下記の条件を満たしている小説を探しています。

皆様が読まれた作品の中より思い当たるものがありましたら、教えて下さい。
読後感想も簡単に添えて頂けるとたすかります。

*美しい日本語の文章
*登場人物の心理描写が丁寧
*どろどろの大人の愛が描かれている
*主な登場人物の大半が30歳以上の年齢
*殺人が発生しない
*推理系ではない
*翻訳ものではなく邦書であること
*短編ではない(大長編であれば尚可)
*時代設定は古代~現代いつであってもOK
*読後、心に何らかの深い感情が残る
*できれば文庫本で出版されているものが希望
*絶版ではなく現在入手可能なもの

最近長くノンフィクションものを読み続けていていたので、
心にたっぷりの潤いと休養がほしいと思い質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人10回まで
  • 登録:2006/07/17 05:30:09
  • 終了:2006/07/24 00:06:56

回答(9件)

id:hamao No.1

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402006/07/17 07:24:51

ポイント20pt

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4003101073/250-6249080-930821...

http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/1746_18325.html

うーん、平岡って30代なんだろーかという確証がないのですが、普通に考えると夏目漱石の「それから」が相当なんでしょうね

id:SumireS

夏目漱石の「それから」!!

だいぶ昔に読みましたが、あれから自分も大人になっている今、もう一度読むのも良いかもしれないですよね!!

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 13:18:57
id:niroron No.2

niroron回答回数67ベストアンサー獲得回数12006/07/17 07:59:59

ポイント20pt

心理描写,どろどろの愛という点では「谷崎潤一郎」などが代表的かもしれません.

お求めになっている「描写の美しさ」というのがどういう内容的なものなのか表記なのかによって解釈がかわるのですが,内容はともかくとして,日本語の使い方はとてもきれいだとおもいます.

殺人もおきませんし,推理ものではありません.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B4%8E%E6%BD%A4%E4%B8%8...

あと,

心に残るものとしては「梶井基次郎」などもおすすめです.

これの「桜の木」を題材にした話の日本語の美しさには定評があるようです.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%B6%E4%BA%95%E5%9F%BA%E6%AC%A...

id:SumireS

「谷崎潤一郎」は確かに日本語がきれいですね。

谷崎氏の作品の中で質問にあげた条件にマッチするものはどちらになりますでしょうか?

梶井基次郎の「櫻の樹の下には」は、どろどろでしたでしょうか?

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 13:30:18
id:taka27a No.3

taka27a回答回数3149ベストアンサー獲得回数642006/07/17 08:55:24

ポイント20pt

http://www.elleair.co.jp/watanabe/

ベタ過ぎて賛否両論あるのでしょうが、愛の流刑地などいかがですか?

id:SumireS

渡辺 淳一 の「愛の流刑地」・・・ベタ過ぎるのですか?

現時点では単行本のみのようですので、文庫になるまで待つか今手を伸ばすか考えてみますね。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 13:36:31
id:rabbit23 No.4

rabbit23回答回数812ベストアンサー獲得回数172006/07/17 11:48:50

ポイント20pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B4%8E%E6%BD%A4%E4%B8%8...

もしかしたら既に出ているかもしれませんが、谷崎潤一郎の「卍」は上の条件に当てはまっているように思います。

美しい関西弁を文学に盛り込んだことでも有名な谷崎文学です。

女性の主人公の女性が不倫+同性愛を懸命に夫に隠しながらすすめていくというストーリーですが、結末にたたみかけるような大どんでん返しが待っています。

文学的な美しさが目立ち主人公達の行動が比較的ほほえましくも感じられ、ゆっくりと展開が進んでいく前半部分と、人間のどろどろした部分が前面に露出し展開がめまぐるしく変わっていく後半部分のギャップがすごいと思います。

女性は怖いな・・とつくづく思わされる作品です。

id:SumireS

谷崎潤一郎の「卍」!!

これは大人系すぎるような気がしていたので、手をだしておりませんでした。

rabbit23さんのご紹介文を拝見して、大変興味がわきました。

どろどろであっても、文学的に美しいというのは貴重な作品ですね。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 13:41:07
id:holybell20 No.5

holybell20回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/07/17 12:34:54

ポイント25pt

川端康成の 『千羽鶴』 はどうでしょうか。

千羽鶴 (新潮文庫)

千羽鶴 (新潮文庫)

  • 作者: 川端 康成
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

美しい日本語の文章で、ある意味ドロッドロの大人の愛憎が

描かれているように思います。

昭和の鎌倉を舞台にした源氏物語っぽいというか。


主人公の男性一人の周りに、タイプの違う女性達が何人もいます。

彼女らは主人公と色んな関わり方をしますが、読中読後、

誰に感情移入するかは人それぞれだな…と感じました。

個人的には、主人公の男性の手弱男(「たおやお」とお読み下さい)振りに、

微妙に神経を逆撫でされましたが、どう決着が付くのだろう? と

面白く読み進めました。

出てくる 『和』 なモノたち――志野焼の茶器・風呂敷・茶会なども素敵でした。


登場人物の大半が30歳以上……という点ですが、主人公は30くらい?

(すみません、うろ覚えです)かと思います。 

女性陣には若い人もいますが、OVER30な方も当然います。


それから、読後には心に何らかの深い感情が残る……という点では、

登場人物達の挙措・心の動きなどから、「大和」 とはちょっと違う、

「やまと」 が感じられました。

でもこれは、深い感情というより静かなざわつきという感じで

余韻と言った方がいいのかもしれません。


なお、余計な付け足しですが、

あらすじで読む日本の名著 No.3 (楽書ブックス)

あらすじで読む日本の名著 No.3 (楽書ブックス)

  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • メディア: 単行本

にも収録されているので、大筋をお確かめになったり、他の作品を

発掘なさるのも一興かと。

ご存知でしたらすみません。

id:SumireS

川端康成の 『千羽鶴』 !!

川端康成の文章は美しい上に深みがありますよね。

『千羽鶴』は未読なのでこの機会に読んでみることにします。

良書のお薦めとご丁寧な回答をありがとうございました。

2006/07/17 13:49:17
id:aiaina No.6

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/17 12:49:46

id:SumireS

山本文緒の「落花流水」「恋愛中毒」

唯川 恵 の「めまい」

山田 宗樹 の「嫌われ松子の一生」

いずれもどろどろ系なのですね~~!!

aiainaさんが読後に感じたことを簡単に教えて頂けますと大変たすかります。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 13:58:35
id:kaori-t No.7

kaori-t回答回数122ベストアンサー獲得回数22006/07/17 16:31:06

ポイント20pt

恩田陸さんの、黒と茶の幻想です。

http://booklog.jp/asin/4062110970/via=kentuku902-03

ドロドロというかどうかちょっとわからないのですが。。。

 

登場人物それぞれの思いが細かく入り組んでいるのはドロドロかな?と。

世代によると思いますが、自分の経験とオーバーラップさせながら引き込まれる作品でした。

文庫化もされています。

id:SumireS

恩田陸の「黒と茶の幻想」!!

長編のようですね。

kaori-tさんのご紹介文を拝見して、大変興味がわきました。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/17 20:21:09
id:rikuzai No.8

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/07/18 11:50:17

ポイント20pt

文体の好みがあると思いますが、私は美しいと思うので以下2冊を。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101064032

「火宅の人」/壇一雄

「どろどろの大人の愛」が奔放な主人公を中心に描かれていながら、切ない読後感で、その生き様にどこか憧憬のようなものを抱いてしまいました。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061311417

「わたしが・棄てた・女」/遠藤周作

美しい言葉が並べ立てられているわけではなく、むしろ賤しめるような言葉が矢継ぎ早に語られる中で、主人公の純愛が浮き彫りになっていく様が見事だと思います。

id:SumireS

壇一雄の「火宅の人」!! 

以前読みたいと思いつつも読みそびれておりました。今回絶対に読みます!!

遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」読んでみたいと思います。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/18 16:08:38
id:h293 No.9

h293回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/07/23 14:00:06

ポイント20pt

「死の棘」はさわやかにドロドロしてますよ。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101164037/250-7419685-043542...

id:SumireS

島尾敏雄の「死の棘」!!

以前映画ではみたことがありました。

最近、島尾敏雄の奥様が出演されていたTV番組でみてから作品を読んでみたいと思っていました。

良書のお薦め回答ありがとうございました。

2006/07/23 15:43:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません