次のようなデータを、アクセス等を使って
集計する方法を教えてください。


<データ>

ID
test1
test2
test2
test3
test3
test4
test4
test4





<集計>

1回出現しているIDは1個
2回出現しているIDは2個
3回出現しているIDは1個

n回出現しているIDはn個

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/30 16:36:02
  • 終了:2006/06/30 19:08:20

回答(4件)

id:rikuzai No.1

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/06/30 16:52:54

ポイント23pt

ではとりあえずアクセスで。


上記データが格納されているテーブルを「テーブル1」として、

フィールド名を提示の通り「ID」とします。


  • クエリを新規作成し、テーブル1をマウント。
  • 「ID」フィールドを二度クリックするとデザイン画面に二つ「ID」フィールドがセットされます。
  • ツールバーにある「Σ」(集計)ボタンをクリックし、デザインビューの「集計」項目を、片方はデフォルトのグループ化のままにし、もう片方を「カウント」を選択します。
  • 「!」(実行)ボタンを押すと↓のように各IDの出現数の一覧が表示されますので、これを「クエリー1」として保存します。

ID IDのカウント
test1 1
test2 2
test3 2
test4 3

  • 再度クエリーを新規作成し、クエリー1をマウントします。
  • クエリー1を作った時と同じように、今度は「IDのカウント」を二つ表示し集計、片方をグループ化、片方をカウントにして実行します。
  • ↓のように「IDのカウント」フィールドにIDの出現数、「IDのカウントのカウント」に出現数の集計が表示されます。

IDのカウント IDのカウントのカウント
1 1
2 2
3 1
id:gong1971 No.2

gong1971回答回数443ベストアンサー獲得回数682006/06/30 17:20:13

ポイント23pt

Accessでの集計方法をご案内します。

[Table01]というテーブルの[ID]というフィールドを集計すると仮定しました。


  1. クエリをデザインビューで新規作成します。(テーブルの表示は[閉じる]をクリック)
  2. [表示]メニューから[SQLビュー]をクリック。
  3. 下記のSQLをコピーして貼り付けます。
  4. [表示]メニューから[データシートビュー]をクリックすると結果が表示されます。
SELECT tmpQuery.出現数, Count(tmpQuery.出現数) AS 個数
FROM [SELECT Count(Table01.ID) AS 出現数
FROM Table01
GROUP BY Table01.ID]. AS tmpQuery
GROUP BY tmpQuery.出現数;

※Table01 と ID はテキストエディタなどで実際に使われている名前に置換してご利用ください。

id:bonlife No.3

回答回数421ベストアンサー獲得回数752006/06/30 17:22:46

ポイント22pt

ACCESSでしたら、"オリジナルテーブル"という名前のテーブルの"id"という列に上記の値を設定し、以下のようなクエリをSQLビューで記述すれば良いと思います。

SELECT 集計テーブル.出現回数, COUNT(*) AS 個数
FROM [SELECT COUNT(*) AS 出現回数 FROM オリジナルテーブル GROUP BY id]. AS 集計テーブル
GROUP BY 出現回数;

出力結果がご希望通りでなかったら申し訳ありません。

id:uni90210 No.4

uni90210回答回数301ベストアンサー獲得回数52006/06/30 17:23:23

ポイント22pt

「データ(D)」の「集計(B)」で集計の方法を「データの個数」にするとできます。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません