研修医の「スーパーローテーション」について教えてください(情報を紹介しているページがあれば教えてください)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/20 17:31:11
  • 終了:2006/07/23 09:39:12

回答(5件)

id:jame2 No.1

jame2回答回数270ベストアンサー獲得回数32006/07/20 17:41:18

ポイント20pt

こちらではいかがですか?

http://www.geocities.jp/superrotation/

id:takodam No.3

takodam回答回数433ベストアンサー獲得回数42006/07/20 19:20:06

ポイント20pt

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/shinkyu/index.h...

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/shingaiyo/index...

 一言で言い表すと、

 「新しい臨床研修制度において、内科・外科・救急(麻酔)を中心として、プライマリ・ケアに対応した能力を養う研修方式」といったところでしょうか。

 従来のストレート研修とは、卒後すぐに専攻科を決定して医局に入局します。原則的には、その科(例えば消化器内科)のみの研修をすることになります。

 そうすると、他の領域に疎くなり、一般的な疾病を診る能力が落ちるという弊害が出てきたわけです。

 もっとも従来の研修制度下でも、外科の多くは救急・麻酔科など関連他科の研修をすることは多かったですし、内科でも細分化された7〜8科すべてをローテーションすることも珍しいことではありませんでした。(報道では、このようなことは殆ど触れられておらず、「旧制度はすべて悪い」ようなイメージにされてますよね。)

 とはいえ、本来のスーパーローテート研修とは、内科・外科・小児科・産婦人科(場合によっては救急・麻酔を加える)を核とした多科研修を指し、課題をこなしてステップアップしていくものであったことだったと思います(7〜8年前に「LiSA」という雑誌で特集があったと思います。)。一部の医療機関が行っている全科ローテート研修とは、微妙に違っていると感じています。

 新制度は良い点ばかり強調されますが、研修医のやる気によって2年後に大きく差がつくため、危険も孕んでいると思います。

id:aiaina No.4

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/20 20:30:19

ポイント20pt

http://www1.neweb.ne.jp/wa/jikei-ped/slt16.html

こちら参考になりますでしょうか

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません