質問というより愚痴になりそうですが読んでください。主人が働きすぎでいつ倒れるかと毎日気が気ではありません。ここ2年の間、休みは私の記憶する限り一日もありません。毎日帰りは11時過ぎ、土日は現場に行きホテル泊まり。主人は現在38才です。彼を見てると何のために生きてるのかわからなくなってきます。人間どのくらいまでがんばれるんでしょう。最近は見てるのもつらくなるくらい疲労が顔に出ています。男の人はそう簡単に仕事を放り投げられないのでしょうが、できない仕事はできない、、、と反抗して欲しい気持ちになります。同じような会社生活を送ってる方、今の現状をどう思って過ごしてるのか教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/05 22:53:01
  • 終了:2006/07/06 21:23:35

回答(17件)

id:KairuaAruika No.1

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972006/07/05 23:02:10

ポイント13pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%ac%a4%f3%a4%d0%a4%ec

アドレスはダミーです。

そのことに関し,奥様はだんな様に一言申し上げたことがおありでしょうか?

もしかしたら「あなた大丈夫?」その一言を待っておられるのかもしれません。

様々な事情もおありでしょうが,「節約するので」「私も働くので」という運びにし,状況を改善する糸口を作って差し上げたほうが良いと思います。

男性は,何かに没頭していると突き進んでしまうきらいがあります。

まじめな人こそその症状は重いです。

思い切って,(自分や家族の生活水準が下がることを覚悟して)一歩踏み出してみるのはいかがでしょうか。

人間,死んでしまったり,脳溢血で倒れて寝たきりになったのでは,もともこもありません。

頑張ってください,夫婦一緒に頑張ってください。

id:taroziro

ありがとうございます。書きませんでしたが私も働いています。(派遣ですが)うちは子供がいないので日中 一人でひたすら彼を待つだけの妻になりそうだし働いています。今まで何度となくいっそのこと会社やめちゃえ とか、、一人の体じゃないんだから、、とか一応思いつくことは言ってきました。でも何を言ってもがんばってしまうので本当に倒れてしまうまでは何を言っても無駄なのかなと思ったりしてます。何かあってからじゃ遅いのに、、。

2006/07/05 23:11:27
id:Lease No.2

Lease回答回数144ベストアンサー獲得回数12006/07/05 23:05:36

ポイント13pt

その会社の毎月の基本労働時間がどのくらいか知りませんが、もしその会社がご主人を強制的(職場上の立場から)に働かせているのなら、市区町村にある「労働基準監督署」に申し立てれば、その会社の業務形体を改善させるように勧告して貰えます。

http://roumu55.com/

id:taroziro

私もそういうところに言ってみようかな と思ったりします。主人の会社は名前だけは知られてる会社です。そんな名の通った会社でも こんなひどい労働を強いてるなんて、、と思うのです。他の人もそんなに働いてるの?と聞くと もっとひどい人もいる と答えます。他の社員の家族はどう思ってるんだろうと考えてしまいます。・・・・そうですよね。本当に相談してみようかな、、ありがとうございました。

2006/07/05 23:16:26
id:KairuaAruika No.3

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972006/07/05 23:17:13

ポイント13pt

http://q.hatena.ne.jp/1140665835

アドレスはダミーです。

大変失礼な言い方かもしれませんが,お許し下さい。

もしかしてご主人様は,家庭に安らぎを得ておられないのかもしれません。

家に帰って来たい,家にいるのが心地よい,という状況でしょうか?

奥様も働いておられるということですが,家の中は”良い”状況に保たれているでしょうか。

先日ある保険会社のアンケートで,男性は家庭に安らぎを感じる,ストレスを解消できる場所,とありました。

又,年齢的に可能であれば子供をもうけられるのはいかがでしょうか。

子供は,家庭をかなり安らぎのあるものにします。

早く帰って来たい,というその気持ちが大切です。

失礼な書き方,重ねてお許しを。

頑張ってください。

id:taroziro

いいえ、、、そう思われてしまうかもしれませんね。でも彼は家が大好きです。だから関東近辺の現場のときは泊まれば体も楽だろうに、終電に間に合えばどんなに遅くても帰ってきます。次の日、もし泊まりのときは 昨日はおいしいご飯と安眠をありがとう いつもごめんね とメールをくれたりします。それが彼の本心であると思います。、、、なんだかつい 誰かに聞いてもらいたくなってしまったんですね。自分たちの問題なんですよね。でもこんなに早くに回答をくださったことに感謝します。ちょっと気持ちが楽になった感じです。私の今夜は眠れそうです。

2006/07/05 23:28:17
id:cima164 No.4

cima164回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/07/05 23:30:16

ポイント13pt

http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/LA_insight/03/index.html

URLは参考程度のダミーです。作者とは関係ありません。

私(男既婚)と似ているので回答してみます。

私も5年間ほどの間、帰宅は12時過ぎ、週に数回徹夜という生活を送っていました。休みは時々まとめて取っていた気がします。

>人間どのくらいまでがんばれるんでしょう。

いくらでもがんばれます。でも志や目標がなければ続かないと思いますし健康管理は自己責任です。つらく思った時期もありますが、40才を過ぎ、最近ようやく報われてきた気がしています。何かに突動かされているのなら上手にサポートしてあげて下さい。前向きな時ほど人の心配など耳に入りません。

もし今のご主人のモチベーションが低いとしたら少々心配です。時々息の抜き方が分らなくなることがあり、自分を追いつめて精神的に安定させようとしていた事がありました。こういうときに廻りの人の助けがあるとホッとします。

id:taroziro

ありがとうございます。同じようにがんばってこられた男性からのご回答に勇気づけられます。「人間いくらでもがんばれる 」この回答には本当にほっとしました。いつもビクビクしてるんです。過労死とかそんなことが彼の身にふりかかったら、、と想像してばかりです。私にできることなんてないのです。ただいつも見守るだけで、、、そんな私でも彼の安らぎになってることを祈るばかりです。がんばります。ありがとうございました。

2006/07/05 23:38:10
id:aiaina No.5

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/05 23:32:35

ポイント13pt

食事の時間は一緒にしていますか?

どんなに遅くてもともにしてあげてください。

食事の時間がとても大切です。

人はものを食べていると、ココロが少し緩みます

自然と、言葉があふれます。

この時間だけはしっかりとるようにしてみてくださいね

いつもご苦労様

このひとことってスゴク大事ですよhttp://q.hatena.ne.jp/1152107578

id:taroziro

本当にそうですよね。うちは毎日夕飯は早くて11時すぎです。でも私も待っています。胃にやさしい、でも夕飯として食べた気になるもの。毎日の献立を考えるのが一番苦労です。食べることってとっても大事なことですよね。そう思います。ありがとうございました。うれしいです。

2006/07/05 23:44:25
id:nano327 No.6

nano327回答回数759ベストアンサー獲得回数352006/07/05 23:36:01

ポイント13pt

私の配偶者も質問者さんのご主人と同じような感じです。

休みは一応ありますが、以前は休みの日も携帯電話の留守電に何度も電話が掛かってきて、休みの2回に1回は出社していました。


本人が帰宅していたら、本人から直接この質問へ書き込みさせることが出来るのですが、朝8時に出かけて、夜1時過ぎに帰宅という感じなので、まだ当分戻りません。

明日からは、仕事が立て込んで、会社に3連泊する予定です。


私も以前、質問者さんと同じような疑問をぶつけた事が有ります。

その時は、「家族がいるから頑張れる」といっていました。

私は、「どんなに頑張ったところで、会社は何かあっても最後まで面倒を見てくれる保証はないのだから、もっと自分を大切にした方がいい」と言いました。

けれど、配偶者は家族のために頑張っているというよりは、必要とされていることに応えようとしているだけのような気がします。

つい、「いいように使われているだけ」と言いたくなりますが、それだけは言ってはいけないような気がして、とにかく無理はしないでほしいとだけ言っています。

なんだか私も愚痴のようになってしまいました。

すみません。

http://q.hatena.ne.jp/

id:taroziro

いいえいいえ、、、ありがとうございます。私のそう思ってしまいます。もし倒れたら会社は何かしてくれるの?と冗談ぽく言ったこともあります。すると「そりゃ 何もしてくれないよー」と答えてました。わかってるんですよね 本人も。。。それでも働く。。。働き者の旦那さんね なんて言われても笑えなくなってきました。お互いがんばりましょうね。(愚痴っこになっちゃいましたね)

2006/07/05 23:49:48
id:paffpaff No.7

paffpaff回答回数430ベストアンサー獲得回数122006/07/05 23:42:47

ポイント13pt

私の夫もけっこう働きすぎていると思います

一人でしている仕事ならある程度なんとかできるのかもしれませんが

チームで仕事をしていたり、責任者になっていたりする場合が多いので

「休みたいけど休めない」「帰りたいけど帰れない」とよく言っています


でも、うちの場合は

土日はどちらかは必ず休む

月に1回は有給をとる

と決めているようです(かなり無理やりでも休んでいます)

その上の上司はほんとうに盆と正月ぐらいしか休みをとらないらしく

その方のほうが心配なぐらいです


年齢的にも体力のピークは過ぎつつあると思うので

20代のときのように無理は利かないことを自覚しないと危ないと思います

配置転換を希望するか転職することを考えたほうがいいと思います

プライドがあるだろうし、奥様にもあまり弱気なところは見せにくいのかもしれませんが

「死んだら元も子もない」です

身近に過労死した例を数人知っています






奥様が働いていらっしゃるなら

「当面の生活は心配ないから」「収入が半減しても大丈夫だから」等、うそでもいいから方向転換できるように励ませたらいいのではないでしょうか

過労死までは行かなくても

会社を辞めざるを得なくなったり休職しなくてはいけない場合に備えて

実際の労働時間や、帰宅時間、不調を訴えた状況などを記録しておくことをお勧めします

(記録に残せばこのままじゃまずいな、と自覚できるかもしれませんし)


http://homepage3.nifty.com/mickeym/simin/22karousi.html

http://www.ne.jp/asahi/corazon/sky/health/karoushi.html

id:taroziro

そうですね。過労死、、、私の周りでも実際にありました。だから余計に怖くてたまらないのです。労働時間などわかる範囲で記録したほうがいいんですね。そうですね。ただただ心配してるよりできることもしておいたほうがいいですね。ありがとうございます。

2006/07/05 23:53:40
id:minamitae No.8

minamitae回答回数14ベストアンサー獲得回数02006/07/05 23:44:35

ポイント13pt

うーん。お疲れ様です。 

私は 28歳 既婚 女 正社員 です。

どちらかというと、私も仕事が好きなタイプなので旦那さんの気持ちも分かるような気がします。

なんか、責任のある仕事を任されると「がんばるぞー。」って思ってがんばっちゃうんですよね。

私も新婚で、旦那に3ヶ月会っていないときがありました。

朝8時に出て行って帰りは1時過ぎ、帰れないときはホテル泊でそのままとか、着替えもなかったから、昼に取りに帰って…。(さすがに2年間ぶっつづけはないですけど。)

家族がいるともひとつがんばるぞーって気分になるんですよね。

部下とかいると、さらにがんばるぞーってなっちゃうんですよね。

いま、私はそんなに忙しくないので、忙しかったころを振り返れますが、程々が一番良いと思います。

たろじろさんと たろじろさんの旦那様に、私からの提案としては、

全休はむりでも、半休とかの制度がもしあるなら午前休はいかがですか?

とりあえず、午前中だけでもお休みできると少しは元気になると思うのですが。

http://q.hatena.ne.jp/1152107578

URLはダミーです。

id:taroziro

2年くらい前までは土曜日に少しは寝坊できる、、って日もあったんですが ここのところはまるっきりありません。いくつもの現場を担当していて休む時間はまったくないといった感じです。先日も来年のお正月は現場にいないといけなくなった。と言われました。私も設計の仕事をしてましたので 正社員で働いてるときは毎晩遅くまで働いてました。その頃のことを思うとそう簡単に仕事を投げ出すことなんてできないってこともよくわかるんですが、、、やっぱり心配なのは体ですね。もう、、本当にそれだけです。

2006/07/05 23:59:16
id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/07/05 23:46:55

ポイント13pt

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

業種柄、上司に奉公する社員が9割であり、黒いものも上司が白といえば白、という企業であり、上司がいたら帰れない。だんだんあほらしくなってきて、無能な人間ほど残業をしたがるといってやったら、残業がないセクションに飛ばされ、降格、年収大幅減となりました。

ん百万年収落ちましたが、5時のチャイムと共に公務員の如く帰路に付く生活は、人間の原点であると改めて感じました。趣味のウインドやサーフィンにも力が入るし、ギターやキーボードは毎日弾けるし、強いて言えば、同程度の能力の社員の半額程度の所得となったことくらいでしょうか、不自由を感じるのは。健康と人生の喜び、趣味を通じた自己実現は、変えがたいものがあります。

何か趣味を見つけてあげたら如何ですか。

id:taroziro

趣味、、、そうですね。交際してたときから仕事だけの人だったので彼には趣味はないと思います。私も贅沢は言いません。ただ人間らしい生活させてあげたい って、、、それをよく彼に言います。最近、のんびりしたいね とか私をどこかに連れてってあげたいとか、、そんなことを言うようになりました。彼自身 体に限界がきてるってことなんでしょうか。あとは彼の思い切りひとつなんでしょうかね。、、、samiさんもいろいろあったんですね。うちもそんなふうになれるようがんばります。ありがとうございます

2006/07/06 00:06:08
id:TomCat No.10

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/07/06 00:31:37

ポイント13pt

おそらく、仕事を投げられないのではなく、

家族に対する責任を投げられないんです。

男というものはそういうものです。

 

今は、勤労者が「使い捨てられる」時代です。

ちょっとでも会社にとって有利な人材がほかにいれば、

お前なんか要らないと簡単にクビをすげ替えられる時代なんです。

だから、仕事に誇りなんてなかなか持てません。

愛社精神だって、正直みんな冷え込んでいます。

 

でも、どんな無理をしてでも今の仕事にしがみつかないと、

家族が養えなくなる。所帯持ちの仕事というのは、そういうものです。

 

そして同僚や部下への責任。

今自分がしっかりやらなかったら、同僚や部下への評価まで下がる。

そして仲間を窮地に追い込むことになる。

ほんと、そんなタコ部屋労働みたいな窮地に追い込まれて、

それでも辛い顔を見せずに働いていくのが

今の勤労者というものなんです。

 

そして、いつか体を壊します。

あんなに仕事を頑張ったのに、

もうあと少しでそれが報われる地位を手に出来るのに。

その寸前で体を壊して職場を去っていく。

そんな人を実際に見ましたし、話もよく聞きます。

それじゃいったい、何のために働いているのかわかりませんよね。

 

こうした過重労働を無くしていくためには、

本当は社会の仕組みを変えていくしかありません。

そのためには、労働組合が必要なんです。

でも今の組合は力が弱いですから・・・・。

 

あとは、ご家庭のビジョンを変えていくことでしょうね。

ご家庭の将来設計です。

 

今ご夫婦で働いている、その現状がいつまで継続されるのか。

途中で崩壊してしまう恐れがあるのなら、

たとえば数年後には独立起業を目指すとか、

ロハスな田舎暮らしに転進するとか、

そんな将来設計も必要になってくるかもしれません。

 

あと何年頑張ろう。

そういう区切りがハッキリしていれば、

うまくペース配分が可能になりますから、

少しは楽になってくるかもしれません。

 

ともあれ人間、体が資本です。

体を壊してしまったら、もうその時点で

強制的に仕事はリタイアです。

ご主人の体調には十分気を付けて、

異常を見逃さないようにしてくださいね。

もちろん定期的な健康診断も大切です。

id:taroziro

ありがとうございます。そうですね。あまりない時間の中で独立の話しも出ます。でも具体的に話し合える時間がなくて結局ついつい、、、になってしまっています。独立といっても何をしたらいいのか、、、何も見えないままです。とにかく体ですよね。本当にそれだけが心配です。

2006/07/06 20:48:55
id:ayame2001 No.11

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332006/07/06 00:42:26

ポイント13pt

頑張っていらっしゃるのですね。そういう方を傍で支える身もおつらいとお察しします。 他人事ながら私だったら何ができるか考えてみました。

1)記録をとる。 職場でタイムカードや出勤簿があるとは思いますが、(労働基準局対策で)記録に載せない残業をなさっていると思います。 過去の『過労死』裁判で奥様がつけた日記が証拠として提出された経緯があります。 ご主人の出社時間と帰宅時間を家計簿の隅にでも記録して証拠を残しておく。(最悪の時に備えて)


2)健康管理。本人が嫌がっても一年に一度は健康診断を受けてもらう。 会社規定の健康診断は表面的な検査が多いので、それと別に休暇を利用して人間ドックでしっかり見てもらう。 5番目の回答者様が回答されているように一緒に食事をして食事の量、好みの変化、摂取の仕方(箸で異常に突く、げっぷが多い、短時間で食べる、酒の量)を観察してみる。 ストレスを発散する意味で愚痴を聞きながら暖かく聞き役に徹する。 何か糸口が見つかるかも。


3)ストレスの発散方法を考える。 ご主人の趣味、好きなこと、好きな食べ物、好きな音楽、リラックスできる何かに協力する。 (お小遣いを増やす? 同伴する?) その中でご主人の仕事に対する本音、苦しいけれどやりがいがあるのか本当は辞めたいのか、が解ると良いのですが。

いくら家族が言っても聞かないことがありますよね。 父がそうでした。 定年退職後も会社幹部としてモーレツでした。 正攻法で『辞めて』といってもだめでしたが、『お父さんが働かなくても子供達の方が高給取りだから(実際はそうではないが)心配しなくていいのよ、もうのんびりしたら』と、鼻っ柱をへし折られるような言い方をされて怒ってやめました。 本人のプライドを傷つけた言い方でしたが、母は父の命には代えられないと思った末の決断でした。 その後、父は『退屈だ!することがない!』とぼやいていましたので、仕事を生きがいとしている方にとっては体のことは二の次なのかもしれません。 責任感がおありなのでしょうね。 役に立たないかもしれませんが、何か糸口が見つかるといいですね。 下記URL『第五章 過労死を防ぐ』

http://homepage2.nifty.com/karousirenrakukai/7=Q&Atop.htm

http://ishiki-clinic.jp/roudou.html

id:taroziro

とても参考になりました。こんな私の話しに、、、真剣に答えていただきありがとうございます。うれしいです。男って大変な生き物ですね 本当に、、、

2006/07/06 20:52:36
id:alohomora No.12

alohomora回答回数86ベストアンサー獲得回数82006/07/06 01:28:20

ポイント13pt

厳しいことを言うかもしれませんが、お許しください。

自分もご主人とほぼ同い年です。

23時に帰れるなんて全然早いと思います。

自分も自分の周りもみんな日付が変わるまでは普通に働いてました。もちろん休み無しで。朝まで働くことは日常茶飯事でした。男だからとか関係なく女性も普通に夜中まで仕事をしています。

上や会社から言われて仕事をしているわけではないです。みんな率先して仕事をしています。帰りたい人は帰ればいいし、仕事をしたい人はすればいいという感じでした。誰も強制はしていません。

会社を訴えるとか労働基準監督署に相談するとかは、無意味なことです。ご主人がご自分でこれからどうするか、どうしたいのかを決めるべきです。

辛いなら辞めればいいと思います。もう38歳なのだから、それなりの実力も備わったことでしょう。いくらでも転職先はあると思います。いくらでも声をかけてもらえると思います。38歳だから転職先が無いと言うのは言い訳でしかないと思います。実力さえあればいくらでも転職できます。

もしそれが出来ないのであれば、申し訳ございませんが、38歳になって、今まで何をしてきたのかと疑問に思います。

ご主人が嫌で仕事をしているなら辞めさせるべきです。でも、もしご主人が今の仕事が好きで、頑張って働きたいのであれば、温かく応援してあげるべきです。

ご主人が一番辛いと思っていることは、奥さんが気にしすぎることではないでしょうか?自分も奥さんに遅くまで起きて待ってもらっていると、かえって辛かったです。話し合って、自分のことは気にしないでもらえるような環境を作ってもらったら、すごく楽になりました。先に食事してもらい、先に寝ててもらってた方がすごく楽でした。だから今まで頑張れたと思います。

50、60歳までそんな生活なんてしません。あと5年もすれば、環境も全然変わってくるはずです。今だけのことです。

一度、ご主人と真剣に話し合ってみてください。

http://q.hatena.ne.jp/

id:taroziro

本当にありがとうございます。とっても救われました。おっしゃるとおりなんです。私もわかってるんですよね。自分自身も正社員で働いてた頃は残業がない日はないくらいがんばってました。そうです。自分からすすんで、、、。本人だってバカじゃないでしょうから倒れる前に気がついてくれると思います。もっと気を大きくして私自身も強くがんばらなければ、、、そう思います。

2006/07/06 21:03:44
id:akira-a No.13

akira-a回答回数285ベストアンサー獲得回数12006/07/06 01:42:53

ポイント13pt

僕の知っている人たちの事を書かせてください。

ある大手自動車企業の関連企業の参事さんも土日休みなく働いているようでした。平日も毎朝8:00~深夜0:00まで毎日です。

自分の直属の上司も同じような感じで働いていました。

やはり大手企業の管理者の方になると、そうならざるを得ないのかもしれません。

飲み会で、直属の上司は「家庭なんかボロボロだよ~、みんなはせめて早く家に帰って家庭サービスした方がいいよ。」って言ってました。

管理者になると受け取る給料も飛躍的に増えるかもしれませんが、プライベートな時間はなくなるみたいです。

家庭と仕事の両立は今の日本ではなかなか難しいのでは?というのが自分の持論です。長文でごめんなさい。

http://yahoo.co.jpダミー

id:taroziro

いえいえありがたいです。そういうお話を聞くとほっとします。結局、同じような人もたくさんいるんだってことで安心したいんだと思うんです。みなさんのご意見など聞いてがんばれそうです。

2006/07/06 21:07:07
id:uni90210 No.14

uni90210回答回数301ベストアンサー獲得回数52006/07/06 02:32:28

ポイント13pt

仕事のし過ぎで29歳で体を壊して、未だリハビリ中?の33歳です。

まずは旦那さんの仕事へのモチベーションを再確認された方が良いのではないのでしょうか。

私は自分が望んだ仕事をしていたにも関わらず働き過ぎで1年程で体を壊しました。体力については個々人で差があると思いますが、それだけ働き詰めであれば遅かれ早かれいづれは体を壊してしまわれるのではないでしょうか。

旦那さんがお仕事を通じて人生に充実感を感じているのであれば、ストレスはそれ程でもないでしょうが、会社の都合で働かされているような状態なのであれば、なるべく早く、仕事量を減らす、休みを取るようにする努力が必要だと思います。

私は体を壊したことによって人生観や仕事のやり方が全く変わりました。無理をしなくなったというか、自分だけで仕事をせずに、回りの人と一緒に仕事をしていくスタイルに気が付いたというか。

病気になってみないと分からないことでもありますが、致命傷を負ってしまっては元も子もないので・・・。

http://uni90210.cocolog-nifty.com/

id:taroziro

主人は本当に丈夫だと思います。普通ならとっくに倒れてるよ、、といつも思っています。でもここ1年くらいで疲れた、、、という言葉をよく聞くようになりました。uni90210さんはもうお体大丈夫ですか?やぱり体が資本ですよね。気をつけてがんばりましょう。ありがとうございました

2006/07/06 21:11:00
id:siigimaru No.15

siigimaru回答回数556ベストアンサー獲得回数52006/07/06 06:23:23

ポイント13pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E4%B8%AD%E6%AF%9...

私は女性で、既婚者です。今はそんな暴走はしていませんが。

大体貴女のご主人の様な働き方を独身時代やっていました。

約10年ぐらいですが、「男の人はそう簡単に仕事を放り投げられないのでしょうが、できない仕事はできない・・・」と言う文には、女性でも仕事は投げられません。逆に出来ない仕事は出来ない。と言うのは、自分のプライドが許せません。

ご主人はご主人なりに家族を守っていると思い込んでいるのではないでしょうか?

ご主人の仕事に対するプライドに敬して、「ご苦労様!」とか何気ない言葉をかけたりしたらどうでしょう。

「男の人はそう簡単に仕事を放り投げられないのでしょうが、できない仕事はできない、、、と反抗して欲しい気持ちになります。」

と言う発言は逆にご主人のプライドを潰すような気がします。

id:taroziro

その言葉を主人に言ったことはありません。それを自分が言われたら、、、と想像してみました。

きっと当事者じゃないくせにわかったようなこと言うなと思いそうです。私は現在は派遣で働いてますが でも自分のやってる仕事にはすごく責任感を持ってます。そういうことなんですよね。わかってるくせに誰かに聞いてほしかった。でも聞いていただいて本当によかったです。ありがとうございました

2006/07/06 21:15:19
id:seble No.16

seble回答回数4681ベストアンサー獲得回数6172006/07/06 09:45:47

ポイント13pt

http://www.campus.ne.jp/~labor/wwwsiryou/messages/58.html

一応、残業の上限に関して厚労省の指針が出ています。

強制ではありませんが、守るべき、とされています。

体を壊せば、その後仕事ができなくなる以上に悪い状態になる訳ですから、

合理的に判断して、過労は無意味な事です。

日立病とか言われてますけどね。

その年で転職すると収入は相当落ち込むでしょうが、考え直した方が良いかと・・・

id:taroziro

仕事すき?って聞いたことがあります。好きってわけじゃないけど。。。。あとは回答にならず って感じでした。彼は彼で考えてるはずです。みなさんの意見アドバイスを読んで もうちょっと見守ろうと思いました。ありがとうございます。感謝です。

2006/07/06 21:18:06
id:kumonoyouni No.17

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/07/06 15:02:54

ポイント12pt

男の立場から、私も似たような経験がありますのでご参考までに。

長文となりますが、失礼いたします。


私の場合、若い頃は自分に力がついていく楽しさ、責任ある仕事を任されていく自信や誇り、自分の名前が売れていく嬉しさのようなものがあったので、どんなに大変な仕事でも苦にはなりませんでした。それと同時に、いつでも辞めてやる!辞めたって自分ならどこでも食っていけるという気持ち(実際には辞める気はないんだけど、何かあればそういう覚悟も持っていた事です)も持ってましたが、やがて後輩ができ、ポジションがあがり、家庭持ち、年齢重ねていくとね、自分が築き上げたものへの愛着とか、部下や後輩に対する責任感とか、転職するリスクとか、いろんな感情が複雑に絡み合ってますます辞めれない理由が一つずつ増えていくんですよね、責任感ある人ほど。(自分で言うのも何ですけど 苦笑)


いや、違うな、辞めれないというよりは、「簡単に捨てられない理由を探しはじめる」といった方が正確かもしれません。

実際、自分がいなくても会社はまわっていくというのは内心分かってると思うんです。

そして多忙になればなるほど、トラブルおきればおきるほど、逆に楽しくなってくる感覚もあるのだとは思いますが、それ以上に全く違う環境へ飛び込む勇気がどんどん失われていく感覚が大きくなっていく・・・。


そんな当時、僕が書いた2つの詩があります。



「風船」

空高く舞い上がった風船はいつまでも自由に空を飛べると思ってた。

それがふと気がつけばあんなに近かった雲は遠くて

あんなにチッポケに見えた地上が今は目の前で

みるみる萎みはじめてる自分の姿に気がついた。


どこから空気が漏れてるのか分からない

膨らまそうにも空気穴が見つからない


悲しいから泣くわけでもなく、嬉しいから笑うわけでもない

だんだん遠ざかっていく太陽は相変わらず眩しくて

吹き上げる風はただ優しくて

僕は辛うじて飛びつづける・・・



「ブランコ」

子供の頃、もしかすると一回転できるかも?なんてバカな考えを持った僕はある日ブランコを精一杯漕いだんだ。

誰よりも高く、あの空に向かってね。


でもね、それは無謀なチャレンジだった。

水平近く上がったブランコはピ~ンと張った鎖が重力に負けて弛むんだ。

その瞬間、ホント死ぬかと思ったよ。


もし、大人になった今の僕だったらその時点で漕ぐのをやめたろうね。

だがあの時の僕は違ったんだ。

その恐怖に負けることなく何度となく地面に叩きつけられそうになりながらも漕ぎつづけたんだ。


え? それで一回転できたかって?

いや、やっぱり無理だったよ(笑)

だけどね、次に僕がとった行動は鎖が弛む瞬間、大空に向けて飛んだんだ。

今度は誰よりも遠くに飛ぶためにね。


無謀だと決めつけるのは簡単さ。

それは一見、冷静な判断力のように思えるよね?

でもね、僕は思うんだ。

あとさき考えて行動を決めてばかりじゃあ、何も変わらない。


他人は僕を評して「無謀なチャレンジャー」と呼んだ。

でもね、僕は思うんだ。

自分を大きく変えるためのチャレンジは無謀とは言わない。

無謀と決めつけるのは失敗を恐れる弱い心に他ならないとね。


それは決して勇気と呼べる代物ではないかもしれない。


それでも悩む前に漕いでみようよ。

あの大空に向かってね。


例え失敗したとしても恐怖に負けず飛んでみようよ。

あの先に見える大地を踏みしめるためにね。


久々に漕いだブランコの先には

あの日大空に向けて飛んだ子供の後ろ姿が見えたような気がした・・・。


おそらくご主人もそんな気持ちがあるんじゃないのかな?と思いました。


最後に・・・体で一番心配なのは、私の経験から言うと潰瘍かと思います。

責任感ある人ほど、ストレス溜め込みやすいものなので。

もし調子悪そうでしたら、ひどくならない前に病院に行かれるようにお勧めします。


それと私もそうだったけど、どんなに忙しくても、長期出張中だろうが、時間があれば家に帰る努力は怠りませんでした。

家が一番安心するんですよね(^-^)

(照れずに言えば愛してるなんでしょうけど、私は面と向かっては言えません ^^;)


ご参考になれば幸いです。

ダミー

http://q.hatena.ne.jp/1152107578

id:taroziro

あったまりました。気持ちが、、、ありがとうございます。みんなそれぞれがんばってる。うちだけじゃないってわかっていても、もうちょっとでいい 彼を楽にしてあげたい って勝手に思ってしまい投稿してしまいましたが、こんなにたくさんの方々からご回答をいただけるとは思いませんでした。それはみんなみんながんばってるからなんだって、、、そう思いました。そして最後に素敵な詩まで、、、よかったです。はてなに質問して、、、ありがとうございました。

2006/07/06 21:23:06
  • id:ragey
    わたしは病院で,そうやってクモ膜下出血になったり心臓発作を起こしたりして廃人になった人を何人も見てきました.質問者の夫ってのは親戚・友人にそう言う人がいないんですかね・・・・・・

    尤も,彼らを診る医者にしてからが,例外なくそう言う苛酷な勤務形態をこなしている訳ではありますが.
  • id:ysskondo
    >毎日帰りは11時過ぎ

     結構、良い環境じゃないですか!
     http://www.ype.co.jp/
     に勤めると、毎日帰宅するのが午前3時前後です。(遅い場合、午前4時過ぎ)
     ちなみに、午前8時ちょいには、会社に行っていないと朝礼に間に合いません。
     基本的に“完全”週休二日制だけど、休みが無くても良いから、7時間は寝させてくれよ!って感じでした。
     「帰らせてくれ!」って言うと取締役の所まで連れて行かれて、精神論を聞かされましたよ。

     ほんで、ある日の朝礼の時、立ったまま目の前が真っ白になって、翌日から動けなくなり、「双極性気分障害(俗に言う躁鬱病」になりました。今でも治っていないし、医師から正式に「治らない」宣言を受けました。結局、物凄く酷い労働環境なので辞めました。
     京都東労働基準監督所も捜査はしているそうですが、労働者が労基法などを知らないので騙されて(私も騙されていました)虚偽の勤怠簿を作らされているので、労働基準監督所も手が出せないみたい。

    >今の現状をどう思って過ごしてるのか教えてください。

     色々ありますけど、労働法や労働事件判例集を読んで司法からの見方を知ったらアフォらしくなる状況なのに、「知らないから普通になっている」のでしょうね。
     たとえば、上記の会社では、制服の着用が義務づけられていました。にも関らず、就業開始時間の8時半に制服を着用して朝礼に出ないと、「遅刻」って扱いでした。つまり、会社の敷地内に居るにも関らず賃金が出ないんです。でも、判例では、「制服着用義務があるなら、これも労働の一部ゆえ、私服から制服-制服から私服への着替え時間は就業時間内にささないと労基法違反」とされています。
     それゆえ、これを知ってから、私は、就業時間前の掃除も拒否したし、事ある毎に内容証明郵便で役員に手紙を送っていましたよ。
     内容証明郵便でこちらが意思表示すれば、自分だけでも労働環境が改善されるって事は、使用者側は労基法を知っている訳ですし、悪質と言えますね。

     「はてな」の場合、新しいサービスの開発の様子(従業員と合宿先でソフト開発をしたとか?)がWebで成功談の様に載っていますけど、ああ言う記事を目にすると、
     http://www.jiyu.co.jp/books/4-426-41815-1.html
     http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4756901875.html
     http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/011/011854.html
     その物か、その旧版を持っていますので、ついつい調べてしまいますね。
  • id:takahiro_kihara
    僕は思うんですけど、本人が大丈夫だ、と
    思ってる内は、大丈夫でしょう。
    たぶん、一種の(軽い)躁鬱病の
    躁状態だと思います。
    (専門家の診察を仰いでください。)
    だから、エンジンブルブル絶好調!と言ってる
    内は、大丈夫です。

    気をつけないといけないのは、いつかそのエンジンが止まってしまう時ですね。
    極論すると、この時は自殺の危険性も否定できませんし、一度自殺してしまうと後戻りは出来ませんよね。(運良く未遂に終わった場合を除く。)

    24時間動きっぱなし、ってーのは問題ありますが、2,3時間でも良いから寝てるんなら、心配ありません。
    僕が読んだ本の著者(どうやら、ヨガの先生のようです)なんて、3,4時間以上寝るのは罪悪だ、と言いきってました。それもどうなの?とは思うんですけど。
    眠りは、時間だけじゃなくて睡眠の質(深さ)も重要なファクターなんです。それを客観的に計る手段はありませんが。
    睡眠の、質×時間で必要量が確保出来ているんなら、何の心配もありません。

  • id:ni-papaltuti
    ご主人は廻りが見えていません

    遊ぶために働くのです

    会社に尽くしても、捨てられます

    非情です

    働かなくても、お金は稼げます

    ひょっとしたら、ご主人は遊んでいるかもしれませんね!!
  • id:alpha0523
    仕事って認めてもらえる、であるとか、達成感であるとか
    自分の存在意義を確認できたりもします。
    働きすぎ。。。。なんですね。
    是非、奥様がだんな様の存在意義をアピールいてあげてほしいです。
  • id:BBC
    http://q.hatena.ne.jp/1152107578

    ご主人が何か目的や理由があってそのような過酷な生活を続けているならそこまで問題はないと思います。

    もしその状態を惰性で続けているのならば、人一倍真面目であり、悪く言えば不器用な方なのではないでしょうか。雇われている立場上、同じ職場で環境を変えることは難しいと思いますし、健康上危険な状態だと思います。同業他社などに転職されるなど検討の必要がないとは言えません。仕事に妥協できない若者の過労死者数はかなり上昇しているようですし。

    ただ転職という方法であっても、転職活動する余裕もないように思えますね。今の職場などのように、過酷な生活を続けなければいけない場合、極力次の日に疲れを残さないようにすることが大事だと思いますよ。

    「肉体的疲労」 食事、栄養面、効率的な睡眠などです。
    「精神的疲労」 ご主人はあなたには疲れをおおっぴらには出さない性格かもしれません。十分に察して癒してあげてください。貴女も大変な生活をされているとは察しますが。。がんばってください
  • id:ysskondo
    >僕は思うんですけど、本人が大丈夫だ、と
    >思ってる内は、大丈夫でしょう。

     いや、極度の睡眠不足状態が続くと異常覚醒状態になって、本当は物凄く疲れているのにこれを感じなくなるんです。つまり、自覚症状が無いんです。
     でも、他覚症状はある様です。風邪で近所の病院に行ったら、医師から「どんな生活をしているんだ?」って聞かれて、「毎朝起きるのが朝の7時半ぐらいで、寝るのが明くる日の午前4時ぐらいです」って言ったら、「大変な事になるぞ」って忠告されました。
     ほんで、大変な事になった訳です。

    >たぶん、一種の(軽い)躁鬱病の
    >躁状態だと思います。

     ですね。

    >だから、エンジンブルブル絶好調!と言ってる
    >内は、大丈夫です。

     医師が躁状態と判断したら、「動くな!」って強く言われますよ。

    >気をつけないといけないのは、いつかそのエンジンが止まって
    >しまう時ですね。

     止まりました。ガス欠って言うより、焼き付いた感じ。もう治りません。

    >極論すると、この時は自殺の危険性も否定できませんし、

     ほんで、友人が自殺しました。
  • id:ysskondo
    >京都東労働基準監督所

     京都南労働基準監督所

     の間違いです。すみません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません