このサイトから分かることを100字以内で説明しなさい。(書ききれない場合には100字超えてもOK)


http://www.pref.aomori.jp/kenchiku/kensido/kiho/kakunin/houkoku.html

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/07/15 01:00:07
  • 終了:2006/07/15 14:45:12

ベストアンサー

id:jones No.6

jones回答回数59ベストアンサー獲得回数32006/07/15 03:19:45

ポイント30pt

適切な解答なのかどうかはわかりませんが、そもそも「一太郎」のページをDLしてもわたしのパソコンでは見られません。そしてそういう人は(かなり)多いのでは。

こうした公式のもので多くの人が閲覧するのであれば、まずオンラインで目が通せるようにすべきだし、また同時にDLの項目を一緒に用意するのが一番望ましい。

よってこの記事からわかること

→このHPが、閲覧者のためにあるのではなくて、現代においてHPは作らなければいけないという、そういう役所仕事の印象が強いということ。逆を言えば、HPが存在している事実さえあればその内容が不親切でも問題ないというか・・・。


ああ、なんだか意地悪なこと言っているみたいで辛いです(涙)

id:yukki-3

> そもそも「一太郎」のページをDLしてもわたしのパソコンでは見られません。そしてそういう人は(かなり)多いのでは。

ほぼ模範解答です。

そして、意地悪ではありません。仕事を前に進めるためなのです。

役所を裸の王様にして賛辞してるほど納税者に余裕などありません。

Wordが優れたソフトだとは言いませんがWord、Excelが主流なのは周知の事実です。「パパ」はまずこの現実を知らない。

一太郎がいまだに主流なのは教員と役所くらいでしょう。Lotus123という懐かしいソフトも。

それでもせめて、その他の役所のサイトでも採用しているようにWordと一太郎の2タイプの様式を用意すべきです。

そして、「パパ」はダウンロードの主流が「PDF」になっていることや、PDFとは何かも知らないのでしょう。(PDFの場合、Acrobatを持っていないとPC上で編集できない難点はありますが)。

ちなみに県庁内にはこのようなサイトもちゃんとあります。

http://www5.pref.aomori.lg.jp/roseinoryoku/23398/cpub.html

「パパ」を責めるのが本位ではありませんが、ありがた迷惑なのです。

ウェブサイトの意味を理解している人がいるのにもかかわらず、一元化できていない。縦割りなのか横割りなのか分かりませんが「パパ」はウェブマスターではないでしょう。

「パパ」がこうしてウェブサイトを作って自己満足されてる間に、この様式が使いたくても使えない・・・すなわち無意味なサイトです。

ちなみに「パパ」が作ったこのサイトのファイルは1セットですが、項目により形式が別れています。なぜでしょうか?

顧客に「Wordと一太郎の両方を使いなさい」と強いているのではなく、結局何も分かっていないのです。

ちなみに電話で直接県庁へ確認しましたが

「私には分かりません」というあまりも正直なご回答でした。

私は役所のサイトもよく利用するのですが、かなり改善さている中、このサイトは久しぶりに笑わさせてくれました。

このようなサイト・現象は特に役所関係でしばしば見られますが、「パパ」が悪いのではなく、組織の問題です。

あえて書きます。青森県いまだに懲りていないようですね。

県庁は、チリの愛人アニータに莫大な公金を垂れ流した青森県住宅供給公社の天下り元です。

以上を青森県知事の三村申吾さん(およびウェブマスターと「パパ」)に伝えさせていただきます。私ひとりの声では動きそうもなかったので。

ご協力、ありがとうございました。

2006/07/15 14:31:58

その他の回答(5件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1760ベストアンサー獲得回数2372006/07/15 01:26:17

ポイント10pt

1.全国共通でよいことを、わざわざ青森県ローカルにしている。

2.ワープロソフトを2つ使っている。片方で他方を読み込みはできるが、ページレイアウトが変わる。オープンソフトでないことの弱み。

id:yukki-3

もう少しですね。

2006/07/15 01:58:17
id:chintaro3 No.2

chintaro3回答回数19ベストアンサー獲得回数12006/07/15 01:47:45

ポイント1pt

たとえ役所の人の日本語がめちゃくちゃであっても、建築基準法は守らなくてはならない。

id:yukki-3

正論ですね。

2006/07/15 01:58:24
id:I11 No.3

ラージアイ・イレブン回答回数732ベストアンサー獲得回数552006/07/15 01:50:14

ポイント30pt

青森県県土整備部建築住宅課建築指導グループが作成した建築基準法施行規則に基づく報告書の様式ページ。6月下旬に異常なアクセスの集中が観測されている。 http://symy.jp/?t95 アクセス集中の理由は非公開。

id:yukki-3

想定外の回答!

だから「はてな」の人力検索は素晴らしい。

2006/07/15 01:59:34
id:yuukie No.4

yuukie回答回数8ベストアンサー獲得回数02006/07/15 02:05:09

ポイント10pt

htmlないしはtxt形式で公開すればいいものをわざわざ商用ソフトの形式で公開し、非常に見る側としては面倒。

id:yukki-3

そうなんですよね。

ただ、テキスト形式だと罫線が表示されませんよね。また、HTML形式はDLする一般人(顧客)のほとんどがうまく印字できませんよね。

2006/07/15 02:14:08
id:TomCat No.5

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/07/15 02:34:33

ポイント29pt
  • このページはホームページビルダーを使って作られている。
    無意味なdivタグとかが残っているのがお茶目。
    きっと職員さんの中のPC好きパパが作っているのでしょう。
    家で家族のHPとか作っていそうです(^-^)
  • 「2-2 昇降機・遊戯施設(成績表+検査表)」の画像だけ
    なぜか他より横幅が12ピクセル大きい。
    さらになぜかそのことに気付いていない。
id:yukki-3

2点目するどい!

1点目、パパはWordと一太郎の両刀使いなのでしょうか。

2006/07/15 13:30:05
id:jones No.6

jones回答回数59ベストアンサー獲得回数32006/07/15 03:19:45ここでベストアンサー

ポイント30pt

適切な解答なのかどうかはわかりませんが、そもそも「一太郎」のページをDLしてもわたしのパソコンでは見られません。そしてそういう人は(かなり)多いのでは。

こうした公式のもので多くの人が閲覧するのであれば、まずオンラインで目が通せるようにすべきだし、また同時にDLの項目を一緒に用意するのが一番望ましい。

よってこの記事からわかること

→このHPが、閲覧者のためにあるのではなくて、現代においてHPは作らなければいけないという、そういう役所仕事の印象が強いということ。逆を言えば、HPが存在している事実さえあればその内容が不親切でも問題ないというか・・・。


ああ、なんだか意地悪なこと言っているみたいで辛いです(涙)

id:yukki-3

> そもそも「一太郎」のページをDLしてもわたしのパソコンでは見られません。そしてそういう人は(かなり)多いのでは。

ほぼ模範解答です。

そして、意地悪ではありません。仕事を前に進めるためなのです。

役所を裸の王様にして賛辞してるほど納税者に余裕などありません。

Wordが優れたソフトだとは言いませんがWord、Excelが主流なのは周知の事実です。「パパ」はまずこの現実を知らない。

一太郎がいまだに主流なのは教員と役所くらいでしょう。Lotus123という懐かしいソフトも。

それでもせめて、その他の役所のサイトでも採用しているようにWordと一太郎の2タイプの様式を用意すべきです。

そして、「パパ」はダウンロードの主流が「PDF」になっていることや、PDFとは何かも知らないのでしょう。(PDFの場合、Acrobatを持っていないとPC上で編集できない難点はありますが)。

ちなみに県庁内にはこのようなサイトもちゃんとあります。

http://www5.pref.aomori.lg.jp/roseinoryoku/23398/cpub.html

「パパ」を責めるのが本位ではありませんが、ありがた迷惑なのです。

ウェブサイトの意味を理解している人がいるのにもかかわらず、一元化できていない。縦割りなのか横割りなのか分かりませんが「パパ」はウェブマスターではないでしょう。

「パパ」がこうしてウェブサイトを作って自己満足されてる間に、この様式が使いたくても使えない・・・すなわち無意味なサイトです。

ちなみに「パパ」が作ったこのサイトのファイルは1セットですが、項目により形式が別れています。なぜでしょうか?

顧客に「Wordと一太郎の両方を使いなさい」と強いているのではなく、結局何も分かっていないのです。

ちなみに電話で直接県庁へ確認しましたが

「私には分かりません」というあまりも正直なご回答でした。

私は役所のサイトもよく利用するのですが、かなり改善さている中、このサイトは久しぶりに笑わさせてくれました。

このようなサイト・現象は特に役所関係でしばしば見られますが、「パパ」が悪いのではなく、組織の問題です。

あえて書きます。青森県いまだに懲りていないようですね。

県庁は、チリの愛人アニータに莫大な公金を垂れ流した青森県住宅供給公社の天下り元です。

以上を青森県知事の三村申吾さん(およびウェブマスターと「パパ」)に伝えさせていただきます。私ひとりの声では動きそうもなかったので。

ご協力、ありがとうございました。

2006/07/15 14:31:58
  • id:ni-papaltuti
    チャンと建てなきゃね!!

    日本家屋は100年以上持つ

    本物が建てればね!!
  • id:yukki-3
    早速、PDFが追加されました。しかしながらダウンロードされるのは、編集・書き込みが必要な「様式」です。
    PDFはアドビの高価なソフト「Acrobat」が無ければ編集できません。

    現実的には、Wordで統一または「Word/一太郎」で統一すべきです。

    カタログ・リーフレットや広報・公報など一方的に周知させる文書ならばPDFで足りますが、書き込みが必要な様式に手書きで書いて提出すれば確かに使えなくはありません。

    しかしながら、仕事でPCを使いこなしている人ならばお分かりかと思いますが、せっかくWordや一太郎で作った様式なのに、手書きではもったいない。

    デジタルで編集したドキュメント・文書をPCに保存することで、後に紛失した際に「検索」などで見つかるため役に立つ訳であり、デジタル化の意味はこういう所にある訳です。

    ↓東京都を見習ってください>青森県企画政策部政策調整課広報広聴グループ ホームページ担当さま
    http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/kijun/kn_k08.htm

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません