植物から抽出したキシランを酵素分解して得られたものは、「食品」になりますか?それとも「食品添加物」ですか?また、食品に添加した場合の表示はどのようになりますか?

御回答にはその根拠まで明確にお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/21 15:25:32
  • 終了:2006/07/26 21:09:20

ベストアンサー

id:kamalan No.4

kamalan回答回数15ベストアンサー獲得回数12006/07/22 00:34:09

ポイント55pt

キシランはセルロース、リグニンと共に植物の細胞壁構成成分で天然物です。

天然物の食物繊維はコンニャクイモのマンナン、野菜のセルロースなどと同じ扱いになり食品です。

食品構成成分であって食品添加物ではない、ということになると思います。

***

こちら、ちょっと面白いサイトだと思いました。

http://www.fiberacademia.jp/fiber/index.html

id:oh_bucchi

ありがとうございます。

http://www.ffcr.or.jp/zaidan/MHWinfo.nsf/a11c0985ea3cb14b492...

これは、既存添加物のリストです。食物繊維であるセルロースが既存添加物として記載されています。

食品である、食品添加物である、という線引きの基準がよく解りません。難しいですね。

2006/07/22 01:10:25

その他の回答(3件)

id:ootatmt No.1

ootatmt回答回数1307ベストアンサー獲得回数652006/07/21 15:38:11

ポイント1pt

キシロオリゴ糖ですね。

食品として売られています。

http://www.kenko.com/product/seibun/sei_752012.html

id:oh_bucchi

キシロオリゴ糖の定義としては、キシロースの重合度が2~10ないしは20です。オリゴ糖はいかなるものでも食品となるのは知っております。

それでは、キシラン分解物で、オリゴ糖よりも鎖長が長いものはどういった区分・表示になるのでしょうか。

2006/07/21 16:01:56
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/21 16:56:20

ポイント1pt

http://tansan.jp/no.26.html

キシランを酵素分解して得られるキシロビオースガ

ここでは添加物には分類されていないようですね

id:oh_bucchi

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syokuten/index.ht...

オリゴ糖は食品添加物ではありません。添加物リストに無いのは当然です。

2006/07/21 23:41:33
id:kamalan No.3

kamalan回答回数15ベストアンサー獲得回数12006/07/21 18:40:15

ポイント33pt

こんにちは

キシロオリゴ糖よりも糖鎖の長いものでしたら食物繊維に分類されるんじゃないかと思います。

植物からキシランを取り出すにはある程度分解しないと難しいので、

それをキシランと呼んでも差し支えないと考えます。

もちろん純粋にキシロースだけで構成されるキシランはないので

正確にはアラビノキシランとかグルクロノキシランとかになります。

表示するならば「食物繊維(キシラン)」でよろしいかと。

下記のURLは参考にならないかもしれませんが、

食物繊維としてキシランが入っているということであげてみました。

http://www2.health.ne.jp/library/0300/w0307002.html

id:oh_bucchi

ありがとうございます。

その場合、「食品」として扱われるのか、「食品添加物」として扱われるのか、どちらなのでしょうか。

2006/07/21 23:42:48
id:kamalan No.4

kamalan回答回数15ベストアンサー獲得回数12006/07/22 00:34:09ここでベストアンサー

ポイント55pt

キシランはセルロース、リグニンと共に植物の細胞壁構成成分で天然物です。

天然物の食物繊維はコンニャクイモのマンナン、野菜のセルロースなどと同じ扱いになり食品です。

食品構成成分であって食品添加物ではない、ということになると思います。

***

こちら、ちょっと面白いサイトだと思いました。

http://www.fiberacademia.jp/fiber/index.html

id:oh_bucchi

ありがとうございます。

http://www.ffcr.or.jp/zaidan/MHWinfo.nsf/a11c0985ea3cb14b492...

これは、既存添加物のリストです。食物繊維であるセルロースが既存添加物として記載されています。

食品である、食品添加物である、という線引きの基準がよく解りません。難しいですね。

2006/07/22 01:10:25
  • id:ootatmt
    で、キシランとキシロオリゴ糖の間の物質ってなんだったんですか?
  • id:kamalan
    ootatmtさんへ

    キシランは少々加水分解を受けてもキシランだと思います。
    キシランはキシロースを主成分とする多糖類ですもの。
    というよりも分解を受けていないキシランを取り出したことがないし、見たこともないのです。取り出す方法もわかりません。
    取り出したキシランは必ずある程度分解されています。
    低分子キシランとでも呼ぶといいのかもしれませんが、個人の判断でいいのかもしれません。
    オリゴ糖(少糖類)のレベル(10糖程度以下)まで小さくなったらキシロオリゴ糖と呼ばれるんじゃないかと思います。

    oo_bucchiさんへ

    中途半端な回答ですみませんでした。
    以前はセルロースなど食品として考えていたように記憶していたので、そのように回答したのですが、規制が厳しくなったのでしょうか。
    それともわたしが勘違いをしていただけなのでしょうか。
    ご指摘の通り既存添加物としてほぼ食品並みの扱いですね。

    こんなところまで来て長々と書いてしまいごめんなさい。
  • id:oh_bucchi
    既存添加物リストに載っているセルロースは、食品添加物の定義に沿った「食品加工の目的」で使用されています。なので、食品添加物なんですね。ある植物から繊維を含む組成物を抽出したとしても、それをあくまで「食べること」を目的として使用するなら「食品」だと思います。
    食品添加物の定義は下記です。
    http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/shokuten/shokuten1.html
    私の質問にあるものを、食品加工や保存の目的で使用する場合は添加物、あくまで食べるために使用するなら「食品」ということかもしれません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません