社員の人的能力向上の取組みを行いたいと思っています。といっても月並みな「セミナー開催」や「奨励図書の読破及びレポート提出」といったことではなく、簡単で手間のかからない小さなことで結構なんですご存知でしたら教えて下さい。いま、私が考えているのは「社内での新聞の読み会」というものを考えております。啓発にもなるしコミュニケーションも取れると思うんです。そのような視点でなにかご存知でしたら教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/06/30 20:55:04
  • 終了:2006/07/04 20:48:43

回答(8件)

id:apple-eater No.1

apple-eater回答回数420ベストアンサー獲得回数82006/06/30 21:11:12

ポイント17pt

ありきたりですが:

会社の近所の清掃。

地域行事への参加(祭り、ゲートボール・グランドゴルフなど)。

家---会社

ポイントからポイントでなく、広がりを持った活動。

お客さんでない普通のひととの会話とかいいんでは?

技術は会社で磨けるが、会社世界だけでとどまるのでは頭打ち。

会社の上下関係から離れた場所での活動が望ましい。

上司の機嫌を伺いながら「新聞の読み会」しても効果なしでしょ。

URLはダミー http://www.hatena.ne.jp/

id:m-nisi No.2

m-nisi回答回数159ベストアンサー獲得回数32006/06/30 21:33:06

ポイント17pt

スケジューリングの徹底はどうですか?

共有ツールを使って、全員のスケジュールを全員が把握する事により、

業務が円滑に進みますよ。

ダミーURL

http://q.hatena.ne.jp/

id:rennet No.3

rennet回答回数242ベストアンサー獲得回数62006/06/30 21:33:23

ポイント16pt

ロール・プレイング

簡単なロールプレイング。

ある社員に質問を考えてもらい別の社員にその質問の

回答を考えてもらいます。

それを部署の他のメンバー(できれば全員)の前で

発表してもらいます。

A君に

「お客様が実際に当社にしてきた質問を調べて教えて」

Bさんに

「あす、こういう質問をするから考えておいて」

私は新しい管理部署で実際にこれをやりましたが

コミュニケーション(部下と私、部下と部下)も

良く取れましたし話し方や知識の向上にも役立ちました。

ポイントは難しい質問にしないこと、タイムリーな

質問にすること、短時間で毎日、続けることでした。

回答者に上司が助け舟を出してあげると支え合いの雰囲気が

醸成されます。声の小さい人やしゃべり方に問題のある人には

その場で責めず別室で改善点を個人的に指摘します。

id:siva-p No.4

☆P回答回数20ベストアンサー獲得回数02006/06/30 21:45:20

ポイント16pt

どのような会社なのでしょうか?

業種や規模によって対応が違うと思います。


こんなのは如何でしょうか。

カイゼン提案会。

普段の業務の中で、こうすれば良くなると思うのにというのはあるはずです。

そういった意見の提案会は如何でしょうか。

その会議のルールとして、いきなり提案に対する反対意見を言ってはいけない、会議中は上司、部下、先輩、後輩の垣根は取り払う、といった意見を言い易い雰囲気作りが重要です。


トヨタのカイゼンとホンダのワイガヤを取り入れてみました。

http://www.hiroshitasaka.jp/kotoba/library_file/03_TM0285.html

id:shiikahiro No.5

shiikahiro回答回数221ベストアンサー獲得回数12006/07/01 00:02:29

ポイント16pt

毎日10分~15分間のフリートークをしてもらいます。

ただし、言語は英語のみ、集団で会話してもOKですし、2,3で会話を楽しんでも構いません。話の内容もなんでもOK。

英語は国際言語です。ぜひとも社員全員に日常英会話の力を身につけましょう。

http://www

id:kaoru1107 No.6

kaoru1107回答回数138ベストアンサー獲得回数42006/07/01 08:10:02

ポイント16pt

http://blog.mag2.com/m/log/0000154126/106926117

組織内にオープンな業務日誌の義務付けはいかがでしょう?

1枚の業務日誌を全従業員が毎日書いて、上長に提出。

上長はコメントを赤入れしてさらに上に提出します。

その流れで経営者までコメント入ったら、本人に戻ります。

もちろん、特にコメントの必要がなければ閲覧チェックのみで構いません。

また、毎日書きますので、本格的な営業日誌みたいなものでなく、その日の所感を記す程度のアバウトな書かせ方にします。

仕事そのものについて書いてなくても、それはそれでよしとする程度のルールで進めます。

まあ、社内で書く「日記」という感覚です。

レポートラインを上がっていきますが、基本的に組織内でオープンですので、メンバー内回覧をしてもよしとします。

これを続けますと、あらゆる従業員の仕事観や問題意識、関心事項が掌握できますし、上長コメントのフィードバックが日常的に行われることで、意識向上が図れます。

この手法は、ホンダ内で、ワイガヤのマネジメントの一環として行われていたと聞きます。

定着させるには、どんな書き方をしてきても、あまりがちがちに締め付けたりしないことだと思います。

同時に、必ず毎日書く、全員書く(上長も書きます)ことを徹底することです。

書かない人、書かないグループが存在すると、しらけてしまいますので。


これが定着したら、こんどはクローズなツールを実施します。

半期に一度、か年一回程度、経営者あて「親展」で提出させるのです。

日常の問題意識の累積を、同僚や直属の上長を経ないで、最高位者に直接開示できるツールです。

これに関しては、経営者が、完全にクローズドで情報を扱うことでないと効果がありません。

こんなことを定着させていくと、全体の認識が高まっていくと思います。

id:sami624 No.7

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/07/01 08:53:47

ポイント16pt

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/

個別具体的なものの方がいいのではないでしょうか。

例えば、社説に対する10分程度の討論を行うとか、個別具体的な話題に対する意見・見解を考えるというのは、思考能力向上に役立ちます。

id:gakuyo No.8

gakuyo回答回数60ベストアンサー獲得回数32006/07/02 02:23:15

ポイント16pt

 会社の規模や業種、向上させたい人的能力が不明ですので、一般論になります。

 組織が動いていく上で、

 受け身で人の言いなりになりやすい人

 攻撃的で人に食ってかかる傾向がある人

 策士的で人を自分の都合のよりように操ろうとする人

 は、妨げになります。

 このような人が変わるための訓練が「アサーティブネス」です。

http://www.assertive.org/01/01_nani.html

 参考になさってみて下さい。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません