会社法では利益処分はなくなるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/17 05:19:25
  • 終了:2006/07/17 11:23:58

ベストアンサー

id:trackstar No.1

trackstar回答回数1ベストアンサー獲得回数12006/07/17 07:28:10

ポイント35pt

会社法の下では、これまで利益処分案で決定されていた事項は新たに作成される株主資本等変動計算書や役員賞与の手続で個別に取り扱われることになりました。これらの変化が反映されるのは今年の5月決算企業の総会からです。

また、会社法では、企業が一定の条件を満たせば、利益処分案の一部であった剰余金の配当を株主総会の決議によってではなく、取締役会の裁量で行うことができるようになりました。これを受けて、六月の総会シーズンでは、多くの企業がこうした配当を可能にするための定款変更を行いました。経営陣にとっては四半期配当など機動的な配当政策をとれる一方で、株主にとっては取締役会を監視する道具が減ることにもなり、評価が分かれるところですね。

以下のサイトなどに会社法の概説が掲載されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95

http://www.azsa.or.jp/b_info/letter/61/01.html

id:perule

ありがとうございます。

難しいですね。

2006/07/17 10:29:07

その他の回答(1件)

id:trackstar No.1

trackstar回答回数1ベストアンサー獲得回数12006/07/17 07:28:10ここでベストアンサー

ポイント35pt

会社法の下では、これまで利益処分案で決定されていた事項は新たに作成される株主資本等変動計算書や役員賞与の手続で個別に取り扱われることになりました。これらの変化が反映されるのは今年の5月決算企業の総会からです。

また、会社法では、企業が一定の条件を満たせば、利益処分案の一部であった剰余金の配当を株主総会の決議によってではなく、取締役会の裁量で行うことができるようになりました。これを受けて、六月の総会シーズンでは、多くの企業がこうした配当を可能にするための定款変更を行いました。経営陣にとっては四半期配当など機動的な配当政策をとれる一方で、株主にとっては取締役会を監視する道具が減ることにもなり、評価が分かれるところですね。

以下のサイトなどに会社法の概説が掲載されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95

http://www.azsa.or.jp/b_info/letter/61/01.html

id:perule

ありがとうございます。

難しいですね。

2006/07/17 10:29:07
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/07/17 11:12:05

ポイント35pt

http://www.tabisland.ne.jp/news/news2.nsf/62d185d98e45d3bf492566...

利益処分案という形式で計上するのではなく、剰余金や資本勘定の処理として計上されるだけで、形状手続きが変更になったという認識で宜しいでしょう。

id:perule

ありがとうございます。

2006/07/17 11:23:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません