電子調達などの b to b が2000年頃に非常に注目されて

いましたが、その後どのような評価を受けているのでしょうか?
私は infrastructureworld.com という世銀も出資した
インフラ系プロジェクトの電子調達サイトが何故失敗したのか
ということを調べているのですが、一般的にこのような
電子調達(あるいは b to b)が上手く行かなかった原因
というのはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/07/13 23:22:03
  • 終了:2006/07/20 23:25:03

回答(1件)

id:chintaro3 No.1

chintaro3回答回数19ベストアンサー獲得回数12006/07/15 01:29:10

ポイント60pt

電子調達システム全体が失敗に終わったのではなく、

ごく一部の成功会社と、大半の負け組という結果になった

というのが正しいのではないかと思います。

 

知っているところでは、電子系ばかりですが

次のサイトは b to b として成功している事例と思います。

http://www.elisshop.com/

http://www.rswww.co.jp/

http://www.digi-key.com/

http://www.misumi.co.jp/

いずれも電子調達「だけ」で成功しているわけではない、

というのがミソではないでしょうか?

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません