 末木 剛博
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • メディア:

このシリーズではないでしょうか。全4巻です。

しかし、著者は東京大学名誉教授の末木剛博氏ですが。

もしかしたら御茶ノ水女子大に居られて、その時に書かれたものかもわかりませんが。

ちなみに、アマゾンや紀伊国屋では入手不可です。

id:izunagonago

これです!

ありがとうございます。

さて、どうやって手に入れようかな・・・。

2006/06/26 12:45:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません