試合が終わり中田が倒れ込んでいる

新聞の一面写真を見て、何かやりきれない
ものを感じています。
代表の戦いを振り返った文章が無性に読みたい
気分です。
どんな文章でもいいので、
お奨めを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/23 20:29:10
  • 終了:2006/06/27 19:11:30

回答(12件)

id:taka27a No.1

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/06/23 20:35:02

ポイント20pt

http://www.asahi.com/sports/fb/KYD200606230008.html

GK川口選手への評価は高いですね。

id:bookst

良く言われている事ですが、

GKへの評価が高いチームというのも

なんだかなあ。です。

今回、失点7です。

これで評価が高いというのも何かの

笑い話しでしょうか。

ちょっとイヤミなコメントですみません。

2006/06/23 21:04:22
id:jomin No.2

jomin回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/06/23 20:41:15

id:bookst

いやー、おもしろかったです。

ちょと気が晴れました。

ありがとう。

2006/06/23 21:11:12
id:kakasi7 No.3

kakasi7回答回数336ベストアンサー獲得回数82006/06/23 20:57:03

ポイント20pt

ブラジルはわずかなミスも見逃してはくれない

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/20060...

厚かった壁…ジーコ日本終わった

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060623-00...

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/index.html

などは如何でしょうか

id:bookst

そうなんだ、

攻撃では良い形を作ってたのか!

でも、この意見も4年前から変わりませんね。

ちなみに、攻撃陣が良い形を作っていた時は必ず負けてます。

2006/06/23 21:23:05
id:int80h No.4

int80h回答回数359ベストアンサー獲得回数252006/06/23 21:11:17

ポイント20pt

「最後まで響いた前半の失点 個人とチームの融合を」

http://wc2006.yahoo.co.jp/voice/analysis/ihara/at00009627.html

id:bookst

うーん、

あんがと。

2006/06/23 22:20:36
id:hamster009 No.5

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/06/23 23:36:09

ポイント20pt

金をかければ強くなるというわけでもないんですねぇ。

日本のサッカーなんてこんなもんでしょ。

http://www.ahoo.co.jp/

id:bookst

確かに。

めちゃくちゃ金かけてますからね。

サッカーだけならいいのですが、

なんとなく今の世間とだぶって

見えるもので、

こんなものではないと思うのですが。

2006/06/24 05:34:13
id:kumonoyouni No.6

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/06/24 01:19:30

ポイント20pt

個人的感想を。


なぜこうなってしまったのだろうか?

(皆感じたことだと思うが)全ては初戦にあったように思う。

小野選手の交代のタイミングである。

小野選手が入って、中田選手が前にいくと聞いたこの瞬間、私はダメだ!と思わず声をあげていた。

攻めたいのか、守りたいのかよく分からなかった。

中田選手が後ろにいるからこそなんとか凌げているのに、ここで前にいくと絶対点を入れられてしまうと思ったからだ。

結果として中途半端な選手交代は選手にも伝染し、チームは追加点欲しさから小野選手を前に行かせる羽目になってしまう。

あそこで選手交代する場合、福西選手の代わりに稲本選手を入れるべきだったし、同時に攻めたいならあわせて柳沢選手の代わりに大黒選手を投入するべきだったように思う。

全てが後手後手にまわってしまった後味の悪い試合だった・・・。


第二戦目。。

大舞台に強い川口選手は相変わらず冴えていた。

私は前半終了間際、今のクロアチアは点を入れる事はできない、その代わりに日本も点を入れる感じがしないと漏らしていた。

そもそも、なぜ先発メンバに柳沢選手が入っているのか私には分からなかった。

初戦で彼の不調(悪いときの柳沢選手)は明らかだったように思う。


そして最終戦。。

試合前夜。皆がもうダメだと嘆くなか、例えブラジル相手だろうと、どんなに不利な状況だろうとやるからには120%日本の勝利を願っていた。

が、例え日本がブラジルを破ったとしても、残念ながらクロアチアの状況をみる限り、クロアチアはオーストラリアには勝てないだろうと話していた。

試合が早朝ということもあり、私は最終戦をリアルタイムで見ていない。

見るのが怖かった、そして自分の予想がはずれて欲しいと願っていた。

結果は・・・(中田)ヒデ~~~~(T^T)


最後に・・・

中田選手のパスはキラーパスと呼ばれ、それに対し小野選手のパスはエンジェルパスと呼ばれる。

私が今回一番残念だと感じたのは、この両者の奏でるハーモニーを演出するために最後までジーコ監督がうまくタクトを振れなかったことだ。

両者のパスは対照的で、なぜ中田選手はレベルの違う相手にもあんな厳しいパスを出すのかという声がよく聞かれるなか、彼自身こう語ったことがある。

「試合の中で離れた相手には、パスで自分の意思を伝えることもできると思っています。

 ここへ走って欲しいという気持ちをパスで伝えることも必要なんです」と。(私の記憶の範囲ですが)

彼自身、個人競技の方がむいているのかもしれないと親しい関係者に漏らしたという記事も読んだが、確かに彼の悩める心境と表現べたな面を捕らえているように思うがそれ以上に周りとの温度差がありすぎたように思う。

それだけに彼が崩れ落ちた瞬間を見たとき、こちらまでやるせない気分にさせられた・・・


夢はまだ終わらない。

4年後に期待したい・・・。


※参考URL

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/nakata/?1151053520

http://blue.ap.teacup.com/m-ita/85.html

id:bookst

結果的には、オーストラリア戦で

最後に3失点がなければ、

もしくは1失点で抑えていれば、

決勝トーナメント進出の可能性は

高かったと思います。

ヒディングのパワープレーに

対する準備を怠ったといえばそれまでですが。

ちなみに、毎年チャンピョンズカップは

ありますので、形の上ではJリーグのチームは

世界一をねらえるのですが、ですから、

来年に期待したいといいたいのですが、

まあ、その、なんですね。

2006/06/24 09:44:03
id:toriaezu No.7

toriaezu回答回数119ベストアンサー獲得回数72006/06/24 04:03:54

ポイント20pt

私もやりきれない思いを強く感じました。

相当悔しかったんだと思いますし、その気持ちが爆発してあの試合後のインタビューになったのだと思います。

http://www.zakzak.co.jp/2006worldcup/news/2006062301.html

中田選手はいい意味でも悪い意味でも孤独なのだと思います。

http://www.sponichi.co.jp/kobushigumi/match_report/match_043.htm...

あと、セルジオ越後の痛烈な監督批判。厳しい意見ですけど、確かにそのとおり。

http://ime.st/news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2116884/deta...

なんだかどうしても後ろ向きなニュースばかりになってしまいますが、次に向けて一からやっていくしかないですね。

id:bookst

中田の立ち位置は相当好きなのですが、

なんか悲壮感が漂っていて、

もう少しラフな面が目立てばもっと良いと

思うのですが。

セルジオさん見れませんでした。

削除されたのかな。

2006/06/24 09:52:03
id:kakaricho222 No.8

kakaricho222回答回数123ベストアンサー獲得回数02006/06/24 05:58:16

ポイント20pt

私敵には 選手は頑張ったと思いますよ!。何と言っても オーストラリア戦の 監督の迷った采配ですよね! 攻めに行くのか? 守りに行くのか? 上手く選手には伝わらなかったんじゃ 無いんでしょうかね 明らかにジーコ監督は迷ってた様な気がします。

監督が迷ったら 選手はもっと迷うと思う。これが 1番の原因ではと思います。  http://tochu.tokyo-np.co.jp/

http://blog.excite.co.jp/ultrasnippon/ここに ウルトラスのリーダーのブログが有ります。 現場の感想などが載っていますよ。

id:bookst

ブルーのユニで

ドイツにいるのは、本当につらいでしょうね。

2006/06/24 09:56:50
id:takeshi_kur No.9

takeshi_kur回答回数33ベストアンサー獲得回数12006/06/24 09:37:49

ポイント20pt

http://tatsuhito.exblog.jp/5098208/

中田選手の涙について。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20060624-OHT1T00058...

キングカズは中田選手の代表続行を熱望。

http://www.sanspo.com/soccer/06worldcup/news/st2006062401.html

中田選手の今後について。


ほんとに残念でしたね。今後のことを前向けに考えて、また応援しようと思います。

ニュース記事は、早めに見ていただくようにお願いいたします。

id:bookst

でも、私はやはり最近

代表で活躍するナカタよりボルトンのナカタ、

代表の試合よりJ、

に傾きつつある様です。

2006/06/24 20:17:31
id:neigbor-food No.10

neigbor-food回答回数4ベストアンサー獲得回数02006/06/24 11:56:59

ポイント20pt

http://response.jp/issue/2006/0623/article83237_1.html

ジーコ監督がほんとうに語ったこと…ワールドカップ敗退


これリアルタイムで聴いてたけど、実際とはこんなにも差があったとは・・・・・

言葉とはかくも難しいものなのですね。

id:bookst

ありがとうございます。

これはたいへん参考になりました。

2006/06/24 20:20:57
id:toriaezu No.11

toriaezu回答回数119ベストアンサー獲得回数72006/06/25 18:27:14

ポイント5pt

すいません、2度目の投稿になりますのでポイントはいりません。

 

あらためて、セルジオ越後の痛烈なジーコ監督批判。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2116884/detail

こちらは川淵会長への批判。

http://germany2006.nikkansports.com/column/sergio/sergio20060625...

次は、10番目の回答についてのフォローの記事。

そもそも今まで監督と選手のコミュニケーションはうまくいっていたんですかね?

ちょっと疑問に思えましたし、今後も不安。

http://d.hatena.ne.jp/kanac/20060622#p2

9番目の回答にある金子達仁さんの日記を読んで、やはり中田は孤独なのだと思いました。

ソースは見つけられませんでしたが、前半ロスタイムに日本が点を入れられたあとで、

中田は大声で「キーパーだろ今のは!」と川口に叫んでいるシーンがテレビで流れていました。

両者がともに孤独であれ、その孤独の質は違っていて、共有できないということは残酷な気がします。

 

ですが、中田の孤独は前向きな孤独だと考えています。

ひょっとしたら、早い段階で中田の元に駆け寄った宮本が

「いまは放っておいてやろう」と言ったがゆえの孤独だったのか。

これは本当にそうだったのではないか、と考えています。長文失礼しました。

id:bookst

もしかすると、

「ああ、いやだった代表もやっと終わる」

という嬉し涙だったかもしれません。

それは、ないか。

本人ではないので本当のところはなかなか

わかりませんが、どうしても、

なんらかのメッセージがあるのではと、

考えてしまいます。本人の考えにかかわらず、

あれは、あの倒れこんだ写真は結構な意味を

持っていると思っています。

これが、何がしかの変化のきっかけであればとも思っていたのですが。

2006/06/27 18:54:45
id:takeshi_kur No.12

takeshi_kur回答回数33ベストアンサー獲得回数12006/06/27 08:23:48

ポイント5pt

これも、2度目の投稿になりますので、ポイントはいりません。

気になる記事があったので、追加させていただきます。

http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_j/08018.html

というように、FWの決定力不足を嘆く声が多いのですが、


http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_j/08273.html

「本当に柳沢だけが悪いのか」という記事も、


http://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_j/07869.html

どちらにしても、「4年後の日本のフィジカルは…」

とにかく、気を取り直して、新監督に期待します。

id:bookst

やっぱりDFがしっかりしてさえいれば、

一歩譲っていいボランチがいれば、

FWは前を向けると思います。

回答していただいた皆様、

ありがとうございました。

すでにナカタのあれは、

なかった事になりつつあります。

でも当分、私の中で代表といえば、

あの写真がまず浮かぶと思います。

2006/06/27 19:08:13
  • id:takeshi_kur
    “人生とは旅であり、旅とは人生である”2006.07.03 Hide's Mail
    「nakata.net - 中田英寿オフィシャルホームページ」より

    旅において出会うのは常に自己自身である。自然の中を行く旅においても、我々は絶えず自己自身に出会うのである。旅は人生のほかにあるのではなく、むしろ人生そのものだ。
    好奇心の根底にあるものも定めなき漂白の感情である。人はそのひとそれぞれの旅をする。
    旅において真に自由な人は人生において真に自由な人である。人生そのものが実に旅なのである。
    旅について(「人生論ノート」より)三木清著、新潮文庫

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません