デュルケームの自殺論における、アノミーについて研究しようと思っています。

参考になる本を教えてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/06 18:23:57
  • 終了:2006/07/13 18:25:49

回答(8件)

id:nana109 No.3

nana109回答回数695ベストアンサー獲得回数132006/07/06 18:43:36

ポイント16pt

1. 社会的アノミーの研究

著者:米川茂信

出版社:学文社

ISBN:4762002577

2. 社会主義とアノミー

著者:佐々木交賢

出版社:恒星社厚生閣

ISBN:4769906870

id:daiyokozuna No.4

daiyokozuna回答回数3388ベストアンサー獲得回数752006/07/06 19:03:32

ポイント16pt

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=05557204

デュルケムと女性、あるいは未完の『自殺論』 アノミー概念の形成と転変

id:Rede No.6

Rede回答回数46ベストアンサー獲得回数02006/07/07 00:20:34

ポイント16pt

 折原浩『デュルケムとウェーバー』は社会科学分野での名著かと思います。

 ところで失礼ながら、事典を引かれているのでしょうか。質問の仕方から見て、大学に入ったばかりで初めて興味を持ち出した段階なのかなという気がします。

 そうであるならば、質問の趣旨とは異なりますが、自分で図書館で情報を拾ってくる一例を紹介しておきます。

 どんなことでもそうですが、先駆けた研究者がいるはずでして、そういう方々が学術用語を事典にまとめています。

・ 『岩波 哲学・思想事典』(岩波書店)

・ 平凡社の百科事典

・ 『政治学事典』(平凡社)

・ 『社会学事典』(弘文堂)

 こういう事典には必ず、その言葉の定義と、それにリンクする言葉が紹介されています。中には、その言葉についての参考文献が紹介されていることもあります。そういう紹介がなかったら、ここから学術用語を拾い出し、図書館のOPAC検索にでもかけてみることです。望み通りの本がみつかるとは必ずしも言えませんが、参考になりそうな本が見つかってきます。

 なお、蛇足となりますが、「はてな」で最初は色々と尋ねてみるのも良いかもしれませんが、自分が勉強を深めていく段階では期待しないほうが賢明です。

id:Dursan No.7

Dursan回答回数98ベストアンサー獲得回数62006/07/07 08:45:47

ポイント16pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641120412/sr=8-2/qid=1...

これに簡単にデュルケムの研究がまとめられています。

入門書ですが・・・

id:castle No.8

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122006/07/07 10:57:49

ポイント16pt

ソビエト帝国の崩壊―瀕死のクマが世界であがく (光文社文庫)

著者が冷戦時に全盛期に思われていたソビエトの崩壊を予測して話題になった一冊です。

アノミー論に直接言及したものではありませんが、著者の予測はアノミー論を下敷きとなって導き出されたそうです。

そうした前提で読んでみると、どのように権威が崩壊して秩序が否定されていくのかといった論理展開は面白いかもしれません。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません