起業プランに出資をしてもらうためのプレゼンテーションの準備をしております。人の心を確実に掴むプレゼンテーションのコツなり本質について言及したwebサイトや書籍をご紹介下さい。良くできたパワーポイントファイルのテンプレート等の情報も大歓迎です。


本当に役に立つ情報には極力大きくポイントを配分いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/06/24 18:01:45
  • 終了:2006/06/26 20:31:32

回答(3件)

id:aiaina No.1

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/06/24 20:39:08

ポイント30pt

プレゼンテーションに限らず広告などのマーケティングで「コツ」として確立されている理論に「AIDMAの法則」というものがあります。

Googleで「AIDMA」で検索すれば、間違いなくたくさん出てくると思いますので、検索してみてくださいませ。

今回の場合のために前もって少し補足します。

AIDMA最後のAはAction(行動)を表していますが、広告ではそれは「購入してもらう」ことを意味します。つまり、紹介した映画は確かにおもしろそうだ、見てみたいと思わせれば最後のAにたどり着いた良いプレゼンであったということになるわけです。

また、最初のAはAttention、二番目のIはInterest(関心)です。何も英語を使わずとも、日本でも「ツカミ」とか「まくら」といわれているものだと考えればいいでしょうね。

たとえば、対象の映画がひたすら食べまくっていて、それがおもしろい、また数々の料理がおもしろいといったことを訴求したいとします。

その場合、いきなり映画の説明や訴求を始めるのではなく、映画から一旦はなれて、食べることの楽しさ、料理を味わう楽しさなどから始めるのです。

まず、説得の前に、聞き手に「食べることの楽しさ」「料理のおもしろさ」などに対して共感を呼び起こしておくことが大切なのです。

まずは情に訴えて共感してもらい、説得の下地を作り、そのあと理で説く、というのがいいのではないかと思います。

http://www.blwisdom.com/ikey/05/13/

id:ken_yonezawa No.2

ken_yonezawa回答回数96ベストアンサー獲得回数22006/06/24 21:27:50

ポイント27pt

上記のサイトも含めいろいろありますが

僕が過去に使った本とサイトを紹介します。

ご参考にまで

http://www.shushokuka.jp/presen01.htm

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798102628/249-4907714-960354...

id:ssys No.3

ssys回答回数108ベストアンサー獲得回数22006/06/24 22:41:03

ポイント26pt

ターゲットのタイプによって、イメージで押すのか、利詰めでいくのかによりますが、事業計画で最低限必要な資料が必要になると思います。

http://www.shigaplaza.or.jp/venture/plan/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません