ポール・グレアム「孤島に行くなら?」を翻訳しました。

http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20060721

原題は「The Island Test」で、原文は以下です。
http://www.paulgraham.com/island.html

ことに翻訳が難しかったところを太字にしています。
英語に強い方、ぜひアドバイスいただければと思います。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/20 22:07:25
  • 終了:2006/07/21 22:41:47

ベストアンサー

id:moonan No.6

moonan回答回数93ベストアンサー獲得回数62006/07/21 22:30:51

ポイント100pt

全体を日本語として自然な流れになるように手直ししてみました。改悪でなければいいのですが。



あなたが何にハマってるかを簡単に知るためのテストをつくった。さて、あなたはメイン州沖合の小さな島にある、友達の家でこの週末を過ごすことになった。島に店などはなく、また、その間は島から出ることもできない。以前その家を訪れたこともないので、そこにふつうの家に備えてある以上のものがあるとは期待しないほうがいいだろう。

荷物として、衣服・洗面用具の他に、外せないものといえばなんだろう? それがあなたがハマってるものだ。もし「念のため」、などと言いつつウォッカのビンをカバンに入れているのに気がついたら、ちょっとその手を止めて、そのことについて考えてみたほうがいい。

※あんたアル中じゃない?ってことですよね。

私の「外せないもの」は本、耳栓、ノートとペンの4つだ。

音楽やお茶も持って行ってもいいのだが、まあ、なしでも生きていける。私は「週末の間、お茶を飲めないぐらいならその島に行くのをやめる」、なんて言うようなカフェイン中毒ではない。

※この人はそもそも中毒ではないと思われます。

でも、静かさは私にとって重要なポイントだ。メインの沖にわざわざ耳栓を持っていくなんて、そりゃヘンに聞こえるだろう。あそこが静かじゃない、なんて言う人はいないだろうしね。だけど、もし隣の部屋の奴がいびきをかいたら?ガキどもがバスケをしていたら? (ダン、ダン、ダン...ダン) 備えあれば憂いなし。耳栓なんてたかが小さいものだ。

※「冒険」のとこベタな定番表現にしてみました。

騒がしい中でも、集中できるときもある。その仕事にノッている時なら、騒がしい環境でも大丈夫だ。空港でエッセイも書けるし、プログラムのデバッグだってできる。実際、空港はそれほど悪い環境じゃない。雑音といっても、そのほとんどは個々の音がはっきり識別できないようなものだから。それよりも、壁の向こうからテレビのホーム・コメディーの音が聞こえてきたり、通りを走る車の「ズーン!ズーン」という音楽が聞こえてくるようなら、仕事にならない。

もちろん、思考にも種類があり、新しいものごとを始めるのに思慮を巡らせているときには、完全な静けさが必要だ。いつひらめきがやってくるかわからない。だから耳栓を持って行くに越したことはない。

ノートとペンを持っていくのは、いわばプロの仕事道具だからだ。などと言ったものの、私にとって、これらはある意味、麻薬みたいなもので、これをもっていないと落ち着かないのだ。私はノートに何かを書き留めたところで、それを読むことなどほとんどない。じゃあなぜ書き留めるのかというと、書いておかないと、「忘れちゃいけない」と気になって、次の考えにうつれなくなるからだ。ペンと紙が、考えを紡ぐ手助けをしてくれるんだ。

※wickはぴったりの日本語がないですね。「吸い出して、とまらないように放出させ続けてくれる」という感じでしょうが。「紡ぐ」をちょっといじらせていただきました。

ノートはMiquelrius社のが最高だと思う。私はいちばん小さい約2.5×4インチの奴を使っている。こんなに小さなページに書くコツは、ラテン語の碑文のように、ページの一番端ぎりぎりまで改行しないことだ。ボールペンはいちばん安いプラスチックのBicで十分。インクの粘度が高く、書いたページの裏側までにじんでしまったりしないし、安いので、無くすのを気にしないで済む。

私がノートを持ち歩くようになったのは、つい3年程前からだ。それ以前にはそのへんの紙切れを使っていたが、紙切れには、バラバラで順番がないという欠点がある。ノートなら、なぐりがきでも前後のページを見れば意味を推測できる。紙切れ時代には、「覚えておかなきゃ」とせっかく書き留めたのに、その肝心の意味がさっぱり読みとれない数年前の紙切れが次々出てきたものだった。

本なら、その家にも何冊か置いてあるだろう。普段旅行するときは4冊持って行くが、実際に読むのは1冊だけだ。道中で新しい本を買うからだ。4冊も持っていくのは、新しい本が手に入らなかったときの保険だ。

私が本にハマっているのは、良いこととも言い切れない。本を必要としているのは、ある種の逃避だからだ。私が旅行に持って行くのは、たいていの場合、すごく高尚で、大学の授業で使われるような類の本だ。でも動機は高尚じゃない。私が本を持って行くのは、世の中が退屈になったときに、どこかの著者が甘く加工してくれた、別の世界に逃げこめるようにしておきたいからだ。本当は、少々酸っぱくても果物を食べてなきゃいけないのに、砂糖入りのジャムを食べてるようなもんだ。

※「気晴らし」より「逃避」のほうが文脈に合いそうです。

しかし難しい本に逃避って変わった人ですよねえ。

あえて本をもって行かないこともある。以前、険しい山脈での登山中に、こう考えた。退屈なときには、自分で考えることをしてみよう、本なんて余計な荷物が減るじゃないか、と。これは悪くなかった。他人の考えを読むかわりに、自分が考えることでも楽しめるのだと悟った。ジャムを食べるのをやめれば、果物をよりおいしく感じるようになるんだ。

だから私は、そのうち旅行にジャムを、もとい、本を持って行くのをやめようかとも思っている。でも耳栓のほうは死んでも渡さないけどね!

※ジャム=本は、フルーツ=現実より、甘く食べやすく加工されたもの、ということを踏まえて意訳してあります。

id:lionfan

moonan様、ありがとうございます!!

めっちゃ読みやすくなっています。大感謝です!!

すぐに差し替えます!!

2006/07/21 22:33:41

その他の回答(5件)

id:pedagogy No.1

pedagogy回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/07/20 23:07:29

ポイント50pt

英語はむしろ不得意ですが、

It's just that if I can't write things down, worrying about remembering one idea gets in the way of having the next.

書き留めることができないと、忘れちゃいけないんだって不安になって、次のアイディアにうつれなくなる。

[worrying about remembering one idea] gets in the way of [having the next].ですよね?

They're going to have to pry the plugs out of my cold, dead ears, however.

でもそうしたら、雑音を遮断していた耳栓も外さなくちゃいけなくなるんだろうなあ。

↑でも、おおよそいいと思います。

ただ、my cold, dead earsの部分に、強迫神経っぽい状況への皮肉を反映させて、こんな感じでどうでしょうか?超訳です。w

『でもそうしたら、もともと無くても大して聞こえちゃいないんだけど、耳栓も持っていくのをやめなきゃいかんだろうね。』

id:lionfan

pedagogy様、ありがとうございます。

修正いたしました!!

2006/07/21 00:02:03
id:nkaiho No.2

nkaiho回答回数4ベストアンサー獲得回数12006/07/21 00:15:18

ポイント50pt

>I realize it seems a bit eccentric to take earplugs on a trip to an island off the coast of Maine. If anywhere should be quiet, that should.

メインの海岸にわざわざ耳栓を持ってくなんて、ヘンに見えるかもしれない。だって、そもそもアメリカで静かなところがあるとしたら、あのへんくらいだからね。


※前提として、メインの海岸は、自然の多いド田舎なので、ということです。

直訳では「静かな場所があると仮定すれば、あそこが候補であるべきだ」くらいの意味です。


>Though actually there is something druglike about them, in the sense that their main purpose is to make me feel better.

あるだけで安心するってことで、麻薬に依存するのと似たようなものかもしれない。


※意訳になります。「いい気分になる」ですが、この場合は、安心、依存と取りました。ライナスの安全毛布みたいなやつです。


>They're going to have to pry the plugs out of my cold, dead ears, however.

dead earsというのは、文字通り死んでる耳、つまり、作者が死んだ状況を意味します。howeverも逆接です。

つまり、「(本は持ってかないかもしれないけど)僕の耳栓を奪おうとするなら死ぬまで抵抗するよ!」という意味です。

普通に意訳すれば「もっとも耳栓のほうは死んでも渡さないけどね!」くらいの感じだと思います。


あとword breakはいまいち自信がないのでチェック中です。

id:lionfan

nkaiho様、ありがとうございます!!

修正いたしました。

2006/07/21 00:27:01
id:Nigitama No.3

にぎたま回答回数311ベストアンサー獲得回数182006/07/21 00:40:28

ポイント80pt

自信ないので、参考程度にしてください。

ボリュームがあるので少しずつ進めていますが、

"あなたが何にハマってるかの簡単なテストをつくった。"

は私なら

"あなたが何にハマってるかを知るための簡単なテストをつくった。"

とするかもしれません。

"for figuring out"の感じを盛り込んだつもりです。

"so you can't assume it will have more than any house might."

この訳はどうなるのでしょうか?私は自信ありませんが、

"ただ単に「家」であるという以外に想像がつかない"

っていう捉え方はできそうですか?

結構自信ないですが。


"万一のために1瓶のウォッカを詰めているのなら"

は、私なら

"万一のために1瓶のウォッカを詰めている自分がいたなら"

"万一のために1瓶のウォッカを詰めている自分に気がついたなら"

とするかもしれません。

if you find yourself packing a bottle of vodka (just in case),

"find yourself"という感じを盛り込んだつもりです。

"それについて悩みたくないからだ。"

"you may want to stop and think about that."

これは、、、、

なにか引っかかるんですが、

「じゃああなたはどう訳す?」と聞かれると答えられません。

なんで「耳栓なし」なんて冒険をするんだ。

Why risk it?

この訳は良い気がします。

"仕事にノッている時は騒がしくても働ける。"

"プロジェクト"

でも悪くないかと思います。

"debug code" と普通に書いていることから、

この人は当たり前のようにそういう関係の職業なのでしょうか?

どういう前提があるのかはっきりわかりませんが、

"プロジェクト"の方が、「始まりがあって、盛り上がって、終わる」

というニュアンスが歩きがするので、漠然とした"仕事"にするより

「ノッている」が生きてくるのかなぁと感じました。

"壁越しのシチュエーション・コメディーの音とか"

"壁越しに聞こえるホーム・コメディーの音とか"

と、私ならすると思います。

「シチュエーション・コメディー」という言葉に

なじみがないので、私なら「ホームコメディー」にすると思います。

意味としては同じだと思います。

"路上車の強烈なビート音楽が聞こえるようなところで、私は仕事できない。"

の"路上車"がもうすこし自然な方がよいかと思いました。

私の場合、"in the street" は路上でずっととまっている車というより、

走っている車をイメージを受けました。なので、

"「ドーン!ドーン!ドーン!」という音を撒き散らして走る車"

"車から漏れてくる「ズーン!ズーン!ズーン!」音"

・・・・・

うーん。ごめんなさい、よくまとめられていないです・・・。

続きができたらまた投稿します。

id:lionfan

Nigitama様、ありがとうございます!!

僕のよりもずっと自然な訳だと思います。

修正いたしました。

2006/07/21 00:52:26
id:Nigitama No.4

にぎたま回答回数311ベストアンサー獲得回数182006/07/21 01:41:32

ポイント80pt

"The notebook and pen are professional equipment, as it were. Though actually there is something druglike about them, in the sense that their main purpose is to make me feel better."

の部分ですが、

日本語的に、論理的に並べると

ノートとペンを持っていくのはなぜ?

プロの仕事道具だから。でも、

ノートとペンはmake me feel betterなので

そういった意味では、feel betterになるために持っていく

そしてそのノートとペンは麻薬みたい(=make me feel betterだから)

という風に解釈できると思います。

原文にはありませんが、この「もっていく」という言葉は私であれば

補うかもしれません。

原文では"main purpose"も、「何の」main purposeか書いていませんよね。

また、"make me feel better"は、いろいろ考えたんですが、

"落ち着かせてくれる"という風に捉えました。

私は、"ノートとペンが私をいい気分にさせてくれる"だと、なにか不明瞭な印象を受けました。

"ノートとペンが私を落ち着かせてくれる"だと、理由が書いてなくてもなんとなく意味が分かる気がするのは私だけかもしれませんが。

(※落ち着かせるよりももっといい言葉もあるはずだと思います。)

そういうことで、一つの例として以下の訳し方もあるかと思います。

"ノートとペンを持っていくのはいわばプロの仕事道具だからだ。

でも、ノートとペンは実は麻薬と似たようなところがあって、私を落ち着かせてくれる。

そういった意味では、落ち着くためにもっていくのだ。"

↑自己ツッコミですが、"main purpose"のニュアンスは欠けてしまいました。

"ノートに書き留めた材料を"

は、"stuff"なのでどうにでも取れますが、

一般的な感じだと「こと」「内容」

脚本家とか、芸人が書いているものであれば「ネタ」

という表現も考えられると思います。

"The secret to writing on such narrow pages is to break words only when you run out of space, like a Latin inscription."

ですが、

break は改行のことだと思います。

小さいスペースにびっしり書くために、改行をしないで、ページの右端に来たときだけ改行をするという意味ではないでしょうか。

そういう意味では、格言が端に来たときだけ改行しているは不自然で、ラテン語の碑文とか、石版みたいなイメージであれば、"like"になるのではないでしょうか。

ということで、私が考えた訳例は以下です。

"小さなページに書くコツは、ページの一番端に来たときだけ改行することだ。ラテン語の碑文のようにね。"

"I use the cheapest plastic Bic ballpoints"

"ボールペンはいちばん安いプラスチックのビッグ・ボールペンで十分。"

の"Bic"ですが、これはフランスのボールペンを作っている会社ようです。おそらく。

http://www.rakuten.co.jp/artemis-zakka/646415/646420/

ここに"Bicの三色ボールペンというものが載っていました。"

また、

"十分"という表現は原文にありませんが、なんだか「いい感じ」は出ていると思います。

"their gluey ink doesn't seep through pages"

"ネバネバのインクがページに垂れたりしないし"

ですが、

"seep"という言葉は"しみ込む、漏れる"という意味で、

"seep through pages"なので、"書いたページ面の裏側にもうつってしまう(=漏れてしまう)"

という捉え方があるのではないでしょうか?

これまた自信はないです。

"I only started carrying a notebook about three years ago."

"私がノートを持ち歩くようになったのは、約3年前からだ。"

は"only"があるので

"私がノートを持ち歩くようになったのは、つい3年程前からだ。"

とか、"only"の意味が出るとよいと思います。

(それで日本語として綺麗に言葉を整える必要はあると思いますが)

"紙切れの問題は、順番通りになってないことだ。"

"But the problem with scraps of paper is that they're not ordered"

ここでは、原文にはありませんが"紙切れを使った場合は"という日本語の意味があると

もっと自然かと思います。

大幅に分の区切りを変えてしまってもよいかと思います。

例えば、(あくまで例えば!)

"以前にはそのへんの紙切れを使っていたが、紙切れは順番通りになってないという問題がある。紙切れ時代には数年前に「覚えておかなきゃ」と書き留めた紙切れの意味を思い出せないこともしょっちゅうだったがノートなら、下手な文章でも前後のページを見れば意味を推測できる。"

"以前にはそのへんの紙切れを使っていたが、紙切れ時代には「覚えておかなきゃ」と書き留めた数年前の紙切れの意味を思い出せないこともしょっちゅうだった。紙切れは順番どおりに並んでいないという問題があるのだ。ノートなら、下手な文章でも前後のページを見れば意味を推測できる。"

(あくまでたとえです。)

"紙切れ時代"というのはこ洒落てて好きです。

日本語として読んでいて「ぐだぐだする言葉の続き」になってしまいがちこの例文には問題があると思いますが。

あともう少しです。。。。。

(私自身、すごく勉強になっているので楽しいです。)

id:lionfan

Nigitama様、精密な回答ありがとうございます!!

修正いたしました。

2006/07/21 07:45:17
id:rowlock No.5

rowlock回答回数16ベストアンサー獲得回数12006/07/21 03:23:57

ポイント80pt

toiletriesは文脈上洗面用具とすると良いかも知れません。化粧品だと女性限定になっちゃうので。

For example, if you find yourself packing a bottle of vodka (just in case), you may want to stop and think about that.

you may want...で「~したほうがいい」という意味合いになるので(辞書見てください)、「もし(念のため)ウォッカの瓶を鞄に入れているのに気がついたら、ちょっと立ち止まってそのことを考えてみるといい」という感じでどうでしょう。

これをふまえた意訳と言うことでしたらすいません。

It's just as well to carry plugs.

英辞郎だと「好都合」みたいな訳し方が多いですが、文脈上「耳栓は持って行くに越したことはない」という感じに読めました。

On the average trip I bring four books and only read one of them,

averageはtripにかかるので、「普段旅行するときは本を4冊持って行くが、実際に読むのは1冊だけだ」というところで。

that what I need them for is distraction

気晴らしのために本が必要なんだ、というニュアンスが出ると良いと思いました。

I bring books because if the world gets boring I need to be able to slip into another distilled by some writer

ここのanotherの後ろにworldが省略されているので、(前のif the world gets boringと対比する形)「私が本を持って行くのは、世の中が退屈になったときに、どこかの作家が用意してくれた別の世界に逃げこめるようにしておきたいからだ」でどうでしょうか。

need to なので、本当は「でないと困る」としたいところですがうまい日本語が浮かびません。

distilledの訳は逃げましたorz

あとBicのボールペンは(使ったことがある方はわかると思いますが)本当に安物で、ボディは噛んだらそのままつぶれる柔さ、書いているうちにインクかすがペン先に固まって紙が汚れるような代物です。確かに裏写りはしませんが。

そんな粗悪なペンでもメモには十分ということで。

id:lionfan

rowlock様、ありがとうございます!!

ただいま修正いたしました。

2006/07/21 07:45:30
id:moonan No.6

moonan回答回数93ベストアンサー獲得回数62006/07/21 22:30:51ここでベストアンサー

ポイント100pt

全体を日本語として自然な流れになるように手直ししてみました。改悪でなければいいのですが。



あなたが何にハマってるかを簡単に知るためのテストをつくった。さて、あなたはメイン州沖合の小さな島にある、友達の家でこの週末を過ごすことになった。島に店などはなく、また、その間は島から出ることもできない。以前その家を訪れたこともないので、そこにふつうの家に備えてある以上のものがあるとは期待しないほうがいいだろう。

荷物として、衣服・洗面用具の他に、外せないものといえばなんだろう? それがあなたがハマってるものだ。もし「念のため」、などと言いつつウォッカのビンをカバンに入れているのに気がついたら、ちょっとその手を止めて、そのことについて考えてみたほうがいい。

※あんたアル中じゃない?ってことですよね。

私の「外せないもの」は本、耳栓、ノートとペンの4つだ。

音楽やお茶も持って行ってもいいのだが、まあ、なしでも生きていける。私は「週末の間、お茶を飲めないぐらいならその島に行くのをやめる」、なんて言うようなカフェイン中毒ではない。

※この人はそもそも中毒ではないと思われます。

でも、静かさは私にとって重要なポイントだ。メインの沖にわざわざ耳栓を持っていくなんて、そりゃヘンに聞こえるだろう。あそこが静かじゃない、なんて言う人はいないだろうしね。だけど、もし隣の部屋の奴がいびきをかいたら?ガキどもがバスケをしていたら? (ダン、ダン、ダン...ダン) 備えあれば憂いなし。耳栓なんてたかが小さいものだ。

※「冒険」のとこベタな定番表現にしてみました。

騒がしい中でも、集中できるときもある。その仕事にノッている時なら、騒がしい環境でも大丈夫だ。空港でエッセイも書けるし、プログラムのデバッグだってできる。実際、空港はそれほど悪い環境じゃない。雑音といっても、そのほとんどは個々の音がはっきり識別できないようなものだから。それよりも、壁の向こうからテレビのホーム・コメディーの音が聞こえてきたり、通りを走る車の「ズーン!ズーン」という音楽が聞こえてくるようなら、仕事にならない。

もちろん、思考にも種類があり、新しいものごとを始めるのに思慮を巡らせているときには、完全な静けさが必要だ。いつひらめきがやってくるかわからない。だから耳栓を持って行くに越したことはない。

ノートとペンを持っていくのは、いわばプロの仕事道具だからだ。などと言ったものの、私にとって、これらはある意味、麻薬みたいなもので、これをもっていないと落ち着かないのだ。私はノートに何かを書き留めたところで、それを読むことなどほとんどない。じゃあなぜ書き留めるのかというと、書いておかないと、「忘れちゃいけない」と気になって、次の考えにうつれなくなるからだ。ペンと紙が、考えを紡ぐ手助けをしてくれるんだ。

※wickはぴったりの日本語がないですね。「吸い出して、とまらないように放出させ続けてくれる」という感じでしょうが。「紡ぐ」をちょっといじらせていただきました。

ノートはMiquelrius社のが最高だと思う。私はいちばん小さい約2.5×4インチの奴を使っている。こんなに小さなページに書くコツは、ラテン語の碑文のように、ページの一番端ぎりぎりまで改行しないことだ。ボールペンはいちばん安いプラスチックのBicで十分。インクの粘度が高く、書いたページの裏側までにじんでしまったりしないし、安いので、無くすのを気にしないで済む。

私がノートを持ち歩くようになったのは、つい3年程前からだ。それ以前にはそのへんの紙切れを使っていたが、紙切れには、バラバラで順番がないという欠点がある。ノートなら、なぐりがきでも前後のページを見れば意味を推測できる。紙切れ時代には、「覚えておかなきゃ」とせっかく書き留めたのに、その肝心の意味がさっぱり読みとれない数年前の紙切れが次々出てきたものだった。

本なら、その家にも何冊か置いてあるだろう。普段旅行するときは4冊持って行くが、実際に読むのは1冊だけだ。道中で新しい本を買うからだ。4冊も持っていくのは、新しい本が手に入らなかったときの保険だ。

私が本にハマっているのは、良いこととも言い切れない。本を必要としているのは、ある種の逃避だからだ。私が旅行に持って行くのは、たいていの場合、すごく高尚で、大学の授業で使われるような類の本だ。でも動機は高尚じゃない。私が本を持って行くのは、世の中が退屈になったときに、どこかの著者が甘く加工してくれた、別の世界に逃げこめるようにしておきたいからだ。本当は、少々酸っぱくても果物を食べてなきゃいけないのに、砂糖入りのジャムを食べてるようなもんだ。

※「気晴らし」より「逃避」のほうが文脈に合いそうです。

しかし難しい本に逃避って変わった人ですよねえ。

あえて本をもって行かないこともある。以前、険しい山脈での登山中に、こう考えた。退屈なときには、自分で考えることをしてみよう、本なんて余計な荷物が減るじゃないか、と。これは悪くなかった。他人の考えを読むかわりに、自分が考えることでも楽しめるのだと悟った。ジャムを食べるのをやめれば、果物をよりおいしく感じるようになるんだ。

だから私は、そのうち旅行にジャムを、もとい、本を持って行くのをやめようかとも思っている。でも耳栓のほうは死んでも渡さないけどね!

※ジャム=本は、フルーツ=現実より、甘く食べやすく加工されたもの、ということを踏まえて意訳してあります。

id:lionfan

moonan様、ありがとうございます!!

めっちゃ読みやすくなっています。大感謝です!!

すぐに差し替えます!!

2006/07/21 22:33:41
  • id:moonan
    lionfanさま。私の訳ですが、最後から二番目の文章のところでミスがありました。ごめんなさい。”So maybe I'll try not bringing books on some future trip.” 『だから私は、そのうち旅行にジャムを、もとい、本を持って行くのをやめようかとも思っている。』のところです。だんだん目がしょぼしょぼしてきて、ある単語を本文中に何度か出てきた別の単語と見まちがえてしまったためです。その部分をレトリックだと取り、文脈に合うよう工夫して意訳したつもりでしたが、無駄な努力でした。「ジャムを、もとい、」が余計な部分です。なんだか理屈パズルみたいです。さて、ここで問題です。私の勘違いした単語はどれで、なんという単語と勘違いしたのでしょう(もうヤケ)。正解はだいたい10行ぐらい下









    正解はfuture(今後)をfruit(フルーツ)に読んでしまった、です。・・・ありえないorz
    か、解説。
    M雄の思考:「フルーツ旅」?面白い表現だ。本という甘いスイーツを持っていかずに、あえて酸っぱい現実の旅を味わう旅をしよう、ってことだな。でも「果物旅行」「フルーツ旅行」とかじゃわけわからん訳だよな。「酸っぱい現実の旅」もなんかなあ。フルーツって、甘いジャム=本がないってことだから、そっちから訳してみたらどうだろう。「本というジャムを持っていかず」でもなんか説明調すぎる!ここは著者がわざわざfruit tripなんておもしろい表現を作っているのだから、ちょっとおどけて、「ジャムを、もとい」なんかでいけるんじゃないか!

    あ、大しておもしろくないですかすみません。正解者にもポイントないです。でも私のこの思考には決定的に考え足らずのところがあります。さて、それはなんでしょう(もうええちゅうねん)。結局この著者は本を捨てて現実に直面するかのようなことを言っておいて、実は退屈からの逃避として本の世界のかわりに自分の思考に逃避するわけですから、現実に向かおうとしているどころか、ある意味ますます自分の世界に引きこもろうとしているわけですよね。本の中の他の人の思考すらとり入れなくなるわけですから。で、思考にひたるため、耳栓はますます手放せなくなると。『ジャムを食べるという逃避をやめれば、果物という現実世界をよりおいしく感じるようになるんだよ』とか一人でぶつぶつつぶやきながら、自分の指をおいしそうにしゃぶってる姿が浮かびました(笑)。いや面白い文章です。
  • id:lionfan
    moonan様、ありがとうございます!!
    こんな深夜に(こちらもですが)。すでに修正いたしました。ヤケになっているmoonan様がめちゃ笑えました。深夜のナチュラルハイです。

    機械翻訳を直すという荒技で翻訳していると、日本語もどことなくおかしくなります。moonan様の自然な日本語にほぼそっくり置き換えてしまったので、たいへん申し訳なく、そしてありがたく思っております。
  • id:moonan
    lionfanさんレス早!チャットみたいですね、僕が遅いので片道だけだけど。
    僕はlionfanの思考パズル的なのはいまいちなのですが、(面白そう!と取り組むんですが正解わからずモヤモヤしてしまう駄目具合)翻訳も個々のパーツをもとにその人の思考を読むまさに思考パズルだと思います。
    それではさすがに寝ます。指でも吸いながら。
    おやすみなさい。
  • id:lionfan
    moonan様、コメントありがとうございます。
    たしかに翻訳も、パズルみたいなところがありますね。上手い言葉がハマったときはすごくうれしいです。問題は僕が英文法をほとんど知らないということですが。
    それではお休みなさい。こちらもあと少しで寝ます。よい週末を。
  • id:moonan
    思い出しました!僕はlionfanさんのホームページ、何年か前にブックマークに入れてました!パソコンのクラッシュでリンク喪失してたんですが、一日一個ネタを紹介してくれるはずが大サービスで未来の分までになってましたよね、あれ面白いです。当時めっちゃウケました。いまググって再発見したのでまた見ます。しかし最後の日付、2007年10月07日って現在も更新してらっしゃるんですか。
  • id:lionfan
    うわ! ありがとうございます。

    HPは現在も更新しています。ただ今は働いているので、昔に比べて更新頻度が落ちたと思います。(週2回程度です)

    また昔は本やマンガを多く紹介していたのですが、最近はサイトやコピペなどが多くなってしまったので、ちょっと残念に思っています。
    ちゃんと就職が決まるまで、今以上の頻度で更新することも難しいのです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません